戦後70年平和祈念映画     「望郷の鐘」上映

知人友人の皆さんへ
        杉浦公昭

 

杉浦 公昭さんの写真


    日時:2015年4月15日午後2時より
場所:川越市民会館やまぶき会館にて上映。
料金:前売券1200円、当日券1500円…

 アクセス:JR川越線・東武東上線 川越駅東口降車(1・2・4・5番乗り場 一番街下車徒歩5分/7番乗り場 大手町下車徒歩3分)
主催:(株)現代ぷろだくしょん
連絡先:TEL:03-5332-3991、FAX:03-5332-3992
—————————————–
「残留孤児の父」と言われた山本慈昭。
民間人でありながら、
生涯を残留孤児たちの肉親探し捧げ
献身的な愛でささえた。
その山本慈昭をモデルにした、感動の劇映画。

子どもたちは生きているはずだ。
満州に残した子どもたちを
早く日本へ迎えなくては・・・

映像は映画《望郷の鐘》、中国残留孤児の帰国に尽力した山本慈昭。
少年「国や関東軍は、俺たちを騙した。」
山本「騙される者がいて、騙し・騙される関係は成立する。

             騙されない人間になるために・・・」
————————————————
「平和こそ我が命」より
Posted by kyutono9 │Comments( 0 ) │ 政治問題 │ 集団的自衛権問題
映画「望郷の鐘」を観て、日本人棄民を学ぼう!
杉浦公昭
安倍首相は、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を説明する際、過去に

無かったし、将来も米側が断っていることを承知の上で、日本人救出劇を空想

して作らせたイラスト(邦人輸送中の米艦輸送艦の護衛)で国民を騙し続けています。

杉浦 公昭さんの写真

 共産党の志位和夫委員長は首相会見の2時間後にツイッターに「首相が会見で、

集団的自衛権行使容認のため、またも『邦人輸送の米艦護衛』の例を持ち出したのは、

率直にいって呆れた。過去の日米交渉で米側はこの場合の日本人救出を断っており、

『自国の責任』となっていたではないか。こんな例しか持ち出せないとは、自分の空理

空論ぶりを、自分で証明するものだ」と書き込んだと言われます。


私に言わせれば、軍隊は、戦闘が開始されれば自分の命を守ることを最優先とし、

当時、強いと言われたあの関東軍でさえ、ソ連参戦時に自国民を棄民して満州から撤退

したし、沖縄戦では日本軍は鍾乳洞(ガマ)を独占し、住民を鉄の暴風の中に追い出しました。
その満州の日本人棄民を学ぶ上で絶好の映画が出来4月15日午後2時から川越市民会館

(やまぶき会館)で上映されます。多数ご参加下さい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close