駐日海外メディアたちのメッセージ

「もしかすると、海外からは、日本はすでに極右・全体主義政権下にあると見られているかもしれない」という私の問題意識とリンクするところがありましたので、ある方から受信したメールを転載します。
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp
*************************************
昨夜、文章全文を訳してくださったブログを発見しました。
皆様にもご覧いただきたくアドレスをお知らせします。ぜひご一読ください。
「ある海外特派員の告白 5年間東京にいた記者からドイツの読者へ」
Carsten Germis
ドイツの日刊紙Frankfurter Allgemeine Zeitungの特派員として東京で5年以上を過ごした
(内田樹の研究室ブログ2015・4・10より)
関連して,駐日海外メディアからの指摘、危惧、発言続く。
・ニューヨークタイムズ東京支局長指摘 {大新聞は国民を見下している」
(日刊ゲンダイ 直撃インタビュー 2015・3・16)
・同マーティン・ファクラー氏。藤田幸久政経フォーラムで講演 2015・4・2
「日本の政治環境に大きな変化。20年のジャーナリスト歴で初めての現象・・」
(藤田幸久参議院議員HPより。)
”駐日北欧大使館関係者、沖縄現地(名護市長)で、聞き取り”
(2015年4月11日琉球新報)
(以下略)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close