噴火、地震…国民の危機でも安倍首相は三日にあげず豪華メシ

 安保法案の審議入りから1週間余り。国会で安倍首相は「国民の安全のため」と息巻いているが、どこまで本気か怪しいものだ。公務を終えると、夜な夜な豪華ディナーに繰り出し、舌鼓を打っている。この間、口永良部島が噴火、小笠原沖でM8強の大地震が発生、年金情報は大量流出と「国民の安全」を揺るがす事態が次々と発生してもお構いなし。三日にあげず豪華メシとは、全くいい気なものである。

審議入りした夜(5月26日)、安倍首相は東京・代官山の高級イタリア料理店「リストランテASO」で、ANAの経営トップたちと会食。1人当たり最低2万円のディナーを楽しむと、翌日から怒涛の豪華めしラッシュが始まった(別表)。

28日は午後6時40分に銀座の高級料亭「松山」に顔を出し、本格日本料理を堪能すると、その足で午後7時27分には同じく銀座の「世界一客単価が高い」(グルメ評論家・友里征耶氏)と称されるステーキ店「かわむら」をハシゴ。1人当たり最低5万円という高級肉を頬張るとは恐るべき胃袋というか、あきれた金銭感覚というか、とにかくメチャクチャだ。

「1週間足らずで新党改革の荒井広幸代表と2度も会食するのも、異常です。政財界の大物と食事をしながら、今後の政権運営について助言を聞くならまだしも、参院に1議席しかないミニ政党の党首とメシを重ねても、政治的には無価値。荒井代表は首相と同じ93年の初当選組で、若手の頃は同じ派閥に所属し、行動を共にした親友です。首相は審議中にヤジを飛ばすなど、よっぽどストレスをためこんでいる様子だし、気を許した相手にグチを聞いてもらいたいのかもしれません」(自民党関係者)

メディア関係者との会食も目立つ。安保法案の本格的な審議が始まった27日に日テレや日経の幹部と食事を共にするのは、政治的意図がありあり。ロコツな取り込みで、米国に夏までの成立を約束した手前、「お手柔らかに」ってところだろう。

31日は被災地の福島を日帰りで見回った後は「虎ノ門ヒルズ」の51階にある高級レストランに直行。眼下の夜景を眺めながら、旬の食材を使った欧州地方料理をモグモグ。被災地視察は完全なポーズで、復興を待ち望む人々の暮らしなど、これっぽちも思っていない証拠だろう。

こんなデタラメ男に「国民の安全」を任せてはいけない。

_____________
コメント:血税飯・基地・原発・TPP・戦争・バラマキ・1%利益で99%犠牲の我利我利亡者・放蕩三昧・・・

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close