朝日放送おはようコール 二木啓考がVW不正と習首席訪米を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はジャーナリストの二木啓考さんのお話でした。

今朝の朝刊は、朝日が維新市長選候補、読売は介護離職、毎日はフォルクスワーゲン会長辞任、産経はサンフランシスコ慰安婦像、日経はNISAです。

 

ドイツのフォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制を逃れるプログラムを1100万台にして大問題で、20092015年に生産されたもので、エンジンを制御するコンピューターのソフトが、検査中のみ動き排気ガスを制御して、運転中は作動しないもので、VWは世界一の座でありトヨタを抜き、クリーンディーゼルを売り物にして、二木さん、悪質と言われて、VWはアメリカでシェアが伸びない中、アメリカで排ガスの問題が発覚し、今年トヨタを抜くもので、2014年に抜いて、現会長は2007年に就任して世界一になるとして、いろいろな企業を傘下に収めて、ディーゼルを武器に伸び、しかしトヨタの利益はVWより良く、経費節減のためにこれをやり、アメリカでどう儲けるかがVWの課題でこうなり、CEOも辞任で、アメリカの規制は厳しく、ヨーロッパの半分はディーゼル、アメリカは1割、日本も少なく、日本の規制は厳しく、日本にはガソリン車しか入れず、制裁金+アメリカでの集団訴訟+アメリカの公聴会に呼ばれ、これを機にヨーロッパでは自動車会社の株価が下がったと言われました。

 

習近平主席が訪米し、まずシアトルに行き、晩餐会で経済について語り、覇権を否定、経済人も400人来て、ボーイング機を300機も買うことになりました。

米中関係、2年前の首脳会談で、衝突の危険と言われたのが、中国は新興国ではなく大国になり、シアトルは大企業がたくさんあるところです。この後ニューヨークを訪問です。

これについて、二木さん、中国はアメリカと対等になり、習首席はG8などではなく、G2、アメリカと中国になり、国力も増し、爆買いして、中国はアメリカの資産を買い、アメリカにも中国資本が入り、しかし中国に対して、世界の途上国は、日本みたいになりたいと思うが、中国にはなりたくなく、しかし中国の力を拒否できない状態だと言われました。

 

北朝鮮拉致被害者の再調査は、過去(2002年)と全く進展はなく、昨年夏にあれだけ盛り上がったのに、1年過ぎても報告引き延ばしで、被害者家族も政府のやる気を疑い、小泉訪朝から13年でこの始末です。総理側近は調べなおせというのです。北朝鮮は遺骨返還と賠償金を求めています(昨日の朝日記事)。

これについて二木さん、全く進展せず、小泉訪朝から進まず、水面下では進めていたのに、何もなしで、一発回答で出せと日本はいい、安倍氏は取りかえすと言ったので引けず、日本は拉致被害者、特定失踪者、日本人妻を求めて、しかし北朝鮮がどうなのかは不明と言われました。

_________________

コメント:中米(韓)関係は経済・社会・政治・文化共にこれからますます緊密になるだろう。安倍は米国追随で米を引き付け、中韓を(戦争法・秘密法・軍産化・支配権の為)仮想敵国にしたいが、経済・社会・文化はそうはいかない。日本社会・国際関係の為に「分割し統治せよ」に乗らず平和・友好・協力を維持することが大切。

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close