朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が自民結党60年と地方創生の失敗を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さんのお話でした。

自民結党60年大会に、ラグビーの五郎丸選手がサプライズゲストで来たと言うのです。そして、今朝の朝刊一面は、朝日がロシアのトルコ制裁、読売はアスピリン臨床試験、毎日はハンセン病集団提訴、産経は中国の海洋問題です。

その、自民党還暦、誕生から60年であり、政治のルーティンを考えるという意味です。安倍氏や地方関係者に、1億総活躍を言ったのに、憲法改悪については言及せずです。安倍氏は憲法改悪に粘り強くと言うものの、党内には戦争準備法案の反対から慎重意見もあったためです。安倍氏は1億総活躍、TPPについて語り、憲法改悪は占領時代を改めるというのです。

これについて伊藤さん、安倍政権は広報戦略に長けて、五郎丸選手はラグビーの政治利用であり、憲法改悪は党大会の前の日に大きく言っており、安倍氏の本音は憲法改悪で、大会で控えたというのです。

また、朝日の世論調査で、憲法改悪反対が上回り、しかし次の総理は答えないが52%、伊藤さん、憲法改悪は中央と地方で意識が違い、今の自民は人材不足で、派閥のボス同士の話し合いがなく、見通しなしで、総裁選では一番人気のものが選ばれたのに、前回の総裁選ではそうではなかった(つまり、安倍氏の他に人材なし)と言われました。

そして、伊藤さんの評価される自民名総裁は、3位が池田勇人氏、高度経済成長を作ったもので、岸政権が安保のみに対して国民に希望を持たせた、2位は中曽根氏、6年近くやり、問題もあったが、NTT、JRの民営化、行政改革をやったと言われて、1位は田中角栄氏で、人たらしの天才、人心掌握術に長けて、日本国民に夢を持たせ、列島改造論にも問題はあったが、日本のビジョンを描いたと言われて、そしてこの20年の総裁への評価は低いということでした。

 

大阪・御堂筋をF1カーが疾走し、橋下氏と松井氏が並ぶのは、これが最後かと言われています。パレードに二人参加したためであり、しかし御堂筋イルミネーションの費用は見通しが立っていません。維新政治塾の講師に橋下氏をというのです。

これについて伊藤さん、4km全部走るべきで、橋下氏は政治の世界から引くのか、徒構想の反対での言葉はどうなるのか+橋下氏が辞めるので、この8年間、財政、行政の検証が必要だと言われました。

 

プレミアム付き商品券、滋賀の甲良町の町長が販売制限を超えて入手していた件、全国各地で押すな押すなの人気のもので、原資はもちろん税金で、甲良町では12冊までなのに、北川町長が大量購入(15冊)して、協議会の議長も大量購入です。各地でトラブル、宝塚では市外の人にも販売、熊本では代理購入で620冊!購入の事例もあります。

これについて伊藤さん、地方政治のレベルの低さを見るもので、安倍政権の地方創生の目玉で2500億の、目玉中の目玉、プレミアム商品券はばらまきで1回限り、効果はなく、こういう政策ではなく他にやるべきものがあったと言われました。

(このプレミアム商品券、神戸だとチケット屋への転売や、ネットオークション出品も問題になりました)

 

東大阪で、商店街を自動車が暴走、高齢者の車のペダル踏み間違いであり、年間6400件、伊藤さん、68歳で高齢者と言われたら困るとも言われましたが、高速の逆走も多く、今の免許制度は75歳の返納があるものの、それ以下のチェックはなく、一定年齢以上のチェックはいるが、高齢者から免許を取り上げたらかえってボケることもあり、何らかの対策はいると言われました。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close