12月23日千葉での野党選挙共同の取り組み と 熊本のとりくみ  

みなさま

重複失礼します。
12.23 千葉県での取り組みではありますが、参院選に向けた市民と野党の選挙共同の相談会のメールを、転送させていただきます。
万障繰り合わせ、調整の上、千葉県の方はよろしければ、ご参加ください。

ご参考までに、熊本県の平和を編む会が言い出しっぺの、
野党統一候補を県内の野党各党、労働組合に提出しました要望書を送らせていただきます。

要点は、合同会議の早急な開催と、選挙協力の枠組みとしての3項目です。

「以下の3点を共通の目的として、選挙協力を検討する合同会議を早急に開催し、次期参院選において、野党各党で統一候補を擁立してくださることをここにお願いいたします。

  ・集団的自衛権行使容認の「閣議決定の撤回」
  ・先の国会で採決された「11の安全保障関連法の廃止」
  ・日本の政治に「立憲主義と民主主義をとりもどす」

本日の朝日新聞にも掲載されたとのことで文末に紹介させていただきます。

また、衆議院においては、衆院選挙制度に関する調査会が開かれておりますが、
今後、世界の主流である比例代表制選挙制度を中心とした選挙制度改革ができればと思います。
17パーセントの得票で国会の3分の2を占める議席をしめる与党が強行採決をする現状では、
日本国民は、正当に選挙された国会議員を通じて行動できないと思います。

各県での取り組みをご紹介ください。
今後とも、手を取り合って情報交換のほど、よろしくお願いします。

 豊田 義信

ーーーーーーーーーーー
来夏の参院選に向け、無所属の野党統一候補の第1号となりそうなのが熊本選挙区(改選数1)だ。
民主、社民両党と連合の地元組織が新顔の阿部広美弁護士(49)を立てる方針を固めた。
維新の党とも協力し合う方針で一致。共産党も阿部氏が立候補を表明すれば、擁立を決めていた公認候補を取り下げる。
「野党共闘」の枠組みがいち早く決まりそうだ。

後押しするのは安保法廃止を求めて県内の48団体が立ち上げた市民団体「戦争させない・9条壊すな!くまもとネット」。
野党各党に連携を求め、メンバーらは「勝手連」として選挙対策本部も立ち上げる予定だ。

同ネットに加わる市民団体が11日に熊本市で開いた勉強会には、各党の地元幹部が参加した。
民主党県連代表の鎌田聡県議は「党の看板にこだわらず、結集できる候補を立てていきたい」と表明。
同席した共産党県委員会の松岡勝書記長も「話し合いを誠心誠意尽くし、それが実れば今の候補を取り下げたい」と述べた。
熊本は「衆参議員が不在で、強気なことを言えない」(民主党本部関係者)事情もあった。

中央政界では民主が「共産と組んでは保守や中間層が逃げる」と主張し、
連携はスムーズに進んでいないが、共産幹部は「地方から野党共闘を進め、中央へと続けたい」と話す。

ーーーーーーーーーーー

3 Attachments

Preview attachment 戦争法廃止に向けて2016年参院選勝利を!.pdf

戦争法廃止に向けて2016年参院選勝利を!.pdf

Preview attachment 参院選に向けた第一回相談会の案内.pdf

参院選に向けた第一回相談会の案内.pdf

Preview attachment 20151124統一候補要望書(1).docx

20151124統一候補要望書(1).docx

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close