映画「母と暮らせば」の荒筋を聞いて、戦争を反対しよう!


知人友人の皆さんへ
                      杉浦公昭
平和こそ我が命

映画「母と暮らせば」の荒筋を聞いて、戦争を反対しよう!

                                                                             杉浦公昭
 明けまして、おめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年は、安陪自公政権は、暴力を使って「戦争法」を強行「可決?」させました。

 そこで今年は、浜村淳さんが語る【母と暮せば】の荒筋のYou Tube

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=XEWOgHJ8DbM

をご紹介して、年賀状とさせて頂きます。時間のある限り聞いて下さい。

また、宜しかったら映画も観て下さい。

そして、今夏の参院選は、野党共闘で安陪自公政権を少数派に追い込みましょう。

 https://www.youtube.com/embed/XEWOgHJ8DbM“>以下はhttps://www.youtube.com/embed/XEWOgHJ8DbM“>「母と暮らせば」の簡単なご紹介です。

この写真は、山田洋次監督と吉中小百合さんらの俳優さんたちです。

194889日、長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二が

ひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこれなかったんだよ」。

 その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。

 ふたりはたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。

 「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。ふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。

 その幸せは永遠に続くようにみえた―。

監督

  山田洋次

出演

  吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一

[母と暮せば  上映時間:130 ]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close