年明けから4日続落…市場で囁かれる不気味なジンクス

2016年1月7日

ジンクス通りなら1万1000円まで下がる(C)日刊ゲンダイ
ジンクス通りなら1万1000円まで下がる(C)日刊ゲンダイ

 7日の東京株式市場は、前日の米株式市場でダウ平均が250ドル以上も大幅反落したことなどを受け平均株価が大幅続落、約3カ月ぶりに心理的節目の1万8000円を割り込んだ。

北朝鮮の核実験で地政学的リスクが強まっており、上海株式市場も急落、またもサーキットブレーカーが発動する事態となり、売りに拍車をかけた。大引けは前日比423円98銭安の1万7767円34銭。

582円安で始まった4日の大発会から4日続落となり、市場はもう真っ青だ。それでなくても、市場には不気味なジンクスがある。

大発会に株価が急落した年は、年間を通して株価が下がることが多く、2008年の大発会も616円安と大幅下落でスタート。その後も軟調な相場が続き、秋口のリーマン・ショックで大暴落した。

バブルがはじけた90年も大発会は202円安、翌日も438円安と続落し、そのまま上がらず、バブル崩壊。

 ちなみに、08年の年間騰落率は39.7%、90年も38.4%と4割近く下落。大発会に301円安となった98年も7.5%下がっている。この“ジンクス”に従えば、今年の株価は最悪で1万1000円台まで暴落する計算だ。

「GPIFは現在、国内株式で30兆円近く運用している。国民の年金資金が10兆円以上吹き飛ぶわけです」(大手証券会社関係者)

大発会に株価が大きく動いた年は騰落率の振れ幅が大きくなる傾向もある。92年は817円高だったが、年間では28.9%、02年も328円高が21.1%下落となった。

個人投資家も覚悟を決めて投資した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事

  • 「大筋合意」のはずが対立激化 日韓慰安婦問題は破談必至

    「大筋合意」のはずが対立激化 日韓慰安婦問題は破談必至

  • 中国政府が規制検討 「爆買い」消滅で小売業界を待つ運命

    中国政府が規制検討 「爆買い」消滅で小売業界を待つ運命

  • 今や4月交代が主流 2016年注目「トップ人事」の行方

    今や4月交代が主流 2016年注目「トップ人事」の行方

  • 拉致特別委に1時間以上遅刻…猪口議員のトボケた言い訳

    拉致特別委に1時間以上遅刻…猪口議員のトボケた言い訳

  • 千葉柏市転落死事件 主犯格容疑者と溺死少年の“異常生活”

    千葉柏市転落死事件 主犯格容疑者と溺死少年の“異常生活”

  • 的中率50% 2016年「バイロン仰天10大予想」は当たるのか

    的中率50% 2016年「バイロン仰天10大予想」は当たるのか

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close