ヒトはどこからきて、どこへ行くのか

危機に立つ人間環境(4)
ヒトはどこからきて、どこへ行くのか
・・・
ザイールに生息するボノボというサルは、
チンパンジーととてもよく似たサルですが、
争いがおこりかけると「仲直りの儀式」を行なって、
決して激しい闘争に発展させない知恵を身につけています。
食糧も、必ず分け合って食べていることが観察されています。
たとえば、ボノボたちの好物であるサトウキビを
群れの出没する場所に置くと、森から出てきたボノボの内、
まずメスと子ザルが先にサトウキビを集めて食べ始めます。
この間、オスたちは周囲でじっと待っているのです。
・・・
ボノボたちが自分の欲望をおさえて、より弱い者たちにゆずる、
という行為は驚くべきものです。
年老いたサルにも、餌を分け与えて食べますので「福祉型社会」
のサルの群れと言うこともできるでしょう。
・・・

「乳幼児の教育」2000年冬季号 田坂興亜 著 より抜粋

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Categories 共生・共死

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close