お腹をすかせた子供たちは、木の葉や猫、虫などを口にし、飢えをしのいでいます

皆さま

シリア政府軍に包囲された、首都ダマスカス郊外の町マダヤ。お腹をすかせた子供たちは、木の葉や猫、虫などを口にし、飢えをしのいでいます。アサド政権により、現在シリアでは4万人以上もの人々が餓死寸前に追いやられている状態です。やせ細る我が子が息絶えるのを、なすすべもなく見ていることしかできない親の心の痛みは、想像を絶します。ですが今、そんな状況を変える方法があります。

昨年9月、マダヤを含む複数の都市に対する包囲を解除するため、一時停戦が合意されましたが、住民たちは今なお取り残されたまま、食料や医薬品を手にすることができない状態です。トルコとイランなら、同盟関係にあるシリア国内の勢力と連携して包囲を解除することができますが、両国が主体的にそのような措置を講じるとは考えられません。そこで、国連が仲介に立って、包囲解除を目指してすべての紛争当事者との連携を進めるよう、私たち100万人で声をひとつに力強く、国連の藩基文(パン・ギムン)事務総長に訴えましょう。今ならばまだ、マダヤに取り残された多数の家族を、餓死から救うことができるはずです。

藩基文(パン・ギムン)事務総長は、きっと包囲解除を実現できるはずです。包囲が解かれれば、次の和平交渉にも前向きな効果を生むことが期待できます。また、任期終了間近の藩事務総長にとっても、任期中に包囲解除を実現できたとなれば、業績に花を添えられます。私たち一人ひとりが訴え、大きな圧力となれば、藩事務総長を動かし、今マダヤの人々が切望する包囲解除を実現できるはずです。

緊急キャンペーンに、ご署名をお願い致します。包囲が解除されるまで、Avaazはマダヤの町の様子や写真を、メディア、国連、主要国の外務大臣に伝え続けます。

https://secure.avaaz.org/jp/madaya_starvation_siege_loc/?tQFbdbb

高まり続けるメディアからのプレッシャーを受け、シリア政府は、マダヤへの援助物資の搬入を認めることを、ついに表明しました。ですが、その後はどうなるのでしょうか?援助物資は昨年の10月にも届けられましたが、その一部が賞味期限切れで食中毒を引き起こした上、到着後すぐに底をついてしまいました。本当の意味でマダヤの人々を助けるためには、包囲の全面解除が必要です。

今月に入り、すでに31名が飢餓で命を落としています。脱出を試みれば、町を取り囲むようにして埋められた地雷で、命を落とす危険があります。1週間前の日曜日には、妊娠中の女性が娘を連れて町から逃れようとした際に、誤って地雷を爆発させてしまいました。死に至ることはありませんでしたが、爆発によって軍に見つかってしまいました。マダヤの住民たちは、町から逃げることができません。絶望的状況にある彼らを救うことのできる唯一の方法は、包囲解除だけなのです。

シリアのアサド政権は、歯向かう者すべてを脅し罰するという、非道な戦略を展開してきました。2011年に広がった政権に対する抗議運動に、積極的に参加したのがマダヤの人々でした。彼らは、その時に勇気を持って抗議の声を上げたことが災いして、今その報復を受けているのです。シリア国内の町の包囲には、紛争当事者の多くが関わっていますが、中でも政府軍による包囲が圧倒的多数です。政府支持派には定期的に空輸で食料が届けられる一方、マダヤへの援助物資の搬入は一切認められず、住人たちは日に日に衰弱しています。包囲解除を求める私たちの訴えは、政府軍または反政府勢力の支配地域に暮らす市民いずれにとっても、救いの手となるはずです。

たとえマダヤの住民を救えても、それによってシリア紛争が終結するわけではありません。ですが、包囲解除に必要な材料はすべてそろっているのです。生きるチャンスを与えられるべき、罪のない何千ものシリアの人々を救うため、皆で働きかけましょう。私たちは、彼らを見殺しにしてはなりません。

国連は、まさにこのような時のためにこそ、設立されたのです。力を合わせ、マダヤの悪夢を終わらせましょう。すべての紛争当事者が、市民に「移動の自由」、「食料」、「その他物資」を約束するまで、私たちは決してあきらめないと、藩基文(パン・ギムン)国連事務総長に伝えるのです。緊急キャンペーンにご署名の上、大きな圧力となるよう、キャンペーン拡散にもご協力をお願い致します。

https://secure.avaaz.org/jp/madaya_starvation_siege_loc/?tQFbdbb

出口の見えない紛争が続く中、Avaazコミュニティは繰り返し力を合わせ、シリアの人々を支援してきました。私たちは、紛争開始直後からアクションを起こしてきましたし、これからも決してあきらめません。マダヤに暮らす家族は、ただ生き延びるためだけに、これまでにないほど国際社会の助けを必要としています。今再び、彼らを助けるための力に、私たちがなりましょう。

希望を込めて

リワン、メーズ、ウィッサム、モハンマド、アリス、エマ、リッケン、そしてAvaazチーム

関連情報

内戦のシリア 飢餓で死者相次ぎ支援求める声(NHK/日本語)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160107/k10010363621000.html

「極限的にひっ迫した」危機に見舞われるシリア人 生存のために犬・猫・草食べる(クリスチャン・トゥデイ/日本語)
http://www.christiantoday.co.jp/articles/18507/20160109/syrians-trapped-in-extremely-dire-crisis.htm

シリアで異例の停戦、数百人が隣国に避難(AFP/日本語)
http://www.afpbb.com/articles/-/3071679

包囲されたシリアの町に援助物資搬入へ 住民餓死と(BBC/日本語)
http://www.bbc.com/japanese/35259503U.N. causes food-poisoning with deliveries of old, ‘moldy’ biscuits to Syria (Reuters)

シリアで食中毒 国連配布の賞味期限切れ高カロリービスケットに「カビ」(ロイター/英語)
http://www.reuters.com/article/us-mideast-crisis-syria-aid-idUSKCN0SO24L20151030




Avaaz.org は、世界各国4100万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。
メールアドレス、表示言語、その他個人情報の設定を変更するには、こちらからご連絡ください。 メール配信の停止をご希望の場合はこちらをクリックしてください。Avaazにご連絡いただく場合は、このメールに直接返信されるのではなく 、こちら www.avaaz.org/jp/contact からご連絡いただくか、お電話 (+1) 888-922-8229 (米国)にてご連絡ください。

Categories シリア

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close