指数つるべ落とし 「実質賃金」3年間でこれだけ悪化した

2016年1月10日

暖冬でも懐は寒い(C)日刊ゲンダイ
暖冬でも懐は寒い(C)日刊ゲンダイ

 実質賃金が5カ月ぶりにマイナスへ逆戻りした。8日厚労省が公表した毎月勤労統計調査(速報)によると、物価の影響を差し引いたあとの実質賃金が、11月は前年同月比0.4%減だった。

「昨年7月以降、プラス圏で推移していたこと自体が不思議です。この間も、肉や野菜など生鮮品の値上がりは凄まじく、実質賃金がアップした印象はなかった」(市場関係者)

実際、生鮮品の値上がり率を調べてみると、7月7.3%、8月7.6%、9月3.6%、10月9.6%だった(総務省の消費者物価指数から)。

これほど生鮮品が急騰したのに、サラリーマンの月給は気持ち程度の増加に過ぎなかった。7月0.7%増、8月0.4%増、9月0.4%増、10月0.7%増で、どの月も1%にすら届いていない(毎月勤労統計調査から)。金額にすると1000円程度の上昇だ。

「どう考えても出費増になった家庭が多いように思う」(スーパー関係者)

安倍首相や日銀の黒田総裁は、大手企業に対し執拗に「賃上げ」を要請しているが、効果はまるで上がっていない。

毎月勤労統計で公表される実質賃金指数の推移を見ると、それがよく分かる。この数値は2000年(年平均)を「100」として算出している。8日発表の15年11月は82.9だった。

「ボーナス月にあたる6月と12月に指数がハネ上がるので、他の月はかなり低めの数値が出ます。それにしても、ここ数年は低迷ぶりが目立ちます」(大手シンクタンクの関係者)

アベノミクスのスタートは12年暮れ。実質賃金指数(年平均)は、12年99.2、13年98.3、14年95.5と確実に下がっているのだ(別表参照)。15年は12月分が判明していないため、上期(1~6月)で比較したところ、89.2だった。12年上期の93.8から毎年下がり続けていた。

「実質賃金指数を見る限り、賃上げ効果はゼロです」(前出の関係者)

政府・日銀の「賃上げ要請」など何の役にも立っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • 川谷の話題で瞳孔に変化 謝罪会見でみえた“ベッキーの本音”

    仕草で分かる本音と建前 川谷の話題で瞳孔に変化 謝罪会見でみえた“ベッキーの本音”

  • 女性はムカッ 「高級ブラ」を褒めない男性が嫌われるワケ

    成功のヒミツ失敗しないコツ 女性はムカッ 「高級ブラ」を褒めない男性が嫌われるワケ

  • 病院への寄付 「現金」だけでなく「絵画」「写真」「本」も

    病院は本日も大騒ぎ 病院への寄付 「現金」だけでなく「絵画」「写真」「本」も

  • マイナンバー「ポイントカード一本化」案で漏れるタメ息

    マイナンバー「ポイントカード一本化」案で漏れるタメ息

  • “白髪フェチ”女性増 「あえてロマンスグレー」なぜモテる

    “白髪フェチ”女性増 「あえてロマンスグレー」なぜモテる

  • 低所得世帯のほうが「塩サケ」をたくさん食べている

    家計簿を見れば病気がわかる 低所得世帯のほうが「塩サケ」をたくさん食べている

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close