【イベント案内】2/21「日米同盟と核兵器」(西崎文子さん講演ほか)

ピースデポの荒井です。(重複投稿失礼します)
以下、講演会のご案内です。ふるってご参加ください。
——————-<転載・転送歓迎!>——————————–
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  ■□NPO法人ピースデポ・第17回総会記念講演会■□
    日米同盟と核兵器
     ――過去と現在、そして未来への市民の役割
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【日時】2016年2月21日(日)15:30~17:45 (15:00開場)
【場所】川崎市平和館 屋内広場
   (川崎市中原区木月住吉町33-1
    アクセス↓
【プログラム】
 ●記念講演
  「日米関係と日本の核政策――歴史からの問い」
   西崎 文子(東京大学大学院総合文化研究科 教授)
 ●対論
  ◇冒頭発言 梅林宏道(ピースデポ特別顧問)
   「岐路に立つ日本の核兵器政策」
  ◇対論 西崎文子×梅林宏道
   「未来へ――日本の選択はどうあるべきか?」
 ●会場討論
【開催趣旨】
 核軍縮議論の停滞という状況に、北朝鮮によって突き付けられ
 たのが「核実験」という刃でした。先ず隗(かい)より始めよ
 ――私たちは今こそ米国の核の傘に依存する日本の政策を改め
 て、北東アジアに「核兵器のない世界」への風を生み出す歩み
 を始めるときです。米外交史に詳しい西崎文子さん、ピースデ
 ポ特別顧問・梅林宏道の講演と対論をとおしてこの課題を掘り
 下げて考えます。
【プロフィール】
 ●西崎 文子(東京大学大学院総合文化研究科 教授)
 専門は20世紀アメリカ政治外交史。アメリカ外交の理念的な側
 面を研究してきた。大学生の頃から、通訳として日本原水爆被
 害者団体協議会(日本被団協)の国際活動にかかわってきた。
 著書に『アメリカ外交とは何か』(岩波書店、2004年)ほか。
 TBSテレビ「サンデーモーニング」にコメンテータとして出演。
 ●梅林 宏道(ピースデポ特別顧問)
 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)客員研究員(前センタ
 ー長)。核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)東アジア・コーディネー
 ター、「中堅国家構想(MPI)」国際運営委員として軍縮、安全保
 障問題にとりくむ。著書に『情報公開法でとらえた沖縄の米軍』
 『在日米軍』『非核兵器地帯』など。
【主催】NPO法人ピースデポ
【資料代】500円
※事前申し込み不要。どなたでも参加できます。
※チラシのダウンロードはこちらから↓
【お問い合わせ先】
 NPO法人ピースデポ事務局
  Tel:045-563-5101 Fax:045-563-9907
  E-mail: office[@]peacedepot.org
————————————————————————-

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close