朝日放送おはようコール 小西克哉が高速バス事故とテニス八百長、省庁の地方移転を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は国際ジャーナリストの小西克哉さんのお話でした。

今朝の朝刊一面トップは、朝日が株急落、読売は厚生年金逃れ、毎日は高齢者預託資金流用、産経は関空の利用者最高です。

 

軽井沢でのバス事故、重体の大学生も死去して犠牲者15人になり、事故原因はまだ解明されず、事故を起こした運転手は大型バスの経験が少なく苦手であったのに、ドライバー不足で仕事をさせて(それも道交法違反の長時間)、ツアー会社の社長は謝罪のために病院を訪れています。スキー人口は減っているのに会社は増えいます。

これについて小西さん、今を象徴する構造的な問題があり(9m12mでバスは全く違う)、運転して良かったのか、規制緩和は過去にも問題を起こし解決されず、規制緩和は消費者にプラス(安くなる)であったものの、役所の基準は守られず、アメリカでも規制緩和で事故が増えて、日本も15年経つのに何もせず、20の法令違反があり、イーエスピーはセキュリティ会社で参入数年で未熟であり、運転手だけでなく会社に問題があったと言われました。

 

テニスの4大大会で八百長があったと、イギリスのBBCが報じて大スキャンダルの可能性があり、ウィンブルドン選手権の優勝者も含まれて、ロシア、イタリアの賭博グループが関与し、ジョコヴィツチ選手にも勧誘(20万ドル)があったというもので激震が走り、トップクラスの16人が疑惑(証拠不十分で実名公表なし)、わざと負けると、賭博組織は相手に賭けて勝つと言うものであり、スタジオでもショックとの声があり、日刊スポーツの井関さんもテニスでは初で、勧誘しやすい構造なのかとコメントされて、小西さん、個人でやるスポーツではあったものの、テニスは初で、2008年にも問題になり6件の永久追放があり、業界内部で問題にされて自浄作用がなく、FIFAと同じで自助努力は限界、日本の野球、海外ではドーピングで、今も試合でそれでBBCが出したと言われました。

 

安倍政権の意向で、徳島県へ消費者庁が移転することが検討されており、廃棄カツ問題も消費者庁の仕事であり、河野大臣と飯泉知事も反応して、徳島県庁に長官を一時勤務させるというものです。地方創生の一環で、42道府県に打診があり、他に京都への文化庁も検討され、小西さんは基本的には賛成で、本来東京になくても良く、しかしJAXAはなぜ鹿児島ではなく愛知なのか、これが地方創生につながるか、コストとメリットをはかりにかけて、テレビ会議もあり、国会審議もあり、大臣の答弁を役人がいちいち支えるのはもう止めるべきと言われました。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close