宜野湾市長選で現職苦戦 安倍官邸のディズニー誘致が裏目

2016年1月18日

新人の志村候補(左)と現職の佐喜真候補(C)日刊ゲンダイ
新人の志村候補(左)と現職の佐喜真候補(C)日刊ゲンダイ

 夏の参院選の“前哨戦”である沖縄・宜野湾市長選(24日投開票)が17日、告示された。安倍政権がバックにつく現職、佐喜真淳(51)と、翁長知事ら「オール沖縄」が全面支援する新人の志村恵一郎(63)の一騎打ちだ。

争点は決まっている。米軍・普天間基地を辺野古に移設するかどうかだ。

ところが、自公推薦の佐喜真氏は移設の是非には触れず、ひたすら政府・与党との連携をPR。これに対し、志村氏は第一声で「移設反対」と明確に主張した。

選挙情勢は全くの互角、横一線だ。

「4年前の前回も、わずか900票差でした。あの時と有権者も、戦いの構図も、ほとんど変わらないため、今回も激戦は間違いないでしょう」(沖縄地元紙記者)

本来、首長選は2期目が最も強いといわれる。なのに知名度ゼロの新人と「拮抗」しているのは、安倍官邸のヤリ方が裏目に出ているからだという。

「現職が苦戦している理由は2つあります。ひとつは唐突に出てきたディズニー誘致構想です。安倍官邸は、現職を支援するために、宜野湾市へのディズニー誘致構想をブチ上げた。しかし、この誘致構想は市民はもちろん、議会も寝耳に水のものでした。これが、有権者の間で『札束じゃロコツ過ぎるから遊園地か』と嫌悪されたのです。2つ目は、安倍政権が市長選の結果について『辺野古移設と関係ない』と言いだしたことです。勝てる自信があるなら堂々と移設を公約に掲げればいい。それをしないのは『敗色濃厚』と分析しているからだ、と新人を勢いづかせたのです」(前出の地元紙記者)

沖縄国際大教授の前泊博盛氏はこう言う。

「背水の陣で臨んでいる新人が猛烈に追い上げているのは間違いない。現職側は相当、焦っているようです」

新人が勝てば安倍政権に与えるインパクトは計り知れない。当然、辺野古移設の強行もできなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事

  • 「デフレから脱却」でなぜ、こんなバス事故が起こるのか

    巻頭特集 「デフレから脱却」でなぜ、こんなバス事故が起こるのか

  • ダイコー家宅捜査で新事実続々…廃棄食品横流しの深い闇

    ダイコー家宅捜査で新事実続々…廃棄食品横流しの深い闇

  • スーパー沈み、独り勝ち「良品計画」

    今週の爆騰株 スーパー沈み、独り勝ち「良品計画」

  • 日弁連次期会長候補に自民稲田議員「支持」の怪情報

    日弁連次期会長候補に自民稲田議員「支持」の怪情報

  • 新国立問題“口封じ”にザハ氏激怒 天文学的「損害賠償」も

    新国立問題“口封じ”にザハ氏激怒 天文学的「損害賠償」も

  • 底なし沼の不祥事発覚 裏にNHKの凄まじい籾井会長降ろし

    底なし沼の不祥事発覚 裏にNHKの凄まじい籾井会長降ろし

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close