「連帯兵庫みなせん」発足集会ご案内  

「護憲円卓会議ひょうご」安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫」に参加の皆様

「野党共闘」を求める市民・政党の討論集会」にご支援くださっている皆様

2月14日(日) 神戸市立婦人会館にて 討論集会第2弾&「野党共闘」を求める「連帯兵庫みなせん」設立集会を開催します。

案内ビラを、本文貼り付けと添付(削除されるケースが目立つため)で2重にお送りします。重複して受けとられる方、どうぞご容赦ください。

============       ===========

希望はここに。

つながれ野党!  みんなで選挙 !!

~議席1/3以上をめざして~

野党共闘を求める市民・政党討論集会(第2弾)&「連帯兵庫みなせん」設立集会

■と き 2月14日(日) 13:00 開場 16:40 閉会     (参加費500円)

■ところ 神戸市立婦人会館(JR神戸駅北5分・湊川神社西隣)

■内 容

●会発足・参加呼びかけ/佐藤三郎 (護憲円卓会議ひょうご 世話人代表)

羽田尚子 (安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫 発起人)

●参加政党 /民主党兵庫県総支部連合会

<http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&frm=1&source=web&cd=2&cad=
rja&ved=0CC8QFjAB&url=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2597%25A5
%25E6%259C%25AC%25E5%2585%25B1%25E7%2594%25A3%25E5%2585%259A%25E4%25B8%25AD%

25E5%25A4%25AE%25E5%25A7%2594%25E5%2593%25A1%25E4%25BC%259A%25E5%25B9%25B9%2
5E9%2583%25A8%25E4%25BC%259A%25E5%25A7%2594%25E5%2593%25A1%25E9%2595%25B7&ei
=X1eMUv2hD8ikiQKqsYHYDA&usg=AFQjCNG4Kb-evbmf8k4aznxqYuskA9aP9g> 日本共産党兵庫県委員会

社会民主党兵庫県連合

生活の党と山本太郎となかまたち大阪総支部

新社会党兵庫県本部

緑の党グリーンジャパン兵庫県本部

「連帯兵庫みなせん」準備会< <mailto:連絡先>minami2satou@kxa.biglobe.ne.jp> 連絡
先>minami2satou@kxa.biglobe.ne.jp F078-733-3560(佐藤)

「連帯兵庫みなせん」(みんなで選挙をやろう会)

発足の呼びかけ

❒2016年7月の参院選は、日本の未来を左右する決定的な分岐点となります。昨年11月22日大阪ダブル選挙結果も含めた事態の深刻さを直視すれば、いま緊急か
つ最大の課題は、安倍晋三首相が広言する明文改憲阻止のための「参院選での安保法制廃止派3分の1確保」です。

❒しかしながら、参院選を視野に入れた改憲勢力の総結集は既に始まっている(数度の安倍×橋下会談)にもかかわらず、対する野党間の連携協力の立ち遅れは否め
ず、このままでは敗北は明らかです。衆参同日選挙の可能性が一層高まるなか、参院選1人区の野党共闘は勿論のこと、複数区・比例区も視野に入れた「本格的な選挙協
力の追求」が強く求められています。

❒会の基本目的は、安保関連法の廃止と立憲主義、平和と民主主義の回復、とします。

❒会の役割は、①参院選で1/3以上の議席確保のために、最後まで野党の「本格的な選挙協力」を追求し、 ②兵庫選挙区(定数3)では市民が共同して支援できる野
党候補の2議席獲得をめざし、③衆参同日選挙も想定して県内各地域で市民主体選挙に取り組むグループの立ち上げを呼びかけ、ネットワークのプラットホームとなり、
④野党との連携を図り、政党間の共同選挙を実現するための「接着剤」の役割を果たします。

参院選まで5ヶ月、政党だけにお任せではなく、今こそ市民自身が立ち上がり行動するときです。「すべては一人から…」を原点に、ともに考え、次の一歩を踏み出しま
しょう。どうぞ賛同と協力をお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016/1/19、アベ首相は国会で改憲は「新たな段階」に入った、緊急事態条項の新設をめざす考えを明確にしました。同じ日、FaceBookで、「このまま
いけば、参議院2/3議席を許せば、野党はゴタゴタ言ている場合か?」 こんな書き出しで

<http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-307e.html> 植草一秀の『知られざる真
実』 (2016/1/11) が紹介されていました。以下、その1分間要約です。

安倍氏がテレビ番組で、憲法改定の意向を示した。
改憲で手を付けようとしているのが緊急事態条項である。既に自民党憲法改正草案に盛り込まれている。
内閣総理大臣は、緊急事態の宣言を発することができる。(自民草案98条1項)
緊急事態の宣言が発せられたときは、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができる(草案99条1項)
緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、国その他公の機関の指示に従わなければならない。(99条3項)
緊急事態の宣言が発せられた場合衆議院は解散されない(99条4項)

1933年にナチスドイツのヒトラー政権が全権委任法を成立させて、ドイツの独裁政治が始まった。
その後のドイツがたどった道は、人類史上最悪の道、日本の終焉と言っても過言でない状況が生まれる
選挙をやらなくてよい。法律を勝手に決めることができる。基本的人権を制限できる。
まさに、ナチスドイツの全権委任法と同じ効力を有することになるのだ。
現在の選挙情勢では、改憲勢力が参議院3分の2勢力を占有する事態が生じる恐れが極めて大きくなっている

とてつもない危機が目前に迫っていることに、ほとんどの主権者が気付いていない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2 Attachments

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close