朝日放送おはようコール 小西克哉が甘利スキャンダルと株価乱高下・年金危機を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は国際ジャーナリストの小西克哉さんのお話でした。

今朝の朝刊一面トップは、朝日がハンセン病家族提訴、読売はマイナス金利開始、毎日はもんじゅ廃炉費用資産、産経はアップル訴訟です。

 

甘利スキャンダルが新たな音声の公開で展開であり、甘利氏は秘書が補償金交渉に関係していないと言っていたのに、民主党玉木氏が、元秘書が補償金交渉に発言し具体的な金額に言及していたものを提示して、甘利氏と秘書の証人喚問を要求し、甘利氏は国会に出ずもメディアが自宅を訪問しても無反応、これは文春の記事で、告発者が甘利氏らに金を渡して口利きを依頼し、甘利氏の発言の矛盾を突く音声データが提出されて、これについて小西さん、明らかな口利きであり、テープの信憑性が高ければ問題で、本来はこれは告発者とURの交渉なのに、ここに甘利氏の秘書が入るのは、本来裁判でやるべきものを政治家や秘書、暴力団が入れば早くなると思うのは時代錯誤、秘書もやったのは問題で、元秘書は真っ黒であるが、甘利氏の責任追及は難しく、あっせん利得処罰罪で甘利氏の立件は具体的な関与が要り、甘利氏の議員辞職へのハードルは高いと言われました。

 

株価が乱高下し、右肩下がりであり、安倍総理、GPIFの運用次第では将来の年金支給を減らすと言い、昨日は株が4日ぶりに上がったものの、投資家の意欲は低く、去年1012月のGDPマイナス-1.4%と2期ぶりマイナスで、個人消費が低迷+住宅投資低迷、企業は好調なものの個人は低迷し、ドアホノミクス((c)浜矩子さん)が失敗したら年金が減らされると総理が明言し、これについて小西さん、ドアホノミクスは大丈夫ではなく、しかし株価を気にすることはない、より大事なのはGDPマイナスで、これは世界的なショック、株よりもGDPマイナス=実体経済の破綻で、世界3番目の国のGDPの6割(300兆)が個人消費、中国の爆買いも焼け石に水、小西さんはお金を使おうとは思わず、消費マインドが伸びず、ドアホノミクスで消費マインドを喚起したのに、消費税増税でGDPが上がるわけはなく、これは民主党にも責任があり、消費税増税=消費低迷=株価は下がると言われました。

そして、年金支給を減らすと言うもの、年金積立金は2013年だと国債で運用、株は24%→その後株で40%運用(2015/9)されて、しかし株安で8兆消えてしまい、これについて小西さん、政府は安心してくれというものの、人口が増えないので無理で、株価が下がれば年金は減り、株は上がったり下がったりするもので、マイナス金利で預金利息もゼロになり、これはタンス預金してくれ=それで支出を増やす?というものの、円安で年金を増やすつもりが今はイエローカード、消費税増税は再考すべき、金融緩和、円安にすべきなのにこれはドアホノミクス最大の失敗と言われました。

 

清原容疑者逮捕に関して、覚醒剤を譲り渡した男が逮捕され、清原容疑者が群馬で覚醒剤を入手しており、これについて小西さん、野球界と覚醒剤のことは深刻であり、清原容疑者は入手ルートを語っていないものの、売人も清原容疑者のファンであり、警察の証拠固めの結果で、警察の目が届かないと群馬でやったのは甘く、野球界もこれについてコメントしておらず、球界にも大問題であり、個人の問題だけではなく、スポーツ界野球界はどうするか、野球選手もプロ意識を高めることは、他の選手も必要と語られました。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close