皆さま

重複投稿お許し下さい。
2月17日に参議院「国際経済・外交に関する調査会」で核軍縮に関して参考人意見
陳述を行いました。
いずれ国会議事録が出ますが、口述原稿(この通り喋った訳ではありませんが)を
ブログに載せましたので、関心のある方はお読みいただければ幸いです。
http://www.umebayashi.cocolog-nifty.com/

核軍縮が停滞している現状分析と、その中で「核兵器のない世界」を達成し維持す
るための効果的な法的措置について実質議論するため、歴史的な国連「公開作業部
会」(OEWG)が開催されることの意義を述べました。その上で、日本がそこに参加し
て被爆国としての使命を果たすためには、核抑止力に依存しない安保政策への転換を
行うという「政治レベルの決断」がどうしても必要であることを強調しました。その
ための方法論も述べました。
ピースデポの「核兵器・核実験モニター」3月1日号の紙面には、OEWGの資料ともど
も読むことができます。

梅林宏道
**********************************************
NPO法人ピースデポ特別顧問
さい塾・塾長
長崎大学核兵器廃絶研究センター・客員教授
(ピースデポ事務所)
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-30-27-4-1F
電話:045-563-5101 FAX:045-563-9907(事務所)
電子メール1:cxj15621@nifty.ne.jp
**********************************************

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan

Categories 核廃絶

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close