終戦史をめぐる最大の難問に正面から挑んだ意欲的な研究

「1945 予定された敗戦」

ソ連を分析 終戦時の謎に迫る 小代有希子著

本書は、終戦史をめぐる最大の難問に正面から挑んだ意欲的な研究である。
その難問とは、日本の国家指導者たちは米国との直接交渉を回避しつつ、
なぜソ連を仲介者とした非現実的な和平交渉に執着したのか、である。

著者によれば、日本側はソ連が参戦すれば、戦後の東アジアで米ソの
対立が激化し、日本の戦略的地位が上昇することを見通していた。
だとするならば、ソ連参戦前に米国に降伏する事態は回避しなければならない。
そのため、日ソ交渉によってソ連の戦後構想を探りつつ、
米国との直接交渉を遅らせていた。

この魅力的な仮説を導き出すために著者が重視したのは、
東アジアにおけるソ連の影響力の大きさを冷静に再検証することである。
もう一つは、日本政府が入手していた情報、特にソ連に関する情報を
徹底的に分析することである。
これによって、日本側がかなり正確なソ連情報を入手していたことが
明らかにされていく。
この点に関する分析はまさに重層的であり、対ソ諜報(ちょうほう)活動だけで
なく、研究機関、雑誌や新聞によるソ連分析などにまで光が当てられている。

また、社会や文化の次元における分析も興味深い。
政府部内で、重要な情報がどこまで共有されていたのか、
その情報が政策決定過程に反映されていたのか、という問題に関しては、
いっそうの検証が必要だが、情報の持つ重要性を具体的に明らかにしたのは
本書の大きな貢献である。

歴史認識の問題も重要である。
本書によれば、米国の政策もあって、戦後の日本社会では
日中戦争・日ソ戦争の記憶、植民地帝国日本の記憶は抹消され、
日米戦争の記憶だけが正当性を獲得した。
しだいにアジアとの戦争の記憶もよみがえってはくるが、
日ソ戦争は忘れられたままだった。
著者は記憶の再構築のためには、日ソ戦争も包含した
「ユーラシア太平洋戦争」という捉え方を提唱する。
日本の歴史家の虚をつく新鮮な問題提起である。

(人文書院、3780円)
著者は2006年から日本大教授。専攻は歴史学。

=====【評】 吉田 裕 (一橋大学教授)====
信濃毎日新聞書評 2016年2月21日

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close