TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ 武田一顕 民主・維新合流報告&村田潔 マイナンバー特集第2弾

 永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ、今日は冒頭で国会王子の武田一顕さんが出られ
て、民主党と維新の党の合流について報告されました。維新が解党して民主党に合流、岡田氏は3月に新党
と言うのです。

武田さん、いよいよ合流であり、そして3月であり、あと1か月ちょっとの間に、維新との合流+共産党
との候補者調整と日程はきつく、維新の松野氏は事実上吸収されるものであり、新しい名前にすることを
了承して、そして民主党側も名前の変更もあり得るものの、与党からギリギリで破断との声があり、3月に
結党大会ができるか、なのです。

民主党への吸収合併は、維新の参院の比例は一部合流できないので、維新は解党、民主は全員離党して
新党に合流で、民主党という党名はなくなるものの、事実上民主党が維新を吸収して、名称はまだ未定、
○○民主党の可能性はあるのです(立憲民主党とか、新民主党とか)。これについて、ジャーナリストの
小西克哉さん、民主党の支持率+維新=9.4%、自民30%で勝負にならず、また参院選の非改選が自民が多
く、2010年に当選した民主党の議員の改選で岡田氏に危機感があるか、それより、共産党の協力の方がは
るかにインパクトが強いと言われました。

野党再編と言っても出戻り、維新のメンバーのほとんどは元民主党であり、やっと野党として安倍政権
に対抗できるようになり、そして共産党とどう候補者を調整するか、志位氏は1人区では降りると決断し
て、そして1人区で野党共闘が出来たら、参院選でようやく相撲が出来るか、であり、武田さん、民主党+
維新より、この党と共産党の協力が、今度の参院選の目玉であり、スタートラインにようやく立ったと武
田さん言われました。

そして、今日の国会でNHK揉め井会長((c)二木啓考さん)がまたやらかして、専務理事との関係で放
送禁止用語を語り(番組ではそのまま放送)、委員長より揉め井氏の発言について処置するとして、これ
はNHK子会社の土地取引問題で、放送局のトップが放送禁止用語を言って揉め井氏は午後、陳謝に追い
込まれて、委員長と委員に誤ったのではダメで、NHKの視聴者に謝るべきなのにこれで、揉め井氏の資
質を問う声が出てきており、荒川さん、揉め井氏の存在が不適切と言われて、武田さん、放送と関係ない
人ではなく、放送局の人間どころかそのトップの発言であり、揉め井氏の後ろに黒子がいるのに直しても
らえず、NHKの中でもものが言えない空気が醸成されている、荒川さん、トップの発言ではないと批判
されて、武田さんも了承されて、しめくられました。

(なお、国会の模様をひるおびで見ましたが、大臣への質問に対して官僚が回答を作るというのですが、
なら、その官僚が応えるべきであり(研究室での学会発表や勉強会での発表なら、発表するものが自分の
責任で答える必要あり、他人が書いた原稿を読むだけなら組織のトップの意味なし)、これなら大臣は2年
前に問題になった黒装束+サングラス+長髪の人と同じではないかと思いました、大臣が行き詰るのは、
黒装束の人が頭をぶつけるのと同じかな?(笑))

なお、北海道、新千歳空港で離陸前の日航の航空機から煙が出て、乗客室に流れ込んで、乗客が脱出
シューターで全員脱出の事故があり、4人けが、NHKでは臨時ニュースを流しています。

また、ボイスのコーナー、マイナンバー制度の第2弾、明治大学商学部の村田潔さんのお話の続編があり
ました。マイナンバーの特集、先週はスペシャルウィークで質問が350通!も殺到したもので、そして、そ
のマイナンバー、同姓同名&生年月日が同じの人に二重公布なのです。

前回はものすごい反響であり、マイナンバーへの関心は高く、村田さんのお話、メリットは税金と社会
保障を公平に政府がするもので、市民にはメリットなし、スウェーデンやアメリカ、韓国にあってなりす
ましがあるというものであり、日本だとクレジットカードやポイントカードと一緒にするというものの、
広げ過ぎたら個人がプロファイリングされて、そして住基ネットとの関係について、村田さん、住基ネッ
トの電子化→情報漏洩→人権問題+違憲判決も出たのに、マイナンバーには自治体とマスメディアの反対
もなくすんなり通ってしまい、少子高齢化と財政難は表向きで、政府の説得が成功して、小西さん、住基
ネットは予算をかけて普及せず、2000億はどぶに捨てて、マイナンバーもそうなるのではと言われて、村
田さん、プライバシー侵害+国の監視をさせないために制限が多く、そのために使いにくく、誰も住基
ネットカードを500円で作る人はいなかったが、マイナンバーだと用途は広げられて、マイナンバーを提示
しないと行政、民間ともにサービスが受けられず、住基ネットの二の舞にはお金的にはならないが、村田
さんそれでリスクが増えて、一つの番号に紐付けされるデータが多いと、漏れた時の問題が多く、リス
ナーより、会社の総務にマイナンバーカードのコピーを提出させられたが、大丈夫かとあり、村田さん、
会社のコピーの際に複合機でスキャンされることもあり、アクセスする権限は制限されているか、そもそ
もこぴーしたカードをちゃんと管理しているかと言われました。

リスナーより、マイナンバーは会社の経理に筒抜けになるとあり、また会社に前の仕事のことを知られ
るとあり、村田さん、会社は法律で決まっている目的以外の閲覧はダメであり、しかしこれは各企業が法
律を学ぶか、それをしていないとダメ、自治体はプライバシー対策を義務付けられているのに、企業はそ
うではなく、社長が社員のマイナンバーのデータを知ることはできない+やれば違法というのです。

会社に内緒で副業をしている人から、マイナンバーでばれるか、あるいはばれないようにする裏技をと
あり、村田さん、副業をしている事実が勤務先にばれる可能性はゼロではないが、労力がいり、勤務先で
副業をしているかと推測されることはあり、税務署は捕捉できるが、人が見るのではなくシステムが見
て、しかしばれる可能性はゼロではないのです。

リスナーより、銀行口座開設にマイナンバーを見せろと言われた、あるいは、銀行への提示を拒否でき
るか、生命保険の解約にマイナンバーを示せと言われた、講演の謝礼金をもらうのにマイナンバーがいる
のかと多数質問があり、村田さん、預貯金とマイナンバーは2021年に紐ツケが義務化され、今は預貯金に
マイナンバーは要らないものの、銀行により今はまちまち、海外からの送金や財形貯蓄にマイナンバーを
要求される場合があり、民間でもやられる可能性があり、保険は保険会社→税務署への提出はマイナン
バーがいる、講演でも源泉徴収ならマイナンバーを求められると言われました。

紐付けされる場合の目安は、自分のマイナンバーを提供しろと言われて、拒否に罰則規定はないが、
様々なサービス~行政だけでなく民間も、マイナンバーなしで銀行口座が作れないなど、政府の施策で強
制もあり、一説には将来、国が資産税を作る、ギリシャのようになつた場合に預金を制御する、ペイオフ
に使用される可能性があり、またカードを持たせて、いつも持たせる方がマイナンバーを元に情報を政府
が集められて、クレジットカードなどと紐付けされると大変なのです。

リスナーより、病気のことがばれないかと、あるいはメタボ検診のことが政府に知られないか(黒田充
さんと西谷さんのラジオフォーラムでもありました)とあり、村田さん、カードそのものはないものの、
しかし2020年からメタボ検診のことはマイナンバーと紐づけされて、他の医療情報もマイナンバーに紐づ
けされて、マイナンバーは漏れる、そして市民には拒否できず、技術と生きることはリスクと生きること
であり、個人が危険回避するには拒否すべきで、法律で決められても、個人に不服従の権利はあり、個人
も言うべき。

また、メタボ検診は、健康な人がメタボな人と同じ保険料を払うのはいやという世論が出来る可能性が
あると村田さん言われて、荒川さんは病気と同じ人と払うのかと言われて、村田さんは逆に、個人の病気
に国が関わるなと言われました。

リスナーより、マイナンバーで行方不明の人を探せるかとあり、村田さん、これは目的外と言われて、
また小西さん、漏洩時の裁判、保険について聞かれて、村田さん保険は今はなし、漏洩するとして、個人
にどうすべきかというのは、個人に回避する手立てなしと言われて、対策はできるだけ機能を持たせな
い、図書館のカードと連携してはいけない(思想信条がわかる)、村田さん、住基ネットに戻り、国民に
考える時間を持たせよと言われました。

マイナンバーへの市民の関心は強く、黒田氏さんと、村田さんのお話を聞くと、小説「1984年」の世界
とも思われました、以上、デイ・キャッチの内容でした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close