JR認知症事故判決が浮き彫りにしたもの

96 JR認知症事故判決が浮き彫りにしたもの

日経メディカル 2014年5月26日 色平哲郎

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/blog/irohira/201405/536566.html

先月、超高齢社会の現実と司法のズレを感じる判決が出た。

2007年12月、愛知県大府市で徘徊症状のある認知症の91歳男性が、JR東海の電車には
ねられて死亡した。この事故を巡って、JR東海は遺族に振替輸送代などを求めた訴訟を
起こす。昨年8月、一審の名古屋地裁は男性の妻(91歳)と長男(63歳)に「見守りを
怠った」としてJR東海側の請求通り約720万円の支払いを命じた。この裁判の控訴審で
、4月24日、名古屋高裁は妻だけの責任を認定し、約360万円の支払いを命じた。

認知症で「要介護4」の認定を受けていた男性は、同居していた妻が目を離した間に
外出し、電車にはねられた。名古屋高裁の長門栄吉裁判長は判決理由で、妻を「男性の
監督義務者の地位にあり、行動把握の必要があった」と認定し、「男性が普段使ってい
た出入り口のセンサーを作動させる措置をとらず、監督不十分な点があった」とした。
長男については20年以上も別居しているので監督者に当らないとしている。

一審、二審の判決は介護関係者にショックを与えている。まず家族介護の視点からは
、遺族側代理人が次のようなコメントを出した。「高齢ながら、できる限り介護をして
いた妻に責任があるとされたのは残念。不備があれば責任を問われることはあり得るの
だろうが、家族が常に責任と隣り合わせになれば在宅介護は立ちゆかなくなってしまう
……」

認知症の人の介護については、事故のリスクを鑑みてなんらかの「保険制度」が必要
だとする意見もあるが、こうした判決が続くようだと介護現場では認知症高齢者の「閉
じ込め」や「拘束」が横行すると懸念される。

認知症の人の多くが、特別養護老人ホームなどの介護施設やサービス付き高齢者向け
住宅などでケアされている。その数は、今後ますます増える。

もしも認知症の人が徘徊して介護施設から出て、電車が止まるような事故に遭遇した
場合、世論は施設の監督不行き届きを責めるだろう。とすると、施設は認知症の人を部
屋に閉じ込め、ベッドに縛りつける。それを非人間的だと指弾できるだろうか。

問われているのは、認知症の人がどのような環境でケアされればいいか、という本質
的な問題だ。自由に出入りできる人間的な環境を求めるのか、見守りや安全を重視して
鍵をかける環境を求めるか。根本には、認知症の人の「人格権」をどうとらえるかがあ
る。

終戦直後、滋賀県で戦災孤児や障害者のための施設「近江学園」を創設した糸賀一雄
は、「この子らを、世の光に」という言葉を残した。「この子らに、世の光を」ではな
い。障害を背負って生きる子どもたちを、世のなかを照らす光に、と訴えた。

そんな視点が、認知症ケアにおいても必要なのではあるまいか。

97 「新自由主義ムラ」の危険な混合診療論議

日経メディカル 2014年6月24日 色平哲郎

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/irohira/201406/537147.html

先日、安倍晋三首相は、規制改革会議(議長:岡素之住友商事相談役)の答申を受け
、混合診療を限定的に認めた保険外併用療養費制度で、新たに患者の申し出に基づく「
患者申出療養(仮称)」を創設すると表明した。

「困難な病気と闘う患者の選択肢拡大」を名分に、受診できる医療行為を広げて医療
ビジネスの拡大を目指す。この新制度を、6月中にまとめる成長戦略の柱に据え、来年
の通常国会に関連法案を提出。2016年度にも導入するという。少しでも混合診療の枠を
拡大して創薬、医療機器の開発、自由診療対象の民間保険の販売などを後押ししようと
いうわけだ。

医療関係者からは、既存の制度内の限定的な適用にとどまり、大勢に影響はない、経
済成長にもつながらない、といった意見が聞こえてくる。財務省も突き放しているとい
う。

だが、春先から「混合診療全面解禁論」を唱えてきた規制改革会議の動きを眺めてい
て、2つの疑問を持った。

第一は、医療制度を検討する上で当事者(患者)や専門家(医師、看護師、保険者な
ど)を排除して進めていいのか、という素朴な疑問である。

規制改革会議は、岡議長以下、全15人の委員で構成されているが、医療を生業とする
者は1人しか含まれない。「医療ムラ」の岩盤を打ち砕くには、利害関係のない集団が
よい、との考え方を押し通したらしい。

しかし、委員の大多数が経済畑に身を置き、企業利益の追求を最優先する似たもの同
士とあれば、これもまた「新自由主義ムラ」ではないか。ムラに対抗したムラが、中立
的な審議会といえるのか。

答申の検討過程で看過できないのは、「困難な病気と闘う患者」のためと言いながら
、患者団体へのヒアリングを一切行っていないと報じられていることだ。

多くの患者団体が混合診療の拡大に反対し、保険適用を求めていることを知りながら
、あえて話を聞かなかったのだとすれば、単なるエゴイスト集団であろう。最初から「
混合診療の全面解禁」しか眼中になかったのかもしれない。

2つ目は、極端な意見が何度もたたき台として出され、その都度、現実論との間で「
足して2で割る」落とし所を見つけていけば、最終的には極論に取り込まれるのではな
いか、という疑問というか怖れである。

規制改革会議は、今年3月末に「選択療養制度(仮称)の創設について(論点整理)
」を出し、徹底的な混合診療全面解禁論を主張した。診療行為の安全性を担保する大原
則すら軽んじていた。何十年もかけて積み重ねてきた混合診療論議を無視したかのよう
な「論点整理」を発端とした議論が本格化し、現在に至ったのである。こんなことを繰
り返していけば、いつか極論が現実と重なりかねない。

専門家や当事者の考えを顧みず、ある観念だけを盲信して極論を吐き、困っている人
のためにやるのだ、と情緒に訴える。こういうやり方が、医療だけでなく、あらゆる分
野に蔓延しているようだ。

山のなかで暮らしていても、つくづく危険な時代になったと感じる。

=======

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close