朝日放送おはようコール 二木啓考がTPP国会審議と開かずの踏切問題を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝はジャーナリストの二木啓考さんのお話でした。

今朝の朝刊一面トップは、朝日が救急隊のこと、読売は自動運転立体化、毎日はセブンHD人事、産経は田母神氏立件、日経はゼロ金利融資です。

 

今国会でTPPの審議を、資料が黒塗りであることに野党が反発し、委員会に野党議員は出席せず開かれずであり、TPPに関する資料はタイトル以外は全て黒塗りであり、野党は交渉過程を出せとしたらこの始末で国会は空転し、来週党首討論することで正常化すると言うものの、自民は今国会での成立を断念することもあり、二木さん、資料はのり弁と野党が言い、黒塗りの資料、安倍総理は交渉過程は出せないと言ったのに、西川氏が交渉過程を本にするとして、それで揉めており、政府もTPPで農家の票を減らしたくない&アメリカも大統領選で止まり、二木さん、政府与党はやる気がなく、交渉過程は出せないと言い、交渉は秘密と言うものの、資料は全て黒塗りなのに、西川氏がTPP内幕本を書いて、ゲラを民進党が入手しており、また二木さん野党幹部に聞いて、国会は止まり、審議再開のめどもなく、与党ももういい、官邸も焦らず、今国会で西川氏の更迭が問題になり揉めて、参院選でTPPは農家にダメージであり、4月に国会は、どの候補もTPP反対であり、アメリカの審議は秋なので、今やる必要はないと、与党は選挙第一でやっていると言われました。

 

全国で3万カ所ある開かずの踏切、危険な踏切について、国交省は5年後までに鉄道会社に改善を求めており、大阪でも西梅田の五沙路が問題になるなどしており、全国58カ所指定されて、関西に10カ所あり、踏切には事故防止の法律があり、これについて二木さん、もともと踏切を作った時は交通量も列車の本数は少なく、ところがこれらが増えて遮断時間が増えてしまい、無理な横断で事故、認知症の老人が入ることもあり、高架、トンネルなどの対策が要り、安全の問題があり、踏切は危険地帯になったと言われました。

 

甘利氏の問題で、告発者がURをも接待したと週刊文春に報じられて、これについて二木さん、接待して補償をしてもらい、1.8→2.2億、フィリピンパブで接待したら増えることへの疑義を述べられて、また鳥取で、女性は受け身の性と書いて問題になり、スタジオでも異論があり、二木さん、こんなパンフを作ったことへの批判があり、子供の貧困は深刻化して、日本は下から8位であり、二木さん、先進国で格差は広がり、富が偏在して、ドアホノミクスも下には落ちず、社会保障とドアホノミクス失敗があり、先進国で格差問題は深刻化していると言われました。

 ________________

みなさん、永岡さん二木さん
>資料はのり弁と野党が言い、黒塗りの資料、安倍総理は交渉過程は出せない
と言ったのに、西川氏が交渉過程を本にするとして
お世話様
国会議員は主権者の代表であるなら、
この黒塗り資料は主権者に対する侮辱で
あり、明らかな自公独裁政治の証拠です。
 (さいたま市 石垣としお)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close