MBSラジオ かめばかむほど亀井希生 熊本・九州大地震 上田崇順さんの現地報告

 永岡です、毎日放送ラジオの、かめばかむほど亀井希生という番組、予定変更で、きょう未明の熊本で
のマグニチュード7.3の地震について、ニュースがありました。明日のネットワーク1・17(と、おそらく
明後日の報道するラジオも)の取材で、お馴染みMBSアナウンサーの上田崇順さんが現地に行かれてお
り、朝6時台に報告がありました(しあわせの五・七・五も中止で、地震特番になっています)。
上田崇順さんの現地報告、上田さんは今(朝6時)熊本市内のホテルにおられて、今、夜が明けて回りが
見えて来ており、1時25分のマグニチュード7.3の地震の際にホテルの3階におられて、地鳴り→立ってい
られない→停電→非常用電源で最低限の照明のみの模様であり、上田さんロビーに行かれて、ホテルの方
が安否確認をされて、しばらくおられた。
地震時には大変な地鳴りであり、その後すぐに縦揺れ、長い時間ではないが、1度2度縦揺れ→長い横揺
れで、精神的にも参るほどの20~30秒では利かない始末の揺れ、その後余震が続き、1度揺れが収まって
も、また船に乗っているような雰囲気になり、上田さんは1時52分には椅子に座っていたものの、キャス
ター付きのもので危険であり、体を固定されて、部屋の中の状態は、中は比較的無事で、しかしポットが
倒れて、消火器も倒れて、3階で停電、ロビーに階段で降りて、14日の地震ですでにエレベーターは使えな
くなり、階段を使っていたのです。
1回のロビーで、ホテルの宿泊客をスタッフが安否確認して、3時過ぎまでそこにいて、ラジオでリポー
トして、公園で夜を過ごした人も20人くらいいて、1時台の揺れで、熊本市内でも被害であり、ここが大丈
夫だから他も大丈夫と言えない、火災は、非常ベルが鳴ったままの音が聞こえて、熊本市内、電気は1時間
後に復旧し、水も出ているが、ロビーで避難されている方もあり、大変なのです。
余震がたくさんあり、今は収まっても、揺れていたら5~10分に1回余震であり、揺れが収まった感じは
ないのです。
電話の後ろで救急車の音も聞こえて、サイレンの音はずっと続いており、1時の地震の後、サイレンは続
いて、上田さんが一番心配なのは、益城町を取材されて、余震が続くと建物がそのたびに傷み、余震で倒
壊した建物もあり、熊本市や八代市でも火災で、これから被害がまた起こることを心配されて、被災者は
木曜の夜から寝られておらず、被災後気丈夫であった方も、体力・精神的に大変になっていると報告され
ました。以上、朝6時台の上田さんの報告でした。

被害について、水野晶子さんのニュース報告があり、熊本で火災により1人死亡し、被災地で家屋倒壊、
下敷きになっている人もたくさんいて、閉じ込められている人も多数あり、トンネル崩落、熊本市民病院
が倒壊の危機にあり、そして6時11分にも震度4であり、この震源は大分であり、南阿蘇村で、アパートが
崩壊、大学生が下敷きになり、益城町で道路が隆起しており、気象庁は震源が北東に広がっていると発表
しており、1時52分のマグニチュード7.3の地震の余震とは想定されない地震も起きており、メカニズムに
ついては調査が必要であると言うものの、今日の地震が本震、一昨日が予兆というのは想定できず、これ
から1週間、震度6弱の地震の警戒が必要なのです。
熊本で震度6強、宇土市の市役所が崩れ半壊、被害は拡大しており、益城病院で倒壊の危険があり、患者
の搬送を開始し、熊本市民病院も危機で、南阿蘇市の阿蘇大橋が崩落、少なくとも200人が病院で治療を受
けており、八代市のダムで水が漏れて、避難勧告が出ており、国道57号線が崩落などです。
熊本空港では航空機の運航が不可能になっています。

再び、朝7時台に上田さんの報告、携帯電話からの報告で、上田さんは数十m移動されて、熊本市内に来
られて、路面電車が通るところ、前のビルの外壁が崩れて道路をふさぎ、一般の方もヘルメットをかぶり
歩かれており、一昨日被害のなかったところも、今朝の地震でやられたところもあり、強い揺れが深夜に
あり、その後余震も続き、それまで大丈夫だった建物もやられて、その中に閉じ込められている人もあ
り、1時25分の地震は大変に大きかったのです。
熊本市内に火事は見られないものの、火災報知機はどこかで鳴り、上田さんの周囲は電気も来て、ホテ
ルには水道も通り、車も走っているものの…と、7時13分、緊急地震速報、大分県が震源で、九州、四国、
中国で最大の震度5弱以上と報じられて…大分・由布市で震度5弱、大分が震源、マグニチュード5でありま
した…それで上田さんの報告、熊本では(大分の震源の地震の)揺れは感じず、今上田さんは安全な場所
におられても、余震は20分おきに起きる模様で、大きい揺れの間にも、船に乗っているような揺れであ
り、まるでめまいがするような模様で、熊本市内ではコンビニは開いて、ものは何とか買える、しかし他
のお店が通常営業できず、品薄な状態です。
皆さん、地震の片付けに追われていて、大きい揺れが続くのでせっかく片付けてもまた揺れる&公園に
避難された方の健康の不安もあり、公園にて親子で過ごす人もあり、心配されるのです。
自治体より、避難の指示は、1時25分の地震でホテル→学校の避難所への避難も案内されたのです。
上田さんは、これから被害の大きいところを取材される予定で、移動手段は在来線が止まっているので
車を使わないとならず、しかし道路もやられて、交通量の多いところでは誘導もあるものの、より大きな
崩落がある、行けないところもあり、情報を得てからであります。
関西から、九州への通信は、電話だと、通信状況の悪さは熊本市内にはなく、熊本→阿蘇でも連絡は取
れて、メッセージを伝えるには支障はないものの、不要不急の電話は避けて、メールを優先すべきと言わ
れました。さらに、現地ではこれから雨であり、熊本市内は今は快晴だが、雨だと、今の家屋に水が入
る、捜索にも影響があり、そして雨による土砂崩れも危惧されて、皆さん疲れており、救助活動への支障
もあり、関西で現地にボランティアに行きたいと言う人も、現地とつながりがあるものが行くべきなので
す、以上、上田さんの報告でした。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close