シオニストとナチスは「ウルトラ民族主義」と「暴力的手段の行使」の2つの主要な柱で一致している  

アドルフ・アイヒマン。彼は1935年頃、SSの保安諜報部(SD)のユダヤ人問題
担当官に就任したばかりの頃、上司の勧めでシオニズムの父テオドール・ヘルツルが書
いた『ユダヤ人国家』を読み、シオニズムに心酔していた。
そして、1937年2月に彼は、パレスチナのシオニスト組織「ハガナ」の司令官ベン
グリオンとベルリンで会談。この時に2人は合意に達し、アイヒマンは書面で「ドイツ
のユダヤ人を代表する組織は、ドイツを去るユダヤ人がパレスチナにのみ移住するよう
に圧力をかけるものとする」と約束していたのである。
また同年、アイヒマンはパレスチナに招待されており、彼の帰途の報告によると、「シ
オニスト・ユダヤ人たちは、ドイツのユダヤ政策に非常に喜んでいる。その理由は、そ
れによってパレスチナのユダヤ人口を数倍に増大させたから」であった。ゲシュタポと
パレスチナのユダヤ人(シオニスト)の協力関係は、アイヒマンの努力によって緊密に
なったのである。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html

●シオニストたちが最も恐れていたこと、それは反ユダヤ主義者たちの策動ではなくて
、むしろ、世界のあちこちに散らばっているユダヤ人たち(ディアスポラ)が彼らの民
族としてのアイデンティティを失って、それぞれの住む国家社会に「同化」してしまう
、ということだった。

●もともと、シオニストとナチスは「ウルトラ民族主義」と「暴力的手段の行使」の2
つの主要な柱で一致している。一連のホロコースト疑惑騒動の中で、シオニスト勢力が
最も触れられたくない部分は、ナチス高官とシオニスト組織の上層部が水面下で手を結
んでいた、あるいは「共生関係」にあったという奇妙な構造があったという事実である

●ロスチャイルド家を始めとするシオニストたちは、ドイツからまんまと逃れ、残され
た貧しい正統派ユダヤ教徒は捨てられた。そしてシオニストたちによって見捨てられた
正統派ユダヤ教徒はホロコーストの犠牲者(生け贄)になったのである。

シオニストたちは、何よりも「ユダヤ国家建設」を全てに優先させた。そして、多くの
ユダヤ人が殺されれば殺されるほど、全世界の同情はユダヤ人に集まり、シオニストに
よるユダヤ国家建設が正当化されたのであった。自分たちの目的達成のためには同胞さ
えも見捨てる。それがシオニスト・ユダヤ人たちの本性だった。

そして、人工国家イスラエルの建国という途方もない巨大計画は、一時的にナチス・ド
イツの協力をえながら具体化され、ある段階から逆に「ナチ批判」、「ホロコースト批
判」を跳躍台にして、第二次世界大戦の廃墟の上に展開されたのであった。

●なお、ナチスが敗北した後に、ユダヤ国家建設の地として再びマダガスカル島を候補
にあげたイギリスの植民地担当大臣モイン卿は、シオニスト・ユダヤ人によって暗殺さ
れた。シオニストの目的は、あくまで「シオンの地」パレスチナでの国家建設にあり、
結果として彼らは、1878年以来、ロスチャイルド家が土地買収を続けてきたパレス
チナに、ユダヤ国家を建設することに成功したのである。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close