Global Ethics


オバマの皮肉なヒロシマ訪問 by limitlesslife
June 30, 2016, 2:26 pm
Filed under: アベノクー, アベノミス, オバマ, ヒロシマ
Exclusive to OpEdNews:
OpEdNews Op Eds 6/29/2016 at 00:24:31

By       Message Michael Galli     Permalink

(Page 1 of 2 pages)
Related Topic(s): , Add Tags Add to My Group(s)

View Ratings | Rate It

opednews.com Headlined to H2 6/29/16
Abe and Obama
Abe and Obama
(image by Author)
  License   DMCA

Sixty years ago a “Class A” war criminal gave an address to congress in a bid to ensure that his peace-minded countrymen would not force the U.S. military from his homeland. 1,2 Nobusuke Kishi, a member of Hideki Tojo’s cabinet and a signatory to Japan’s declaration of war on America, was the top Japanese official in Japan’s annexed territory of Manchuria during a time of unspeakable crimes against humanity including mass rape, enslavement, murder of children and infants, biological experiments on civilians, including vivisection, and a beheading contest celebrated by his home country’s press.3.4,5,6,7 Arrested by the American occupation in 1945, he was freed three years later to be put back in power by the CIA so the U.S. could have a puppet government in Asia to check the growing fear of communism. Eight years after escaping the hangman’s noose that claimed some of his Class A colleagues, secret U.S. funds helped install him as Prime Minister.8 That was 1957, the same year he addressed U.S. lawmakers in Washington. When Kishi’s U.S.-sanctioned security treaty came to a vote in Japan three years later, he had the opposition forcibly removed from the voting chamber so it would pass. 9 Though the security agreement, which guaranteed large tracks of land for U.S. military bases, become law, it was so unpopular with the Japanese masses that Kishi was run out of office. 

六十年前「A級」戦犯(に問われた)者が彼の平和に心を傾ける同胞は合衆国軍が彼の国から追い出すようなことをしないと保証する原質を与える為に議会で演説した。東条英機の閣僚でアメリカへの宣戦布告に署名した岸信介は大量婦女暴行・奴隷化・子供と乳幼児殺害・市民に対する生物兵器実験を含み、彼の母国の報道で祝われた生体解剖や首切り競争を含む言語に絶する人道に対する罪の時代の日本の満州地域併合時の日本のトップの役人であった。1945年アメリカ占領軍に(彼は)捕らえられが、三年後合衆国が共産主義の増大する脅威を止める為アジアに傀儡政府樹立できるよう中央情報局によって権力の座に付けられた。八年後、彼と同じA級先般の同僚を奪った絞首刑執行者の輪縄から逃れ、合衆国秘密財源に助けられて彼は首相の座に据えられた。それは1957年だったが、同年彼はワシントンで合衆国議会議員に向けて演説した。三年後岸の合衆国裁可の安全保障条約の投票が日本で行われることになったが、かれはそれが可決されるように反対者を投票する議事堂から力の強制力で排除した。土地の大きな部分を合衆国基地にすることを保証した安全保障が法律となったその同意は日本の大衆にとってあまりにも不人気だったので岸は(首相の)職から逃亡した。

Last year, Shinzo Abe, the current prime minister of Japan, who happens to be Kishi’s grandson, made his own speech to congress in a bid to shore-up support for amending Japan’s U.S. written constitution that “forever renounce[s] war as a sovereign right of” the Japanese people.10, 11, 12 Although the move to allow the Japanese military to once again wage war is opposed by the majority of the Japanese population, the Obama administration has given Abe its full support. 13,14,15,16

昨年、現在日本の首相である安倍晋三は、たまたま{運命?命令?)岸の孫だったが、日本の「主権国家としての権利(戦争)を永遠に放棄する」合衆国執筆日本国憲法を変える支援を強化する約束の演説を(米国)議会でした。

Here lies the tragic irony of Obama’s visit to Hiroshima. Upon receiving the Nobel Peace Prize, the President lamented, “The capacity of human beings to think up new ways to kill one another proved inexhaustible,” and again in Hiroshima he opined, “Science allows us to communicate across the seas and fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos, but those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.” 17,18

ここにオバマのヒロシマへの悲劇的な皮肉がある。ノーベル平和賞を受けた時、この大統領は「人間がお互いに殺しあう新しい方法を考える能力は無尽蔵であることを実証した。」と嘆いたが広島で彼は又「病を治し宇宙を理解する為に海を越えて通信使雲を超えて飛行することを可能にする科学は、その同じ発見の数々を今までよりも更に能率的に殺す機械に転換できるのである」との見解を述べたのである。

Such statements made by a president who believes that “Our actions matter, and can bend history in the direction of justice (peace prize speech),” may lead one to ask, “How was justice served by placing a Class A war criminal head of state? 19 Where can one find justice in supporting his grandson’s renunciation of Japan’s “peace constitution?” Where is the justice in the recent authorization of U.S. weapon’s sales to Vietnam? 20 Where lurks justice in a massive assassination campaign, replete with abundant “collateral damage,” via drones? 21 Where can one read justice in the recently released UN report that 65.3 million people were displaced from their homes in 2015 by conflict or persecution, an all-time high?” 22 And most frightening and contradictory of all, “What direction is justice heading in the redesigning our own nuclear stockpile into ‘more efficient killing machines?'”

「我々の行動は重要であり、正義の方向に歴史を曲げることが出来る(平和賞受賞演説)」と信ずる大統領によるそのような言明は人に次のように問わせる、「A級先般を首相に据えて如何にして正義が達成されるのか?」、「彼の孫が日本の「平和憲法」を放棄するのを支援することに誰が正義を見出せるのか?」、合衆国の最近のベトナムへの兵器販売許可のどこに正義があるのか?ドローンでの豊富な「付随損害」に満足する大量暗殺キャンペーンにそもそも正義があるのか(ペテンではないか)?紛争や迫害で2015年に自らの家を追われ路頭に迷う6千5百30万の人々、史上最高、という最近明かされた国連報告に人は正義を読み取れるのか?そして何よりも最も恐ろしく矛盾することは「我々の核備蓄の”さらなる効率的殺傷兵器”への再設計は正義が如何なる方向へ向かうのか?

Meet bomb B16 Model 12, the first precision guided nuclear weapon with a “dial a yield” setting which allows for the adjustment of its “explosive power.” 23General James E. Cartright, former head of the U.S. Strategic Command and a retired vice chair of the Joint Chiefs of Staff, and former Defense Secretary William Perry have respectively stated that such weapons make their use “more thinkable” and raise “the possibilities of a ‘limited nuclear war.'” 24

Standing with Shinzo Abe at Hiroshima’s Peace Memorial Obama proclaimed:

[I]n the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity’s core contradiction. How the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our toolmaking, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will — those very things also give us the capacity for unmatched destruction. How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily we learn to justify violence in the name of some higher cause. 25

He would know.

Sources

1. America’s Favorite War Criminal: Kishi Nobusuke and the Transformation of U.S.-Japan Relations:http://www.jpri.org/publications/workingpapers/wp11.html

2. Japanese protest security treaty with U.S. and unseat Prime Minister, 1959-1960: click here

3. NOBUSUKE KISHI, EX-TOKYO LEADER: click here

4. America’s Favorite War Criminal: Kishi Nobusuke and the Transformation of U.S.-Japan Relations:http://www.jpri.org/publications/workingpapers/wp11.html

5. Reporting from Shanghai since the 1930s: http://www.johngittings.com/id65.html

6. Unmasking Horror — A special report.; Japan Confronting Gruesome War Atrocity:http://www.nytimes.com/1995/03/17/world/unmasking-horror-a-special-report-japan-confronting-gruesome-war-atrocity.html?pagewanted=all
7. The beheading competition: http://forum.axishistory.com/viewtopic.php?t=117063

8. America’s Favorite War Criminal: Kishi Nobusuke and the Transformation of U.S.-Japan Relations: http://www.jpri.org/publications/workingpapers/wp11.html

9. Japanese protest security treaty with U.S. and unseat Prime Minister, 1959-1960: http://nvdatabase.swarthmore.edu/content/japanese-protest-security-treaty-us-and-unseat-prime-minister-1959-196010. Shinzo Abe Bets on America’s Fading Memories:http://www.theatlantic.com/international/archive/2015/04/shinzo-abes-bet-on-americas-fading-memories/391814/

11. Japan’s Leader Has Little Use for Hiroshima’s Lessons of Pacifism: click here 12. Japan: Article 9 of the Constitution:https://www.loc.gov/law/help/japan-constitution/article9.php 13. Japanese PM’s plan to allow troops to fight overseas angers voters: click here 14. America’s Military Pivot to Asia: Obama Wants Japan to be “Able to Wage War” against China: http://www.globalresearch.ca/americas-military-pivot-to-asia-obama-wants-japan-to-be-able-to-wage-war-against-china/535734915. Hagel Welcomes Japan’s New Collective Self-defense Policy:http://www.defense.gov/News-Article-View/Article/602808/hagel-welcomes-japans-new-collective-self-defense-policy16. Shinzo Abe Eyes End to Pacifist Japan’s Ban on Overseas Combat:http://www.nbcnews.com/news/world/shinzo-abe-eyes-end-pacifist-japans-ban-overseas-combat-n10620117. Remarks by the President at the Acceptance of the Nobel Peace Prize: click here 18. Text of President Obama’s Speech in Hiroshima, Japan: click here 19. Remarks by the President at the Acceptance of the Nobel Peace Prize: click here 20. U.S. Lifts Arms Embargo on Vietnam: click here 21. Obama-led drone strikes kill innocents 90% of the time: report: http://www.washingtontimes.com/news/2015/oct/15/90-of-people-killed-by-us-drone-strikes-in-afghani/22. Global forced displacement hits record high: http://www.unhcr.org/en-us/news/latest/2016/6/5763b65a4/global-forced-displacement-hits-record-high.html23. ‘Modernizing’ the Opportunities for Nuclear War: http://www.huffingtonpost.com/lawrence-wittner/modernizing-the-opportuni_b_9005600.html 24. Ibid 25. Text of President Obama’s Speech in Hiroshima, Japan: click here

View Ratings | Rate It

The views expressed in this article are the sole responsibility of the author and do not necessarily reflect those of this website or its editors.
Advertisements


毎日放送VOICE 与良正男 参院選大阪選挙区の激戦を語る&ABCキャスト 二木啓考 都知事選を語る by limitlesslife
June 30, 2016, 12:58 pm
Filed under: Uncategorized

 永岡です、毎日放送VOICEで参院選大阪選挙区について報告があり、また朝日放送のキャストで、都知事選ゴタゴタについてお話がありました。

まず、VOICEの内容、参院選大阪選挙区は、定員が4人になり、ここに9人が立候補する激戦であり、注目はおおさか維新の会が二人も立てていることであり、新人の高木氏はもともと大阪市議で、大阪徒構想反対の急先鋒であったのが、維新に鞍替え、維新だから改革が出来ると言い、他方、現職の浅田氏は、徒構想の生みの親であり、それを妨害した高木氏に内心快く思っていないものの、選挙の広報では松井代表とともに、選挙カーに浅田氏、高木氏も立っているのです。

自民は元官僚の松川氏を擁立して、安倍総理も協力にプッシュしており、何としても、トップ当選としており、公明は、石川氏を擁立、前々回(2010年)は公明がトップで、それの再来を狙っています。

他方、野党は、民進党の岡田氏は、おおさか維新の会は自民の補完勢力と批判して、大阪では現職の尾立氏を立てて、さらに共産党も、1人区では共闘していますが、大阪では新人の渡部氏を立てて、結カフェなどで知名度の浸透を図っています。

この他、こころの党?の候補は北朝鮮拉致を問題として、さらに、諸派2人の9人が立候補し、前々回の2010年は公明、自民、民主党(当時)の3人が当選し、前回(2013年)は維新がトップで、自民、公明、共産が取り、民主党(当時)は落ちており、しかし、全国でも維新が複数立候補は大阪のみであり、毎日新聞の与良正男さん、大阪選挙区に注目されて、憲法改悪は争点になっていないものの、自公+維新+こころで2/3を取れば確実に憲法改悪の発議がなされると指摘されて、そして維新が二つ取るかは注目で、結局自公の補完勢力である維新が、議席と、比例の票を大阪でどれだけ取るかが大いに注目される(つまり、憲法改悪は維新の動向に左右される、自公のみで2/3は困難であり、こころもそれほどの勢力ではなく、維新の数が選挙結果でものを言う)と言われました。

 

そして、朝日放送のキャストで、東京都知事選、自民の小池百合子氏が突然立候補し、しかし自民の都連は知らんと揉めており、これについてジャーナリストの二木啓考さん、小池氏は自民にとってバツ2(小池氏は独身ですが、政治的に)であり、都知事はダメと指摘されて、それは小池氏、今は自民にいるものの、最初は日本新党、続いて新進党、そして自由党、保守党etcと渡り歩いて、最初から自民にいなかったのでアウト&小池氏は、2012年の自民総裁選で石破氏を推しており、この点でもアウトと言われて、デイ・キャッチを聴いていたら、川柳で、「自民党 小池にはまって さあ大変」と先週キャストで大谷昭宏さんが出されたネタが使われており、失笑しました、まあ、内ゲバは、反体制側の専売特許ではなかった模様で(笑)、以上、VOICEとキャストの内容でした。

 

 



ステキなお知らせ!★デモクラTV生放送が、現在全無料放送、参議院選挙の公示から、選挙投票日までの間 by limitlesslife
June 30, 2016, 12:56 pm
Filed under: Uncategorized
M.nakata    です。
すっかり自分が疲れていて、メール発信を最近ご無沙汰しております。
皆さまステキなおしらせ情報!! ぞくぞくありますよ>>>>
ご紹介いたしますね。
先週
★デモクラTV生放送からステキお知らせが、先週25日(土)にありましたよ!!>
何時も放送を興味深く、いろいろ考え学ばせてもらっております。
***<<拡散どんどん歓迎です>>**********************
★デモクラTV生放送が、現在全無料放送、参議院選挙の公示から、選挙投票日までの間
 生中継・他の録画放送も、<★全放送無料で>、みなさま全部誰でもご視聴できますよ。★
 ぜひ、ご視聴くださいね!!!ぞくぞくと
=======================================
NHKも、民間TVも、ほんとうに、事実をニュースも、情報を大本営。伝えない。
ほんとうに、ドンドン、情報の劣化!。日本はあまりにもひどくなっていますよね……..
_______________________________________________________________________________

第24回参議院選挙期間中、デモクラTVを無料公開します。
ストリーミング、アーカイヴを含めて、
6月22日から7月10日まで、いつでも、だれでも、
ご覧いただけます。
ぜひお知り合いの皆様にお伝えください。
また、SNSなどで、広めていただければ
大変、助かります。
最近
次の次には、野党政権を樹立しましょう。
ジャンル:ネット
2016/06/28 に公開(初回放送・2015年3月22日)

★保守とは何か… 2回目は長老・亀井静香さんが登場!「晋三よ、国滅ぼしたもうことなかれ」…魂の叫びをじっくり伺います。出演: 早野透 升味佐江子 ゲスト:亀井静香 デモクラTV初回放送・2015年3月22日

他、いろいろありおもしろいです。
”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
Click here to Reply or Forward


辞任するのは違憲「クーデター」を強行している安倍晋三首相である・ 防衛費に関する一考察 by limitlesslife
藤野保史氏の発言
>「言い過ぎはともかく、半ば真実を突
いているのではないかと思う」
みなさん竹内さん
お疲れさま 同感です。
辞任しなければならないのは
安保法制(戦争法)違憲「クーデター」を強行した
安倍晋三首相です。
今も戦争は狂気、
日本が創り出した特攻隊・自爆テロを防げていません。
  (石垣敏夫)
    以下転載
防衛費に関する一考察
皆さま
NHKの日曜討論会で「防衛費は人殺しの予算」発言をしてた
藤野さんの辞任に関して各誌は下記のように報道しています。
野党共闘を実現させるという大同目的が最大の理由にあるよう
に思えます。友人からは「言い過ぎはともかく、半ば真実を突
いているのではないかと思う」というメールが届きました。
憲法9条を持つ日本が、防衛費の問題を聖域化してよいのか、
年間5兆円ほどの防衛費にはオスプレイの購入費も含まれます
し、防衛(軍事?)産業にはタックスヘイブンで税金逃れをし
ているような大企業もあるはずです。大学無償化は3兆円で実現
します。どうも解せないものを感じさせられます。
アベ政治により防衛費は増大する傾向にあります。軍事大国化の一途のように
思えて仕方ありません。やがては、戦争法解禁で海外で武力行使する費用も防衛費で
賄われる日が近いように思えます(今回の選挙結果にもよりますが)。
週刊朝日が防衛費を憂慮する記事を掲載しています。
竹内憲一
___________________________
コメント:Takeshi Ohmori 藤野氏は「防衛予算は人殺しの予算」などとは一切発言していない。討論会の発言は「人を殺す予算」よりは人を支え…と述べたのが正確。その「人を殺す予算」が何をさすかは、その後の藤野氏のコメントにあるように海外派兵、専守防衛の範囲をはるかに超えた戦闘機などであることは明らかだ。藤野氏の発言を「防衛予算は人を殺す予算」と結びつけたのは、討論会の公明党出席者。以後、藤野発言は「防衛予算は人を殺す予算」として一気にネット、メディアを駆け巡った。言葉が足らなかったことは明らかでその点、残念極まりないが、実際はこういうことです。
重ねて書きますが、藤野氏は防衛予算あるいは軍事予算が「人を殺す予算」などとは言っていない。
Toshiyuki Shirakawa 日米軍事ガイドライン、日米共同作戦、アフガン、イラク戦争で給油したのは、米軍支援でイラクの国民を殺したとも言える。続き集団的自衛権行使。海外で人殺し作戦に参加することになる。人殺しの予算である。
一方、災害列島の派遣の自衛隊が国民の苦難解決に働いたことも事実。日本では、災害派遣部隊として消防、警察他があるが、自衛隊に任務を負わしてきた歴史があり、自衛隊を国民に認知させることも政府が一貫してやってきたこと。
今の政府には出来ぬが、国内国際救助隊のプロや、沿岸警察に再編して、自衛隊は縮小して行くのがいい。
https://www.facebook.com/akihiro.nishizawa.5/posts/850491795055126?comment_id=850861195018186
公金(国民の血税)を戦争(殺人など最悪罪悪)予算を止め平和(福祉・教育など最善全体健全)予算に代え、戦争法を止め平和憲法を守り、公金は公共の為にのみ使い舛添・安倍などの私生活費に使わせるべきでない。これはアベノクー・センソウトウ対オールジャパン・オールライフの問題。
______________________

 <軍事予算について> 佐々木けんしょう大明神の御言葉

軍事予算をめぐってさまざまな議論がありますが、日本の軍事費のかなりの部分は、兵器の調達に充てられています。それは、どのような性格をもっているでしょうか。

 第一に、兵器は、個人消費のためでなく、人間を殺傷し器物を破壊するために供されるものです。これは、他の生産物と根本的に異なる点です。
兵器は、殺害手段であり破壊手段であり、殺害と破壊のためのシステム(兵器体系)です。ですから、軍需産業は国民から「死の商人」と言われることをもっとも恐れ、その特異な体質を隠蔽しようとします。
たとえば、軍需物資の生産は「国民の生命と財産をまもるため」「経済に波及効果がある」などと偽りの主張を繰り返し、官民あげて“虚偽宣伝”に力を入れるのです。

第二は、兵器は私的企業において生産される商品のひとつではあるけれども、それは自由な取引、自由な市場を目当てにしたものではなく、主として国からの注文によって生産されるものであるという点です。
すなわち、品目、生産数量、価格などが事前に決められるという得意な取引によって、軍需産業は利潤を得ることができます。軍需産業は、国によってあらかじめ高利潤が保障されている産業といえます。
しかしそれは、予算という制約を受けていますから、財界・軍需産業は、その制約を突破するため、市場拡大(軍拡)を求めて政権との癒着を深めるのです。

第三に、軍需物資調達の国家資金(軍事費)が増大すれば、財政上の配分をゆがめ国民に必要な社会保障・福祉を圧迫します。
社会的には、不生産的浪費を拡大し、正常な社会的生産の拡大再生産に否定的な影響を与え、国民経済の均衡ある発展を阻害します。
また、秘密保護の態勢をつくりあげ、国民の知る権利を否定し民主主義を圧殺する傾向を強めます。

「軍事生産の理論問題」については、木原正雄『日本の軍事産』(新日本出版社、1994年)第1章、等が参照になります。

軍需産業が、その市場を拡大し高利潤を獲得するため長年にわたって執拗に求めてきたのは、①軍事予算の増額、②武器輸出の推進、③宇宙軍拡でした。

この3点に関する従来の制約は、第二次安倍内閣によって取り払われつつあるのです。

https://www.facebook.com/



朝日放送おはようコール 木原善隆が森山大臣金銭スキャンダルと都知事選ゴタゴタを語る   by limitlesslife
June 29, 2016, 1:01 pm
Filed under: Uncategorized

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝はABCコメンテイターの木原善隆さんのお話でした。

今朝の朝刊一面トップは、朝日は下宿生の投票(選管の判断が割れる)、読売はイギリスとEUの対立、毎日と日経は出光創業家が昭和シェルとの合併に反対、産経は中国機の攻撃動作です。

 

自民森山農水大臣が、TPPを巡り業界団体から金を受け取っていたと、これは昨日発売の週刊朝日の報道であり、またも政治と金の問題、森山氏ら5人は養鶏協会の会長から合計80万受け取り、当時森山氏はTPPの担当で、20万は餞別であると釈明し、2月に返金したので問題ないと釈明し、また政治と金のことで、違法ではないと言うものの、養鶏協会が20万を森山氏や、西川氏らに渡して、なぜ餞別を渡したのか、TPPで卵が対象外になるようにと工作した可能性があり、政治資金規正法では国から補助金の出ているところからの献金はアウトでもこれは法律の例外で、菅氏も返金したから問題ないと言うものの、木原さん、金を受け取ることへの倫理観が問われて、西川氏は自民のTPP対策で、本丸に金を渡して、餞別として受け取るべきではなく、いかなる団体からも受け取るべきではないし、違法ではないと言うものの、政治資金規正法はザル法であると舛添氏問題で立証済みで、政治資金パーティーをしておいてこんな献金をもらえるのは問題、こんな言い訳は通じないと言われました。

 

東京都知事選、ポスト舛添を巡り候補が一人も現れず、自民都連は何人かの名前を挙げて、村木厚子氏、橋下氏、小池百合子氏らが挙がる中、石原伸晃氏もあるものの、総務省の前事務次官桜井氏が有力と言われて、本人は否定しているものの、行政手腕はあるとして、都連は説得を続けて、さらに無所属で東国原氏が出ることもあるというのです。民進党も候補は決まっていません。

これについて木原さん、決め手は後出しじゃんけんで、これまで当選した人は全員最後に名前を挙げた人であり、木原さん、桜井氏は自民として出てほしく、出ざるを得ない状況を作り、民進党の候補もあり、後出しじゃんけんが勝利の決め手と言うのは問題、有権者も短い期間だと分からず、アメリカ大統領選は1年かけて周知し、こんな後出しじゃんけんで候補を出すからいい加減な人が知事にいつも当選するのだと言われました。

 

トルコ・イスタンブールの国際空港で爆発(日本時間の朝4時発生)、銃撃により10人死亡であり、けが人も多数(CNNによると60人)出ており、自爆テロの模様で、ロンドン、パリに続くヨーロッパ3番目の大きさであり、トルコではテロも過去にあり、木原さん、トルコは中東のキーポイントで、今の政権がテロを強権的に押さえてそれが逆にテロを誘発し、中東の安定を示す(トルコが不安定だとヨーロッパにも影響する)ものだと言われました。

 

東京での高齢女性のバラバラ殺害事件、木原さん、謎が多く、犯行現場は特定されて、防犯カメラがたくさんあり映っている可能性があり、警察はそれを解析していると言われました。

 

産経の記事で、大阪でさようならを若者が使わないというもの、スタジオでも使わないとの声があり、木原さんもお疲れさまであり、小学校では使っても日常では使わないと言われて、毎日の記事で、移民排斥がイギリスで相次ぎ、移民へのヘイトクライムが続発し、ポーランドの方へ帰れとかあり、木原さん、国民投票でパンドラの箱を開けてしまい、フランスの極右も伸びて、それをもたらしたのは民主主義の点で、民主主義を考えることになると言われて、朝日の記事で、遺伝子検査で乳がんが分かると言うもの、木原さん、親族はガンになりやすく、ガンは早期発見が大事であると言われました。

 

 



7/4(月)連続学習会「TPP寺子屋 そうだったのか!TPP」第3回 「投資と労働」 by limitlesslife
June 29, 2016, 12:54 pm
Filed under: Uncategorized
紅林進です。
 
TPPテキスト分析チームによる連続学習会「TPP寺子屋 そうだったのか!TPP」
の第3回が「投資と労働」の項目をテーマに7月4日(月)に開催されますので、
ご案内を転載させていただきます。
(以下転送・転載歓迎)
連続学習会「TPP寺子屋 そうだったのか!TPP」
http://notppaction.blogspot.jp/2016/06/tpp620.html
第3回 7月4日(月) 18:30~20:30 投資と労働
◆三雲崇正(TPP交渉差止・違憲訴訟の会、弁護士)
◆布施恵輔(全労連国際局)
2015年10月に大筋合意し、
今年2月に参加国の署名がなされたTPP協定。
現在は各国内議会での批准手続きに入っています。
日本政府は署名後からわずか2か月後の4月通常国会にて、
TPP協定と関連法案の可決・成立をめざしましたが、
野党が求めた交渉経緯の情報開示に応じて
出てきたのは「黒塗り文書」。

またTPP特別委員長の西川公也氏が
自らの功績を出版しようとしていたことが発覚するなど、
まともな議論もできないまま審議は秋の臨時国会へと
先送りとなりました。

そもそも、TPP協定の全容は十分に明らかになっておらず、
また私たちの暮らしや社会への影響ははかりしれません。
「TPPテキスト分析チーム」は、2015年11月以降、
6000ページ以上もある協定文を可能な限り読み説き、
分野ごとに分析・情報発信を行ってきました。
その一環として、6月より各分野をさらに深める
連続学習会「TPP寺子屋」を開催します。

まずは7月の参議院議員選挙でTPPを重要争点化し、
そして秋の国会に向けて、それぞれの地域で
TPP批准阻止を訴えることが必要です。
多くの方のご参加をお待ちしています。

■プログラム&報告者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回 6/20(月)  農産物市場アクセスと食の安全・安心
18:30~20:30    ◆岡崎衆史(農民連国際部副部長)
◆山浦康明(TPPに反対する人々の運動、明治大学)

第2回 6/27(月) 金融サ-ビスと越境サ-ビス貿易
18:30~20:30    ◆和田聖仁(TPP交渉差止・違憲訴訟の会副代表、弁護士)
◆内田聖子(PARC事務局長)

第3回 7/4(月)  投資と労働
18:30~20:30    ◆三雲崇正(TPP交渉差止・違憲訴訟の会、弁護士)
◆布施恵輔(全労連国際局)

第4回 7/11(月) 医療・医薬品・国民皆保険の行方と「規制の整合性」
18:30~20:30    ◆寺尾正之(全国保険医団体連合会)
◆近藤康男(TPPに反対する人々の運動)

第5回 7/21(木) 政府調達と国有企業
18:30~20:30    ◆近藤康男(TPPに反対する人々の運動)
◆和田聖仁(TPP交渉差止・違憲訴訟の会副代表、弁護士)

第6回 7/26(火) 地域経済・中小企業への影響
18:30~20:30    ◆岡田知弘(京都大学、地域経済学)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●参加費:1回 800円
全回(6回)通し参加:3000円

●会場:連合会館 501会議室

会場地図はこちら   http://rengokaikan.jp/access/
●お申込みはこちら⇒ お申込みフォーム
 
〈主催〉 TPPテキスト分析チーム
〈事務局〉特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453 E-mail office@parc-jp.org


7/3(日)「アベ政治を許さない」山手線一周 うちわぶらり旅!(16:00~ 新宿アルタ前集合) by limitlesslife
紅林進です。
先日6月19日(日)にも行いましたが、「アベ政治を許さない」と書いた
「うちわ」を手に、山手線を一周する行動を、再び7月3日(日)に行い
ます。7月3日(日)は午後4時に新宿アルタ前集合です。
(以下転送・転載・拡散大歓迎)
========================
「アベ政治を許さない」山手線一周、うちわぶらり旅!
~緊張の夏 日本の夏 アベ政治を許さない~

7月3日(日)  16:00~ 新宿アルタ前集合

参加費 うちわ代として200円
※浴衣で参加される方は、無料でうちわをプレゼントします。

サイト
http://watashiga.org/tokyo/event/1274

呼びかけ: 市民グループ「私が東京を変える」
       http://watashiga.org/
後援: 憲法屋 
 
=======================