沖縄の「怒りは限界を超えた」

知人友人の皆さんへ
         杉浦公昭
 前報で添付を忘れましたので再度お送り致します。
  暑中お見舞い申し上げます。
 沖縄の「怒りは限界を超えた」
 沖縄の目まぐるしい変化の現状とそれをもたらす政治の本質に迫る
友人・毛利孝雄さんの「辺野古・高江の現場から-77」が届けられ
ましたのでお知らせ致します。
 沖縄の元海兵隊員の強姦、殺人、死体遺棄事件や、辺野古・高江の
非暴力の米軍新基地建設反対住民に対する警察による無法な強制排除
の事態を作り出している『第2の加害者』は、安倍晋三氏と日本本土
に住んでいる国民の皆さんとの指摘を深く受け止めたいと思います。

 21年前、少女暴行事件の抗議集会で仲村さんはこう訴えました。

 「…私たちに静かな沖縄を返してください。軍隊のない、

悲劇のない、平和な島を返してください。…」と。

 それから21年後の沖縄県民大会で玉城愛さんは、こう問いかけた。

 「…安倍晋三さん。日本本土にお住まいのみなさん。

今回の事件の『第2の加害者』は、あなたたちです。…」と。

 そして、掲げられたボードは、沖縄の「怒りは限界を超えた」でした。
今、真剣に命を守るため「戦争させない日本」を創り出す最先端の闘いは、
沖縄の非暴力の米軍新基地建設反対闘争です。
 お盆休みの時間を使って、添付した毛利さんの名文をお読み下さい。
                          敬具。
Categories 沖縄

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close