Global Ethics


生田弁護士の懲戒処分撤回の訴え-記者会見・「要請書」提出のお知らせ by limitlesslife
September 30, 2016, 1:57 pm
Filed under: Uncategorized
生田弁護士への「香川県弁護士会」のデッチ上げ「懲戒処分」に対する
日弁連への「公正かつ適正・迅速な審査を求める要請書」に
賛同頂いた個人・団体のみなさんへ
BCCでお送ります。

●お知らせ・報告

・「要請書」提出のお知らせ

下記の日時に「要請書」提出と記者会見を行います。
参加出来る方は、ぜひ、参加をお願いします。
また、情報の拡散をお願いします。

●日弁連への「要請書」提出日程

日時:10月4日(火)午後1時、
場所:日本弁護士連合会

東京都千代田区霞が関1丁目1番3号
弁護士会館15階日弁連(15F)
(東京高裁・地裁の向かい側 徒歩1分)
参加できる方は、12:55に会館15Fに集合して下さい。

連絡は:奥山たえこ(支援者:090-9147-8383)

●記者会見-生田弁護士の懲戒処分撤回の訴え-

内容:生田暉雄(いくた・てるお)弁護士への
懲戒処分撤回の訴え(日弁連に対して)

日程:10月4日(火)午後1:30~30分間
於:司法記者クラブ(千代田区霞が関1-1-4高等裁判所内)

03-3581-5411。東京地裁建物の2F。
エレベーターでは行けません。1Fロビーから階段をご利用ください.

当日参加者:生田暉雄弁護士、奥山たえこ(支援者:090-9147-8383)
ここの記者クラブは、どなたでも参加・傍聴出来ます。

●日弁連への「要請書」への賛同者数(9月29日現在)
個人:121人 団体:13 呼びかけ団体:5 合計:139

下記に上記お知らせなどを掲載しています
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2016/ikuta1.html

えひめ教科書裁判を支える会 奥村(文責)
***************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2@mopera.net

安倍政権の「教育再生」の問題点
教育委員会制度とは 画像13分43秒
https://www.youtube.com/watch?v=iByza-XunEQ
安倍自民党政権の「教育再生」は、憲法改悪の地ならし-資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2013/saisei.html
「原発安全神話と教科書記述-検定基準改悪」 画像5分49秒
http://www.youtube.com/watch?v=1l6SToOmnk4
えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm
憲法活用が、憲法「改悪」の〈ちから〉!
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub8.htm
****************

Advertisements


市民のための自由なラジオ(2016/9/30) こんなに危ない共謀罪を許すな! 永嶋靖久さんのお話&今中先生、甲状腺がんなどは福島だけでなく全国を調べよ&矢野さん、杉山千佐子さん追悼 by limitlesslife
September 30, 2016, 1:53 pm
Filed under: 共謀罪

永岡です、第27回市民のための自由なラジオLIGHT UP、今週はジャーナリストで新聞うずみ火代表の矢野宏さんの司会で大阪から放送されました。矢野宏の寄り添い通信です。

8/26付けの朝日に、共謀罪を安倍政権が強行と載り、今回のテーマは共謀罪と監視社会、弁護士の永嶋靖久さんのお話がありました。永嶋さんの講演が、うずみ火の主催で10/15に大阪市立福島区民センターで行われて、uzumibi@lake.ocn.ne.jp に問い合わせてください。共謀罪の危険性、もし強行されたらどうなるか、永嶋さんは共謀罪、治安法制について、盗聴法の時から10年以上かかわりを続けておられて、暮らしやすい社会から、エゲツナイ社会になりかねないのです。

前半のテーマは自由な言論を封じる共謀罪、テロ対策と言うものの、名前を変えても共謀罪、犯罪のことに話だけで逮捕されて、市民運動、労働運動も逮捕されて、刑法の基本原理を根本から変えてしまうものであり、刑法は殺人だと人を殺した者への処罰、窃盗へのものなど、犯罪=危険な行為なのに、行為ではなく、思想そのものが摘発の対象になり、殺人だと既遂のものが処罰されて、ピストルを撃ち当たったら既遂、当たらないと未遂であり、建造物損壊は未遂だと処罰されず、殺人、誘拐などはピストルを買ったら予備、準備が処罰の逮捕になるのに、共謀罪は何もせずに話し合っただけで処罰されるものであり、本来例外が5つくらいあるものなのに、共謀罪の対象になる犯罪は、拡大されて、懲役の4年以上の犯罪にされて、幅が重い方が共謀罪、10年前で600以上あり、今は700近く、厳罰を求める声でこうなり、予備は8つの殺人、強盗なのに、その前で弾圧できるものであり、建造物損壊、トイレへの落書きはこれに当たり、既遂しか処罰されないのに、共謀罪で、トイレへの落書きを相談しただけで!逮捕される、とんでもないものであり、二人以上で相談したらアウト、とんでもないものであり、上程されようとしている共謀罪、今まで3回廃案になり、今までの共謀罪とどう違うのか、新聞ではマイルドに書いているものの、組織と言っても、共謀の段階で組織だと、それも捜査機関で判断されて、さらに相談+準備が必要というのは歯止めにはならず、一人準備したら処罰されて、犯罪の可能性が高まれば逮捕できて、ATMでお金を下ろしたら適用されて、そして国民には関係ない人はなく、組織犯罪集団は犯罪を目的にしていると、捜査当局に指摘されたら当たり、悪徳企業の商品の不買を相談しただけで対象になり、大学のサークルでの一気飲みも適用されて、労組が断行するまでに社長が要求を飲むまで、としてもアウト、どころか、脱原発団体が電力会社の前でチラシをまこうとしただけで逮捕!なのです。

矢野さんは、ミニコミ新聞うずみ火を出されて、告発記事を書こうとしただけで!逮捕されて、犯罪は700以上あり、何で逮捕されるか、冗談も言えず、そして密告したら刑が軽くなり、人を信用できなくなる、社会がムチャクチャになり、他人を信用できないというとんでもない社会になり、一般の人間も無関係ではなく、テロリストや暴力団員だけでなく、労組、市民運動も逮捕の可能性があり、どころか、会話での冗談が摘発になる可能性もあるのです。

 

LIGHTUPジャーナル、今週は元京都大学原子炉実験所の今中哲二先生による福島事故の甲状腺検査見直しのことです。福島事故の健康への影響、福島の小児科医の人たちが検診を縮小するというもの、不安を減らすと言うものですが、福島県は2011年から事故時に18歳以下の子供たちに検診をして、170人に疑いとするもので、縮小の狙いは今中先生にもよくわからないが様々な先生の見解では甲状腺がんがたくさん見つかっているのは確かであり、その中で不安をあおるから縮小はおかしく、むしろもっとちゃんと検査すべきであり、さらに今中さんは福島県だけでなく、日本全体を調べるべきと言われて、被曝しているのは福島だけではなく、確定のためには他の地域との比較が必要で、またチェルノブイリの場合、今中さん20年前に調べられて、事故後に生まれた子供からは甲状腺がんはほとんど出ていない=甲状腺がんはチェルノブイリ事故のヨウ素被曝が原因と確信されて、チェルノブイリでは4年後からたくさん検出されて、岡山大学の津田さんはチェルノブイリだと2年前からと言われて、そして福島だと事故直後から子供たちに甲状腺がん1年前から確認されて、これをポイントにして、福島事故の影響でないという人もあり、スクリーニング、多く検査したという声もあるが、福島事故と甲状腺がんは関係しているという観点から今中さん調べるべきと言われて、甲状腺がんはどれだけ深刻なのか、今中さんは医師ではなく、進行は早くなく死亡率も高くないものの、子どもには多く出て、子どもには将来があり、甲状腺がんの手術を過剰診断ともいわれて、しかし矢野さんは隠されると言われて、今中さんは検査を縮小したら福島の方には不安になり、子どもも大人も病気になるものであり、福島の子供たちが病気になったら原発事故が原因なのか、福島だけでなく全国のデータを知るべきで、それに逆行するものであり、ちゃんと検査すべきで、白血病などもあるが、福島県のみでやるのはおかしく、国が福島県に丸投げはおかしく、国が日本全体を調べるべきと、今中さん締めくくられました。

 

ここで音楽、花、反戦を訴えた矢野さんの恩師、故・黒田清さんが大好きな曲で、カラオケで歌い平和の花を枯らすなと言われて、映画「ひめゆりの塔」のサントラから、石嶺聡子さんの歌によるものです。これは別ヴァージョンがyou tubeにありました。

https://www.youtube.com/watch?v=vAabMwMI2zA

 

後半のお話、共謀罪導入の狙いであり、共謀罪を新設されたのは、2000年の国連総会で、国境を超える犯罪の防止が締結されて、日本も条約に入り、条約批准のためには、今の日本の法律ではダメというのが自民党政権の言い分であり、しかしもちろん共謀罪など国境を超える犯罪対策には不要で、日弁連の調べではほとんどの国が新規法律は不要であり、自国の国内法の原則により対処すべきであり、共謀罪を作れとはなっておらず、700も取り締まる法律は不要、条約を口実にした犯罪をでっち上げであり、そもそもマフィア対策であり、国境を超える犯罪、マネーロンダリング、腐敗、汚職を取り締まるもので、テロは関係ない条約なのに、最初日本で国会に出すときに、法務省は条約批准のために要ると言っていたのが、テロ対策と言えば、東京オリンピックもあり何でもありであり、今はオリンピックのためならすべて通るものであり、目的がすり替えられてしまい、しかしテロ対策は日本の既存の法律で、明治時代からの法律で対処出来で、爆弾は未遂でも対処出来て、テロだと殺人、誘拐は予備の法律があって、だから皆さんの思い浮かべるテロへの対処の法律は今もあり、なら、共謀罪を創設する警察官僚の意図は、警察の捜査範囲、権限が拡大されて、今までは目に見えるものに警察が対処するものであり、犯罪の起こる前に、犯罪が相談だけで成立するとなると、飛躍的に警察の捜査範囲は広がり、警察ウハウハ、しかし市民や社会にはエライことであり、そして5月に当直が改悪されて、二つのポイント、今までは盗聴法は銃器、薬物など暴力団の犯罪のみであったのが、窃盗、詐欺と、市民もかかわるものが盗聴の対象であり、そしてそれまではNTTなどに行かないといけなかったのが、警察が第3者の立ち合いなしで盗聴できるムチャクチャなものになり、永嶋さんも盗聴法反対の声を10数年前から上げていた時とは危険度ははるかにエゲツナクなり、盗聴法は共謀罪とリンクして、市民の活動を警察が監視する網の目がエゲツナイことになり、そして司法取引、他人をチクったら自分の罪が軽くなるものであり、今までも密室の中で細々とやっていたものが、堂々とやれて、他人を売ることで自分は助かり、それで人が人を信用できなくなるものになるもので、ある意味密告を奨励する社会=戦時中の隣組、さらに冤罪量産になり、冤罪=犯罪を作るもので、警察がムチャクチャなことをして、監視社会になり、なぜこの時期に共謀罪を出したのか、過去3回廃案になり、共謀罪があったらいいという考えが政府にあり、そして秘密隠蔽法、戦争準備法案で世の中がきな臭くなり、改憲勢力が衆参2/3であり、憲法改悪が具体化して、それで市民、労組が戦争に反対するものを一網打尽にできる道具を政府が欲して、政府に反対する声を弾圧するものであり、秘密隠蔽法反対をテロという自民の幹部もいて、戦争に反対する声を弾圧するには、共謀罪は便利なもの=権力の暴走を許すものであり、市民運動や労組だけでなく、一般の国民にもとんでもんない、危険な法律であり、秋の臨時国会では見送られても、次の通常国会では必ず出されるものであり、これだけ繰り返し出ている共謀罪、これを使いたい政治家は多数あり、これを止めるのは、まず国会に出させない、その動きが出たら、政府、与党、法務省にこんなことを許すなというべきで、おかしいことをおかしいと言えない社会の到来を防ぐには、私たちが声を上げるべきなのです、以上、永嶋さんのお話でした。

 

矢野さんの寄り添いコラム、全国戦災傷害者連絡会の杉山千佐子さんが101歳で亡くなられて、矢野さんが杉山さん追悼で、その足跡を振り返られます。全国で初めて、民間の空襲被災者への補償を求めたものであり、軍人、軍属には補償しても、空襲での犠牲者には何の保証もなく、杉山さんはこの運動を45年間なされて、杉山さん、9/18に101歳の誕生日に老衰で亡くなられて、それを機に、矢野さん戦災の補償を問われて、杉山さんは名古屋空襲で被災し、戦後職を様々に経験されても、戦災で傷ついた身を蔑視されたこともあり、大学の寮母として落ち着いた生活になったのは50歳の時、そして1972年に全国戦災傷害者連絡会を作り、73年には補償の法律を出しても、厚生省は民間は国と雇用関係がないから補償しないといい、なら、杉山さん、自分の子供がこんな体になっても黙るのかと言われて、矢野さんは杉山さんに2007年に会われて、左目には大きな白い眼帯があり、行きつけの小料理屋で矢野さんと杉山さんは語られて、90歳を過ぎてもなぜ声を上げるのか、子や孫の世代が戦争の災害に合わないために、それがないと国は戦争で国民を潰してもいいとなり、そして亡くなられた方のためにも続けると言われて、杉山さんは2010年に東京、大阪の空襲の訴訟にも参加されて、今年6月には講演されて、国は戦時の補償をしないことを訴えて、それが公の場での最後の姿で、戦時補償なしで亡くなられた杉山さんは矢野さん、さぞ無念であった、今も、空襲の被害者が苦しんでおり、それを皆さんもぜひ知ってください。矢野さんの言葉は、後日

私(永岡)も杉山さんと、学生時代に戦時補償を求める学習会、デモでご一緒させていただきました、私も微力ながら、矢野さんたちとともに、戦時補償を求めて、この国に2度と戦争をさせないために努力します。

 

今週の放送、こんなに危ない共謀罪、悪いことをした人を取り締まるのではなく、戦争準備法案強行、憲法改悪への反対する声を弾圧するために共謀罪はあり、アカンことはおかしいと言い続けることは、戦争を止めることであり、これからもおかしいことはおかしいと言い続けようと、矢野さん締めくくられました。来週は東京からの放送です。

この内容、いくらでも私に無断で拡散してください、こんなムチャクチャな共謀罪を安倍政権に悪用されたら、日本は破滅です!

 

 

 

 

Attachments area

Preview YouTube video 石嶺聡子 花



お知らせ 10.2集会「日本の危機・全国で今なぜ違憲訴訟か」 by limitlesslife
September 30, 2016, 1:50 pm
Filed under: アベノクー


「日本の危機・全国で今なぜ違憲訴訟か」

弁護士 角田由紀子 さん  (安保法制違憲訴訟・女の会)

(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)

10月2日(日)13時半開場 14時開会 入場無料

浦和コミュニティーセンター第15会議室(jR浦和東口パルコ九階)

☆ 第1回第一回さいたま地裁口頭弁論(10月26日)について

弁護士 伊須慎一郎 さん (安保法制違憲訴訟埼玉弁護団事務局長)

 原告の思い 満州開拓団・逃避行を体験して 高橋 章 さん

若い世代から  松本 翔 さん 

 

    憲法の危機にどう対応するのか  2 憲法を守る国民・市民の運動が始まった

           3 裁判と運動との連携をどう作るか 4 裁判で訴えること 

           5 東京国賠訴訟第1回期日の報告

<角田由紀子弁護士:第2東京弁護士会所属。主な著書に、『性と法律―変わったこと、変えたいこと』

(岩波新書)、『性の法律学』『性差別と暴力 続・性の法律学』(有斐閣)など。>

 

主 催 安保法制違憲訴訟埼玉の会

共同代表 倉橋綾子・白田真希・野島久美子・門奈直樹

連絡先 白田:携帯090-1702-8944 T&F 049-290-6604

石垣:090-4373-0937



ロープぐるぐる巻き事件【9月30日金曜】#高江 をみなさん見てください by limitlesslife
September 30, 2016, 1:48 pm
Filed under: 沖縄

ロープぐるぐる巻き事件【9月30日金曜】#高江 をみなさん見てください

29日木曜日は画像のとおり、とんでもない事件が、沖縄2紙の朝刊1面をかざりました。この「工事用ロープぐるぐる巻き事件」は、日本政府、防衛省、機動隊、そして尖閣だけを気にかけて基地に苦しむ沖縄への無関心を装う内地日本国民にとって、限りなく不名誉な事件です。

昨日朝、私は、
>抗議の現場(=違法伐採区域)が、クローズされた真空地帯となっているからです。地元紙、沖縄タイムスも琉球新報も、 県道70号線での阻止行動と警察の規制については、 活発に取材・報道を続けていますが、違法伐採区域の現場での取材ができていない、というのが現状です。<

と記しました。
しかし、沖縄の地元紙は昨日29日、米軍基地内の事件を初めて、提供写真、提供動画をフル活用して、勇気を振り絞って記事にしたのです。私は、沖縄タイムズさん琉球新報さんに、深く謝罪しなくてはなりません。
(記事の写し:by乱調さん)
https://twitter.com/rantyo3141/status/781307489421844480

(もっと読む)
https://www.facebook.com/naoki.tajima.90/posts/956676314434037
ni0615田島拝
https://twitter.com/ni0615



朝日放送おはようコール 中川譲が大阪万博誘致と東京オリンピック費用膨張を語る   by limitlesslife
September 30, 2016, 1:46 pm
Filed under: オリンピック

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は帝塚山学院大学客員教授の中川譲さん(元朝日新聞編集委員)のお話でした。

 今朝の朝刊一面トップは、朝日は東京オリンピック費用3兆円超え、読売は大阪万博誘致、産経も大阪万博誘致、毎日はインフルエンザワクチン供給減、日経はベビーシッター補助です。

 

 大阪万博誘致に政府が乗り出すことになり、夢洲で2025年の開催、1970年の万博の夢もう一度となるのか、人類の健康、長寿がテーマなものの、大阪の負の遺産での開催、松井知事の維新による万博誘致に安倍総理と菅長官が乗り出し、維新と官邸は蜜月関係、憲法改悪と政権維持のために官邸は維新の力を必要として、政治の思惑のもとで、誘致をパリと争うものであり、開催経費は2000億、3000万人来て経済効果は6兆ととらぬたぬきの皮算用、夢洲は空き地であり、道頓堀プール計画もスポンサーが集まらず中止、これについて中川さん、2000億で済むのか、東京オリンピックを見たら済むはずはなく、菅長官の起爆剤、1970年の万博も大阪経済の起爆剤と言われて、万博は成功しても大阪は沈没して起爆剤にはならず、1990年の花博も起爆剤にはならず、大きなイベントで大阪の経済を立て直すことはできず、そんな時代は終わり、カジノでやると言うものの、カジノと言えずIRと言い直すようなもので起爆剤にはならず、安倍総理は観光客の増大を言うが、イベントで観光客が来るのか、パリは万博誘致に熱心であり、これは大阪の振興ではなく政治力学、改憲のために維新を利用したい官邸の意図であり、関西の経済界もこれを見通して冷ややかであると言われました。

 

 コンパクトオリンピックはどこに消えたのか、小池都知事は負の遺産を都民に押し付けられないと意気込みを語り、調査チームは東京オリンピックの費用が3兆円を超えると指摘し、ハードに7600億、セキュリティに1.6兆、過剰見積もりで6300億、しかしお金は1.3兆しか見積もられず、慶応の上山氏も組織のトップがいないと指摘し、オリンピック後のランニングコストも問題であり、組織委の森氏はこれくらい出せ、IOCでも決まっていると不満であり、スタジオでも猪瀬氏が64年の施設で出来るからと招致した、無責任と言われて、これについて中川さん、3兆のツケは税金になり、まだ4年あり見直せて(ロンドン、リオでも見直せた)、それでも3兆円は小池氏の精査によるもので、森氏の言うように面白おかしくやっているのではなく、豊洲の問題も同じであり、誰も批判せず、この暴走を誰かが止めるべきであり、解明すべき問題があり、小池氏は豊洲とオリンピックの問題を抱えて、都民はこれの解決を求めており、多少の遅れをやっても見直すべきと言われました。

 

 阪南市の庄司市議、政務活動費の領収書の問題で市民団体に刑事告発され、昨日記者会見しても記者の追及に明確な答えをせず会見を打ち切り、これについて中川さん、経費の水増し請求はバブル時には民間企業にあり、しかし今でも役所、議会には残っており、これをチェックするのはメディアの責務だと言われました。

 

 産経の記事で、大阪府内の学力テストの結果が後退し、昨年は結果を入試に活用して上がったものの、文科省が入試への応用を禁止、中川さん、昨年は入試のために上がり、成績のいい県は常連で、大阪はそういうところのことを取り入れているのか、また受験競争を煽るのはどうかと言われて、毎日の記事で、中学女子が覚せい剤で逮捕されて、中川さん、覚醒剤は闇社会との接点がないと手に入らず、中学生とは深刻であると言われて、朝日の記事で、住みたい街の1位は関西圏で西宮北口になり、交通の便が評価されて、2位は夙川、芦屋は後退して、中川さん、阪神間に高級住宅街が集中して、格差が広がるのは好ましくないと言われました。以上、中川さんのお話でした。



中国の医療者が注目する日本のコミュニティケア by limitlesslife
September 30, 2016, 1:44 pm
Filed under: Uncategorized
124 中国の医療者が注目する日本のコミュニティケア

日経メディカル 2016年9月30日 色平哲郎

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/irohira/201609/548428.html

中国の「中秋節」は、「春節」「端午節」と並ぶ三大節句のひとつで、十五夜の月を愛
でながら秋の豊作を祝う。9月中旬、長野県看護大学の教授とともに、私は遼寧省瀋陽
市郊外の巨大な中国医科大学にいた。講演をした後、同大の指導教員たちと中秋の名月
を眺めながら、大いに語りあった。

中国医科大学は、軍医学校を前身として、戦後、国立満州医科大学、私立奉天医科大学
と合併して今日に至っている。中国東北地方最高の医療拠点であり、医師教育機関だ。

講演のテーマは日本の地域医療の成り立ち、現状、課題などを伝えることだった。中国
、特に遼寧省のような農村を多く抱える地方では、近年、日本の地域医療から学ぼうと
する意欲が高まっている。中国でも高齢化がすさまじい勢いで進んでいるからだ。

2013年には高齢人口(60歳以上)が2億人を突破し、総人口の約15%に至っている。長
く、一人っ子政策を採ってきた中国では、2040年には現役世代2人で1人の高齢者を支え
るようになると予想されている。日本の先行事例を何とか吸収しようと必死だ。

「日本人は日本人を信じているのですね」

日本への留学経験のある教授は、私たちの顔を見るなり、流暢な日本語で「中国は先進
国の仲間入りをする前に高齢化の波が押し寄せています。大変な状況です。互助の考え
方も定着していません。ぜひ、先生方の知見、ご経験をお話しいただきたい」と言った

「三農問題(中国の農業問題・農村問題・農民問題の総称)は、かつて日本の農村も抱
えていました。信州での医療実践は参考にしていただけるでしょう」と答えると、教授
は目を輝かせた。そして、地域医療について語ったのだが、向こうは初めて耳にする概
念のシャワーを浴びて衝撃を受けていた。それを見たこちら側もカルチャーショックを
受けた。

そもそも「地域」という言葉の意味合いからして日本とは違う。というか、土地に根ざ
した地域という概念が現代中国には欠けている。「コミュニティ」に相当する言葉は「
社区」なのだが、2000年前後に行政区画の再編が行われた際に最も基礎的なものとして
作られたのだという。内実は職場ごとに設けられていた「単位(ダンウェイ)」の色が
濃く、「向こう三軒両隣」の日本的地域性とはほど遠い。

「寝たきり」「褥瘡」「在宅医療・介護」「ケア」の実状を聞くのも初めてだったよう
で、遼寧省の医療者たちは目を丸くする。「地域包括ケアシステム」について解説する
と、ある医師はこうつぶやいた。「診療所、病院、介護施設、行政がネットワークを築
いて支えあうなんて考えたことも、聞いたこともなかった。素晴らしい。すごい。われ
われもトライしたい」。

少し間を置いて、彼は「日本人は日本人を信じているのですね。隣人を信用しているか
ら、こういう仕組みが成り立つのですよね。でも中国では……」と言葉をのんだ。「カ
ネとチカラ」への信仰がはびこっていて、「おたがいさま・おかげさまで」の精神を育
むのは難しいと言いたかった様子だ。

だが、一方で中国の可能性も感じられた。たとえば日本の「保健師助産師看護師法(保
助看法)」に相当するものは中国にはなく、看護師が必ずしも「医師の指揮下」に置か
れるわけではない。その分、看護師の自立意識が強く、地位も安定している。

医師の「上から目線」アプローチではなく、看護師がリーダーシップをうまくとれれば
、日本とはまた違った中国式のケアが育っていくのではなかろうか。そこに期待したい

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



「軍学共同反対連絡会」9.30結成会見と結成会のご案内 by limitlesslife
September 30, 2016, 1:43 pm
Filed under: 武器(製造・使用・販売・輸出・・・)

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

毎度直前のご案内となり恐縮です。9月28日のクローズアップ現代の特集
「”軍事”と大学」をご覧になった方もあるかと思いますが、防衛省が来
年度の概算要求で軍事研究への助成金を、今年度の6億円から一挙に18倍
の110億円に増大させる中、本日9月30日に市民と研究者による「軍学共
同反対」の幅広いネットワークが立ち上げられます。NAJATも参加団体と
なる予定です。

平日昼間ですが、ご関心をお持ちの方はどなたでもご参加できます。
なお、記者会見はIWJでもUstream中継されます。

<参考>
【ツイートまとめ】
2016年9月28日放送 NHKクローズアップ現代
「“軍事”と大学~岐路に立つ日本の科学者たち~」
http://togetter.com/li/1030655

———————————-

◆「軍学共同反対連絡会」結成記者会見
http://no-military-research.a.la9.jp/archives/368

市民と科学者の協同で大学での軍事研究を阻止するため、結成の記者会見
をします! ご注目ください!

日時:9月30日(金)14時~15時30分
会場:衆議院第2議員会館第1会議室(国会議事堂前駅、永田町駅)
<内容>
・日本学術会議「安全保障と学術に関する検討委員会」の議論について
・軍学共同反対連絡会結成の趣旨と今後の取り組みについて
発言:池内了(名古屋大学名誉教授)、野田隆三郎(岡山大学名誉教授)、
西山勝夫、赤井純治(新潟大学名誉教授)
参加者より 各大学・分野での動きとそれに対する取り組み、軍学共同に
対する意見など
※詳細 http://no-military-research.a.la9.jp/documents/oshirase20160910.pdf

<IWJチャンネル4でUstream中継されます>
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

———————————-

◆「軍学共同反対連絡会」結成会のご案内
http://no-military-research.a.la9.jp/archives/366

日時:9月30日(金)10時30分~12時30分
会場:衆議院第2議員会館第1会議室(地下1階)
〒100-0014 東京都千代田区永田町一丁目7番1号
最寄り駅 国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)
<内容>
・軍学共同反対連絡会結成の趣旨と今後の取り組みについて
・2016年度安全保障技術研究推進制度の応募・採択状況について
・日本学術会議「安全保障と学術に関する検討委員会」の議論について
・参加者自己紹介、意見交流

※なお、午後4時~5時30分には「軍学共同反対市民の会」呼びかけによる
「学術会議は戦争目的の研究反対の決議を守れ!スタンディング要請行動」
(日本学術会議前)も行われます。

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan