8月26日、文正仁教授「北東アジア非核兵器地帯の時だ」

皆さん

先ほどの核兵器禁止に関する投稿の続きですが、韓国の論客ムン・ジョンイン(文
正仁)教授(延世大学、廬武鉉大統領の特別顧問)も、8月26日の『原子科学者会
報』への投稿で、北東アジア非核兵器地帯が、朝鮮半島の核問題をより広範な北東ア
ジアの諸問題とともに包括的に解決する、一見理想主義的に見えるかもしれないが、
現実的な方法だと主張しています。最近の北朝鮮が要求している(7月6日)非核化条
件から考えても、十分に交渉のテーブルに載りうるアプローチだと思います。

http://thebulletin.org/north-koreas-nuclear-weapons-what-now/time-may-be-rig
ht-northeast-asia-nuclear-weapon-free-zone

日本の場合、この地域的問題と同時に、核兵器禁止条約への議論を進めるために、
日本が核兵器依存を止める条件をまず確立するというグローバルな視点からも、タイ
ムリーなテーマであると思います。
日本政府に強く要求すべきときではないでしょうか?

梅林宏道
**********************************************
NPO法人ピースデポ特別顧問
長崎大学核兵器廃絶研究センター・客員教授
(ピースデポ事務所)
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-30-27-4-1F
電話:045-563-5101 FAX:045-563-9907(事務所)
電子メール1:cxj15621@nifty.ne.jp
**********************************************

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan

Categories 核廃絶

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close