朝日放送おはようコール 小西克哉が豊洲問題とクリントン氏の健康不安説を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は国際ジャーナリストの小西克哉さんのお話でした。

今朝の朝刊一面トップは、朝日は子供引き渡し規定、読売はAI活用、毎日は特殊詐欺対策で末端にも追徴、産経は最終処分場破綻、日経は民事訴訟で支払わない場合の対策です。

 

豊洲の問題、土壌汚染対策の盛り土が行われず、内部に水が1cmたまっており、土壌汚染対策に850億使って盛り土をしてきれいな土と入れ替えたと都は公開し、しかし実際には5棟で盛り土なし、中は空洞であり、これは共産党都議団が調べて水が溜まっていたと公表、これは技術会議にて決められたもので、その議事録があり、ここの空間利用をとして提案されたもので、盛り土をせずに地下の駐車場として利用するというもので、しかし技術会議に参加した人は否定し、豊洲への移転推進派も否定的であり、これは都の職員が勝手にやった模様で、盛り土なしで空間、配管がむき出しであり、土壌汚染についても、建築士は地下水が上がったと指摘して、これについて小西さん、今小池氏が調査を命じて、誰かが意図的に考えてやったものであり、コンクリートの厚みも不足し、民家でも20cmなのに今回は10cmで手抜き、専門家会議で決めたことを官僚が無視して、官僚がばれないと思ってやっており、日本の政治だとこれは良く行われて、海外の専門家より、議会の決議より、官僚の判断が先行されてしまい、今回は小池氏が調べようとして発覚し、それに共産党の調査によるもので、マスメディアの調査によるものではないと言われました。

 

アメリカの大統領選投票まで2か月、クリントン氏の健康不安説が出て、アメリカ同時多発テロから15年、式典に参加したクリントン氏は、到着の1時間半後、途中退席して、車に乗るときに倒れそうになり、側近3人に支えてもらわないと車に乗れず、肺炎と診断されて、体調不良がアメリカでは報じられて、咳き込んでおり、遊説も中止になり、トランプ氏との討論会を控えて、トランプ氏が自分の検診結果を発表するもので、クリントン氏は過去にも病気になり、これについて小西さん、アメリカ大統領は健康が求められて、核のボタンを持つもので、大統領の健康、責任が問われて、副大統領もいるものの、日本では首相の健康はあまり言われないが、日本はトップより官僚がものを決めて、官僚の名前は出ず、しかしアメリカだとトップの健康は問題視されて、トランプ氏も言及し、クリントン氏の健康は小西さん不安、以前小西さんクリントン氏に密着し、スケジュールを組めるものの、資金集めで本音が出て失言のリスクもある、クリントン氏は高齢で、オバマ氏は40代で就任し、大統領の健康問題は争点になり、クリントン氏は優等生で、一つ問題があれば致命傷、トランプ氏は芸能人と思われてスキャンダルに強いと言われました。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close