TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ 崎山敏也 豊洲問題報告&青木理 風営法を語る、鈴木琢磨 北朝鮮を語る  

 永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ、月曜のレギュラーはジャーナリストの青木理さんでした。

 

オープニングは築地移転での豊洲盛り土問題、TBSラジオの崎山敏也さんが報告されました。土壌汚染対策で盛り土をすると言っていたのにされておらず、小池氏は都の幹部を招集しており、崎山さんスタジオでのお話であり、崎山さん、都のHPや冊子で土壌汚染対策をして、4.5mの盛り土で対策していたと言うのがなくて、コンクリートの構造などであり、都にて、豊洲の説明が違っていて、盛り土がされていなかった理由、2008年に豊洲には東京ガスがあり、ガソリン系、ベンゼンがあり、汚染は地面を総取り換えする必要があり、2m掘って捨てて、そこに新しい土を入れて、さらに2.5mの土を入れると都の専門家の会議で決まって、なされたはずなのに、されておらず、コンクリートで囲まれた伽藍洞になっており、なぜこうなったかは不明、都は配管がうまく通せないと言っているものの、最初からそういうべきであり、今の豊洲のベンゼンは基準値以下、ベンゼンは車の排ガスにもあり、土壌汚染か大気汚染かはなっており、なぜこうなったかは不明、都は配管がうまく通せないと言っているものの、最初からそういうべきであり、今の豊洲のベンゼンは基準値以下、ベンゼンは車の排ガスにもあり、土壌汚染か大気汚染かはふめい不明であり、なぜ盛り土をせず空洞になり、お金はどうなったのか、土壌汚染対策は850億、盛り土は数十億であり、これは不明瞭なお金の動きがあったのか、使われるべきところに使われておらずどうなのか、追加の工事の必要もあり、その費用はどうするのか、小池氏は予断を持たず様々なケースをと言っており、これは現時点では分からないということであり、オリンピックに間に合わない云々ではなく、徹底的に調べるべきと崎山さん締めくくられました。

豊洲問題は今日のニュースランキング1位であり、リスナーより刑事事件として処分すべきとの声があり、青木さん、責任者の名前を出すべきであり、デイ・キャッチで出しても良く、感情論先行なら豊洲延期で小池氏の立場も立つが、盛り土をしていないことがわかったらこのまま移転は無理であり、山田五郎さんの言われるように豊洲は別の用途にしないと、都民は納得しないと言われて、小池氏は公約で透明度と言い、東京は透明度が低く、しかしオリンピックを控えて時間もなく、膿を出して、そして道路はどうするのか、代替案を出すのは小池氏に難しいかじ取りであり、オリンピックが開けるのかとも言われました。

 

北朝鮮の核実験(ニュースランキング2位)、アメリカが動き、新たな核実験の準備もあり、毎日新聞の鈴木琢磨さんのお話で、鈴木さん、北朝鮮の中で起きているのは、今回の核実験後に金正恩氏が出てこず、1月の核実験時には金正恩氏の手柄としていたのに、今回はあまり金正恩氏が出ず、今回新たな実験か、北朝鮮の狙いがまだわからず、追加実験を意図して、来月で最初の核実験から10年、また党大会を36年ぶりにやるなど北朝鮮にとって今年は重要であり、核実験はメインではなく、サプライズのことを計画している可能性があると言われて、強啓さん、安倍総理が自衛隊幹部に戦争準備法案成立に関して、制度は出来て、これから血の通ったものに自衛隊ですると言うのを紹介されて、鈴木さん安倍総理は前のめり、韓国の朴槿恵氏も金正恩氏を呼び捨てにして、他方日本の対ミサイル防衛は、発射の探知もできず、つまり迎撃不可能で、安倍総理が実行あるのみと言うのは無責任と言われて、強啓さん米韓の次の打つ手について聞かれて、鈴木さん外交努力は限界で、韓国は実力行使や、韓国国内で核武装の声がさらに具体化して、国連の生命は北朝鮮に無視されて無力、ロシア、中国の動きも不明で、今回の核実験はロシアや中国に通告されているかわからず、日本は出方を見るしかなく、日本が先走ったことをしたら、北朝鮮の思うつぼと言われて、青木さん、金正日氏体制では核開発と瀬戸際外交でアメリカから引き出していたのに、金正恩氏だと核を持つことが目的と言われて、鈴木さん金正恩氏は若く後継がおらず体制は脆弱であり、核開発による時間稼ぎしかなく、青木さんオバマ政権は年内で、北朝鮮は核を持ちアメリカの新大統領と交渉するのかと聞かれて、鈴木さんその通りで、北朝鮮は核保有国と認めさせるのが目的であり、青木さん、金正恩氏の体制は金正日氏より脆弱で、しかしアメリカとの関係で、オバマ政権は年内で、その間に北朝鮮はやれるところまでとなり、中国、ロシアも含めて話し合うべきと言われて、鈴木さん、THAADも含めて、そして韓国がもっと交渉すべきであり、朴槿恵氏の強硬路線は国内からも、周辺国からも何とかしてくれと言われていると、鈴木さん締めくくられて、青木さん、緊張が緊張を呼ぶのは最悪で、韓国の強硬姿勢、日本の戦争準備法案の問題もあると言われました。

 

青木さん、巨人が負けたら良くて、そして巨人がメイクミラクルなどと言っていたものを蹴散らしてくれて感激で、市民球団の広島には親近感もあると言われて、強啓さんは短期クライマックスシリーズにベイスターズがと言われて、強啓さんはベイスターズがクライマックスシリーズを虎視眈々と狙うと言われて、青木さん、広島胴上げは家にいた人はみんな見て、広島は新しい球場で努力して、予算の少ない中で工夫した球団が勝つのは、どこそこの大都会の金満球団(巨○)の優勝より価値がある(笑)と言われました。

 

デイキャッチャーズボイス、札幌、ススキノでのスナック経営者の逮捕が相次ぎ、風営法について、青木さんのお話がありました。

青木さん、仕事柄新聞と業界紙も読まれて、全国商工新聞(週刊)、共産党系の新聞であり、面白い記事で、キャンペーン報道で、札幌のスナック経営者の逮捕、道警が指導もなく逮捕、経営者=ママの自宅を家宅捜索し、女の子が座って接待しただけで罰金100万とか逮捕はここ数年で20年、突然逮捕されて、手錠&腰縄、厳しい取り調べがあり、話してもいないことを調書に書かれてサインされて、初のお客がスマホで写真を撮るのはおとり捜査であるとも言われて、青木さん商工会に入られるママの報告で、風営法はあいまいで、ダンスで摘発された件もあり、最終的に無罪の件、時間、照明のこともあり、風営法は戦後まもなくできて、84年の改正時に付帯決議が出来て、基本的人権の尊重とされて、風俗は文化であり、ぼったくり、未成年者のことは厳しく出るべきだが、青木さん、スナックは町のオアシスで、地元のおじさんたちの憩いの場であるのに、そこにこんなことをするのはおかしく、しかし風営法の解釈は警察かやり、適用の基準は、ダンスとか歌を歌う、ゲームなどは基本的にアウトであり、しかし商工新聞のママさんのたちのコメントは、警察のエライさんもこうして接待しており、警察は恣意的な運用が出来て、上がハッパをかけた結果で、あいまいな風営法での摘発を恣意的にやるのは問題、未成年、薬物ではなく、恣意的な運用は問題で、裁判所の令状が要るのに、裁判所は警察、検察の令状を自動的に発行、警察が令状の自動販売機とすら言うほどであり、これは問題と青木さん締めくくられました、以上、デイ・キャッチの内容でした。

Categories 都政, 核廃絶

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close