Global Ethics


19世紀は「社会システム」変動の時代だ! by limitlesslife
October 5, 2016, 2:30 am
Filed under: 国家(主義)
19世紀は「社会システム」変動の時代だ!

スペインの王位継承をめぐり1833年から1876年まで
続いたカルリスタ(カルロス支持派の意)戦争。
本書の主眼は、近代国家形成過程における
「社会」と「国家」とのせめぎ合いである。
従来、旧体制から新体制、あるいは経済的には、
封建制から資本主義制への移行として単に理解されてきた
が、この戦争の特徴は、それまでの地域社会(共同体) が
変容を迫られたことにある。
とりわけ、国民国家の誕生による国民民族( ネーション)
という概念が成立し、国民主権概念が出現したこと、そして
地域共同体が旧社会あるいは旧体制の範疇に属するものと
見なされ、国民国家あるいは新体制において
地方自治体として再編されたことが、その特徴である。
そのため国民国家と市場経済のセクターによる二元構造が
つくられ、地域社会が担っていたコミュニテイとしての活動が
一時否定されたが、地方共同体はその後も消滅することなく
社会セクターとしての機能を果たしつづけることとなった。
たとえばスコットランド、カタルーニア、ケベックなどの
独立問題、
中東地域における諸国家の内戦や流動化は、改めて国民国家
の有効性を問うている。その有効性を再検討するために、
カルリスタ戦争史は一つの示唆を与えてくれる。
上記の通り、
スペインでは19世紀の国民国家の成立過程において、
地域社会は地方自治体として再編されたわけだが、
それはブルジョア的ヘゲモニー社会との妥協的施策であった。
その最大の矛盾は、農村社会をブルジョア的ヘゲモニーで
資本主義制度に包摂できなかったこと。
そして常に社会とりわけ農村社会はブルジョア的制度に
よっては完全に取り込めないものとして残ったことである。
スペインの国民国家の成立は、
帝国主義国家の成立の前段として不可欠なものであったが、
そのとき地域主義や連邦主義とのせめぎ合いが生じ、
国家と社会の対立という図式における国家主権と地域主権と
の対立は長く続いたのである。
19世紀のブルジョア革命は、本質的に
身分間における闘争ではなく、ブルジョアジーに転換した
新興ブルジョアジー内部におけるヘゲモニー争いであり、
それは地域的相違に基づく「内戦」であったのである。
本書では、国家と地域社会の相克という
19世紀スペインにおけるこの内戦に、
国家と市場、社会の3つのセクターのせめぎ合いを
問題意識として持ち、単なる旧体制から新体制への移行に
留まらないその歴史に光をあてることとなった。

http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2247-7.html

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: