Global Ethics


TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ 小西克哉 トランプ氏の経済政策は経済テロ?を語る by limitlesslife
October 5, 2016, 12:27 pm
Filed under: Uncategorized

 永岡です、昨日のTBSラジオ、荒川強啓デイ・キャッチ、レギュラーの国際ジャーナリストの小西克哉さんが、デイキャッチャーズボイスにて、トランプ氏の経済政策について語られました、TBSクラウドで公開されています。

https://radiocloud.jp/archive/dc/

 小西さん、大統領選について取り上げたく、トランプ氏の政策は外交は論議されても、経済政策は取り上げられず、トランプ氏の経済政策はTPPはやらないものの、経済テロは、ロンドンのエコノミストのシンクタンクが世界のリスク分析で、グローバルリスク予測をして、一番高いのは中国経済のクラッシュ、次がギリシャの財政危機、そして3番手にトランプ氏が大統領になる、同列で中東のテロであり、トランプ大統領はテロと同じリスクを見なされており、具体的な内容は、一番の特徴は金持ちへの減税、企業法人税も下げて、これで企業を元気にしてグローバルで経済政策を3.4%するとトランプ氏は語り、2500万/10年の雇用、賃金も300億ドル全体で大きくなり、国の税収も600億上がるというもので、クリントン氏と真逆であり、トランプ氏は富裕層を優遇、クリントン氏は富裕層から課税であり、しかしシンクタンクがトランプ氏の政策を分析して、ムーディーズはトランプ氏のやり方だと大恐慌以来の大パニック、不況リセッション、10年で100兆の赤字と指摘し、4年でGDP6%ダウン、失業者も激増していき、トランプ氏の主張と反対であり、どちらが正しいか、ムーディーズは、政府が赤字になる(税を減らす)、NAFTAをやり直す、全部の国と今までの交渉を破棄して、しかしメキシコやカナダとアメリカは関係が深く、壁を物理的に作り、さらに関税をかけたら、アメリカの零細企業が打撃を受けて、アメリカの零細企業の作ったものがメキシコで組み立てられて、トランプ氏はグローバル経済を知らず、トランプ氏の支持者が困り、これをトランプ氏の支持者は知らず、かれらはトランプ氏の吠えるのをテレビで見て喜ぶだけ、もちろん日本も無縁ではなく、日本との関税を高くして、トランプ氏のやり方でドル安=円高=ドアホノミクス破綻、ヨーロッパと日本は同じ打撃を受けて、トランプ氏はしがらみがなく、知識もないのにムチャクチャをやると締めくくられました、以上、小西さんのお話でした。

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: