Global Ethics


映画の自衛隊、変化するキャラ 背景に防衛省の協力   by limitlesslife
October 6, 2016, 7:07 am
Filed under: 自衛隊(戦争参加、文民統制、・・・)

映画の自衛隊、変化するキャラ 背景に防衛省の協力
其山史晃 朝日新聞 2016年10月6日

リアルな戦闘シーンが話題になった映画「シン・ゴジラ」など、自衛隊が登場する映
画の制作に、防衛省が協力を続けている。自衛隊の活動を国民に理解してもらうのが目
的だ。シナリオに口を出すことはないというが、映画の中で描かれる自衛隊は、「模範
的な姿」に近づいてきたとの指摘もある。

多摩川の河川敷を走り、ゴジラに砲撃を加える最新鋭の10式戦車、市街地上空を飛
び、精密誘導弾で爆撃するF2戦闘機……。シン・ゴジラでは、自衛隊が実際に使って
いる装備を駆使し、ゴジラを攻撃する。

映画を見たある自衛隊幹部は、無線のやりとりなど細部の描写がリアルなあまり、ド
キュメンタリーを見ているような錯覚に陥ったという。「自衛隊の戦闘シーンが観客の
拒否反応を引き起こさず、娯楽として受け入れられる時代になったんだなと感じた」と
話す。

演出に欠かせないのが防衛省の協力だ。シン・ゴジラのパンフレットなどによると、
同省は施設や装備の撮影許可のほか、対ゴジラ作戦で考えられる部隊編成や装備の配置
などについて協力した。脚本の精度を上げるため、庵野秀明総監督が自ら同省に取材に
行ったこともあったという。

防衛省広報課は協力理由を「国民の生命、財産を守るために自衛隊が立ち上がる姿を
描いており、自衛隊の信頼向上につながるありがたいシナリオだった」と説明する。

同省によると、記録のある1989年からこれまでに制作に協力した映画は47本。
協力は無償だ。協力の可否は、内容の健全性や妥当性、国防の大切さの理解促進につな
がるかといった観点から検討され、最終的に防衛相が承認する。広報課の担当者は「こ
ちらからシナリオに口出しはしないが、やりとりをするなかで、協力を得たい制作者側
が自発的にシナリオを変更することはありえる」と話す。

■専守防衛を批判する場面も

自衛隊と映画の関係を研究してきた筑紫女学園大学の須藤遙子(のりこ)准教授(メ
ディア論)の著作「自衛隊協力映画」などによると、防衛省の制作協力は東西冷戦が終
わった89年から本格化した。阪神大震災や地下鉄サリン事件で自衛隊の活動が注目を
集めた95年には、防衛庁(当時)が協力した4作品が相次いで公開された。

その一つ、「ガメラ 大怪獣空中決戦」では、それまでは敵に倒される脇役が多かっ
た自衛隊が怪獣を撃退する場面があり、特徴的だという。

翌96年の「ガメラ2 レギオン襲来」では自衛官が主役となり、自衛隊が政治の統
制を受ける場面が頻繁に描かれる。須藤さんは「ガメラ2は、その後の自衛隊協力映画
の原型。この時期から自衛隊が現実に即して描かれるようになった」と指摘する。

自衛隊は2001年の同時多発テロ後は、インド洋やイラクにも派遣され、存在感を
増した。東アジア情勢の緊迫で03~04年には有事法制の整備も進んだ。その後に公
開された「亡国のイージス」(05年)や「ミッドナイトイーグル」(07年)には、
北朝鮮を連想させる国や元工作員のテロリストも出てくる。

この前後から、「自衛隊協力」は映画の宣伝材料になり始めた。また、日本の防衛政
策へのいらだちを表すセリフも登場するように。「亡国のイージス」には、反乱を起こ
した自衛隊の幹部が「撃たれる前に撃つ。それが戦いの鉄則です。それができない自衛
隊に国を守る資格はなく、それを認められない日本に国家を名乗る資格はない」と言い
放ち、専守防衛を批判する場面がある。

そして、11年の東日本大震災と福島第一原発事故を意識して作られたシン・ゴジラ
。危険を承知で作戦に赴き、震災後の日米の「トモダチ作戦」を連想させる米軍との共
同作戦でゴジラに挑む姿が描かれている。

内閣府の世論調査では、自衛隊に良い印象を持っている人の割合は、自衛隊が映画制
作協力を本格化させて間もない91年は67・5%。だが、15年には過去最高の92
・2%を記録している。

■「英雄的な描写、許容する風潮」

須藤さんは「防衛省が協力した映画では、自衛隊は善玉として描かれるのが前提。強
くて優しく、法律を守るという模範的なイメージに少しずつ近づいてきた。シン・ゴジ
ラはその路線の集大成」と話す。度重なる北朝鮮の核実験やミサイル発射、中国の海洋
進出などを背景に、英雄的に描かれる自衛隊を許容する風潮は強まるとみる。「メディ
アリテラシー(メディアの特性を理解して情報を見極める力)を持って楽しむ必要があ
る」

映画に詳しい慶応大学の片山杜秀教授(政治思想史)は「テロや大災害に立ち向かう
中で、自衛隊は着実に市民社会に受け入れられてきた。映画の中の自衛隊は、国民意識
の変化、それへの映画産業側の対応、自衛隊の存在意義を示したい防衛省の思惑が相互
に作用した姿と言える」と分析する。(其山史晃)

■防衛省が協力した近年の主な映画

「日本沈没」「俺は、君のためにこそ死ににいく」「ミッドナイトイーグル」「マリ
と子犬の物語」「空へ―救いの翼 RESCUE WINGS―」「聯合艦隊司令長官
山本五十六」「永遠の0」「図書館戦争」「名探偵コナン 絶海の探偵」「大津波
3.11 未来への記憶」「日本のいちばん長い日」「図書館戦争 THE LAST
MISSION」「シン・ゴジラ」

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: