島袋文子さんに対する告訴について

島袋文子さんに対する告訴について

みなさま
10月8日の土曜大行動集会で山城ひろじさんは、
辺野古・高江のたたかいのシンボルともいえる、87歳になる島袋文子さんが、
任意の取調べを受けることについて語りました。

島袋おばあが暴行容疑で告訴され、
それにもとづく弁護士同伴での任意の取調べが、
10月21日金曜日、14時から名護警察署で行なわれるそうです。

島袋おばあは、車椅子で高江のヘリパッド建設抗議行動に、
連日のように参加してます。
集会では、このような高齢者に対するいわれなき弾圧に対して、大きな怒りの声が上がりました。
21日は、13時から1,000人規模の名護署前抗議集会が開かれる予定です。-

島袋文子さんに対する告訴について(その1)
https://www.facebook.com/naoki.tajima.90/posts/965109433590725?pnref=story
島袋文子さんに対する告訴について(その2)
https://www.facebook.com/naoki.tajima.90/posts/965109600257375?pnref=story1、10月21日の任意しらべ
2、告訴人和田正宗とは
3、経過
4、和田の最近の弁明
5、5ヶ月たって県警・地検が動いた

===
◆ツイキャスまるちindex 高江・辺野古関連
http://cocode.chu.jp/live1/
◆沖縄タイムス辺野古・高江取材班
https://twitter.com/times_henoko
◆東・高江 N1裏のテントから
https://twitter.com/takaetent
◆やんばる高江 支援便利メモ
http://twitdoc.com/upload/ni0615/takae-memo.doc
◆ #高江 地図たち
http://twitdoc.com/upload/ni0615/takae-maps.doc
===

ni0615田島拝
https://twitter.com/ni0615
https://www.facebook.com/naoki.tajima.90/
____________________________
島袋さんの活動と主張のあり方は、映画等で拝見してきましたが、87歳の島袋おばあが、暴行をわざわざ自らするでしょうか?
国家のゴリ押しに対し、触るだけでも、あるいは、暴行されるのを防ぐために、正当防衛で自らを守ろうとしても、暴行とされるのでは、「国民主権」が泣きます!!
命と暮らしを守ろうと、「国家」権力に抵抗する「国民」の人々が、こういう形で貶められる事実が痛切にわかりました。
福島原発事故後の経産省前テントの撤去、以前TVで放映された、三里塚闘争の農民の必死の抵抗を思い起こしながら、他にどうやって民の主張ができるのか?
国家に問いたいです。
小林多喜二の「蟹工船」の時代から、殺されはしない時代になったが、
警察はなんのためにあるのか?国民の安全を守るのではないのか?
本質的には、まだ同じ道筋にいるのではないかと思いました。
三里塚の時は、大大的にTVなど報道されていましたが、沖縄の人々の闘いは、ほとんど本土でTVなど報道されないのは、どうしてでしょうか?!
それどころか必死に報道する沖縄二紙の報道に対し、政府が圧力をかけるのは?自由民主党ではなく、「不自由非民主党」です。
公明党は正大公明の意味と紛らわしく、コシギンチャク・コウモリ党・ごまかし党ではないか?
本当にこういう事態に何の調査も起こさないのか?
都知事辞任も、豊洲も、大きな問題になると、公明党は追求する立場にガラリと変わり、大きくならないなら一緒に選挙応援している?
各政党にこういう現状に対し、国民の立場に立つのかどうか要請したいと思います。
また根本的にはアメリカ追随・大企業経済との癒着、軍用経済への意欲があるように思います。
ささやかな学習会ですが、以下のチラシを添付します。沖縄問題も学習や連帯活動をしていかねばと思いました。
 watanabe, k.
____________________________
Attachments area
____________________________

白樫さま

高江の1日はとても濃い1日だったようですね。

お疲れを早くとってください

ni0615田島拝

_____________________________
渡辺様
お返事ありがとうございます。

沖縄について報道されないこと、
本当に徹底してますね。
確かに全国紙が取材班を出すには、お金がかかりますが、
系列ネットが、TVでも新聞でも在るのですから、
報道できないはずはありません。

さいきん、朝日の論説で
99%による1%の無視を嘆いたそうですが、
自覚だけはしているようです。

報道機関が
「最大多数の最大幸福」を追求するとどうなるか、
その欠陥が露呈しています。

とはいえ、
沖縄にも多重構造があり、
先島諸島の新聞は
本島のタイムス。新報に反発し、
自衛隊誘致に走って右傾化してます。

沖縄の世論の多数は米軍基地反対ですが、
ほとんどが物言わぬ人たちで、
「力」としては脆弱なのか強力なのかすらわかりません。

進駐米軍と結託するウヨクが
ごく少数ですが、
オスプレイファンクラブ等と自称して
国道県道でもネット上でも胸を反らせて闊歩しています。

オール沖縄、翁長県政の守備範囲がどこまでか、
辺野古反対までなのか、高江反対までなのか、
玉虫色で、
はっきり線を引こうとすると結束が壊れてしまいそうで、
互いにお見合いをしています。

そんな中で、
辺野古およびヘリパッド建設反対、
沖縄ならではの反基地闘争
歴史的文化としての非暴力直接闘争が、
命令系統も綱領もない
壊れようがないアメーバのような
非定形(アモルファス)運動体として
蠕動(ぜんどう)前進しています。

Categories 沖縄

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close