Global Ethics


毎日放送VOICE 大阪・吹田市での非正規雇用の雇止め問題 by limitlesslife
October 12, 2016, 11:59 pm
Filed under: Uncategorized

 永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」のミニ特集、大阪・吹田市で、非正規の職員が20年働いて、それで雇止めになった件について、解雇された非正規労働者2人が吹田市にこれを不当として提訴しましたが、今日大阪地裁は、請求を棄却して、吹田市の主張を認めました。原告は、全国で闘っている非正規雇用の人たちのためにも負けられないと語ります。

 この件について、毎日放送の奥田信幸さんが解説されて、吹田市には2500人の職員のうち500人が非正規であり、もともと非正規は、専門の技能を持った人たちをそのためだけに期限を切って雇用すべきものですが、しかし実際には派遣法により、雇止めが横行して、吹田市の場合では、1年が期限であり、それを切れたら解雇してよいというとんでもないものであり、他方、大阪府では、やはり非正規の方がいるものの、3年ごとの更新であり、そして、民間だと、非正規でも5年働いたら、正規雇用への移行が可能になり、しかし公務員だとそうではなく、これについて、毎日新聞の与良正男さんは、公務員は身分が保証されて、20年くらい前から民間に比べて恵まれているとバッシングされているものの、しかし安倍総理のいう同一労働同一賃金は、公務員は例外かと批判されていました。また、与良さん、白紙領収書のこと、法律で決めないと政治家は分からないのかと批判されていました。

 この、非正規雇用のこと、意味は違いますが、大企業が下請けに任せた場合に、安くなる=賃金が低い、というのを私もサラリーマン時代に見ており、そのために、宴会にもそのような下請けの人は呼べない(酒が入ると差別されているとして宴会が荒れる)というのを見ており、これは20年以上前の話ですが、日本の労働の現場は、差別に成り立っている、前近代的な面があり、これが「先進国」なのかと言いたくなります、以上、VOICEの内容でした。

 


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: