Click Here![PR]

 沖縄県東村の米軍北部訓練場ヘリパッド移設工事の警備中、抗議する人たちに「土人」「シナ人」などと発言した大阪府警の2人の男性機動隊員について、府警は21日、「軽率で不適切な発言で、警察の信用を失墜させた」として共に戒告の懲戒処分にし、発表した。府警が不適切発言で懲戒処分にしたのは初めて。

監察室によると、男性巡査部長(29)は18日午前9~10時、「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」と発言。男性巡査長(26)がほぼ同時刻、近くで「黙れ、こら、シナ人」などと言ったという。巡査部長は10日、巡査長は11日から現地で警備にあたっていた。

巡査部長は「(抗議する人が)体に泥をつけているのを見たことがあり、とっさに口をついて出た」、巡査長は「過去に(抗議する人に対して)『シナ人』と発言する人がいて、つい使ってしまった」と説明。2人とも「侮蔑的な意味があるとは知らなかった」と話した、としている。

府警は同日付で2人を監督していた男性警部(41)も所属長口頭注意とした。

高木久監察室長は「誠に遺憾。今後このようなことがないよう指導を徹底する」との談話を発表した。

関連ニュース

_____________

コメント:驚天動地の言い訳だ!!! 泥がついていたなら泥人だろう、抗議する人についてなら抗議人だろう、恥の上塗りをする府警も府知事も無知・無恥・無責任で辞任すべきだ(沖縄差別をする菅も安倍も)!!!!!