Global Ethics


毎日放送VOICE 憤懣本舗 大阪市で人気の幼稚園が廃園の危機! by limitlesslife
October 25, 2016, 5:06 am
Filed under: Uncategorized

 永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」の月曜企画の憤懣本舗、今日はまた大阪市の問題でした。大阪市西区、ここはうつぼ公園(ここは関西の核のメッカで、原発推進の本部、大阪科学技術センターがあるのですが)は、地下鉄で大阪の中心、梅田(キタ)や心斎橋、難波(ミナミ)に近く、そして住宅地であり、ここで子供を育てようと、子育て世帯が住んでおり、他方、大阪市ではあの橋下市長が2013年に、定員割れの幼稚園は廃園or民営化というのですが、ここの船場幼稚園は大人気であり、倍率2倍で、この幼稚園目当てに引っ越してきた子育て世帯も多いのです、ところが、この船場幼稚園が廃園の危機にあるのです。倍率2倍と人気であり、ところが、大阪市西区はこのように子供が増えて、何とこの9年で0~4歳児が9000人も増えて、それでこの船場幼稚園に隣接する船場小学校(ここは地下鉄四つ橋線の肥後橋の近くで、朝日新聞大阪本社やフェスティバルホールの近く)の定員が増えて、数年で945人、29クラスも必要になり、それで、小学校の教室が足りなくなり、そのために隣接する船場幼稚園を取り壊して、小学校を増築するというのですが、しかし、このように、子どもが増えているのに、それに対応しないのはおかしく、もちろん保護者からは批判もあり、大阪市の担当者は、子どもがこれだけ増えるとは予想しなかったと言うものですが、しかし、子育ての施設は必要で、さらに民間(私立)も含めて幼稚園は満員、だったら行政はどうすべきか、言うまでもありませんが、しかし、小学校が足りないからと、機械的に幼稚園を廃止であり、このままだと、秋の市議会で承認、2019年には取り壊しというのですが、だったら、子供たちは、どこへ、なのです

 神戸学院大学の中野雅至さんは、民間でできることは民間で、という立場ですが、これは大阪市の説明が成っておらず、子供の増えることに対応していない行政の姿勢を批判されていました。

 このような、子供の数は全国で減っている中で、増えている場所もあり、要するに子育てに便利なところは人口が増えるのですが、この、橋下氏らの、何度も民営化というのは、大阪市、大阪府は、大阪市音楽団(現オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ)や大阪センチュリー交響楽団(現、日本センチュリー交響楽団)を公営から切り離してしまい、これらの音楽の政策に関しては、大阪はオーケストラが多すぎるという意見もあるものの、しかし世界広しと言えど、公営のオーケストラを完全民営化した事例は他になく、他方、何度も繰り返すように、京都市や兵庫県はオーケストラや音楽ホールを自治体が責任を持ち運営して繁栄しており、かつては、関西のオーケストラ、音楽のメッカは大阪でしたが、今や、兵庫県立芸術文化センターが関西の中心に位置しており、そして橋下氏ら維新の台頭後、大阪の企業は衰退して、シャープの危機には橋下氏や松井氏の責任があるはずです、このままだと、大阪にはハコモノと賭場(カジノ)だけが残り、誰もいなくなった…になりかねませんが…

 この他、VOICEでは、鳥取地震、京都大学の西村卓也さんと三澤さんが調べて、震源は歪がたまっているところであり、そして南海トラフ巨大地震との関係もあり、今の大阪、南海トラフ津波にやられたら、昭和南海地震津波で大被害であったのに…以上、VOICEの内容でした。

 


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: