Global Ethics


サンテレビニュースPORT パワハラ労働問題の闇に迫る by limitlesslife
October 27, 2016, 1:47 am
Filed under: 労働(安全、・・・・)

 永岡です、サンテレビのニュースPORT、今回は、尼崎の40歳の男性が職場で怒号を浴びせられるなどのパワハラにあってうつ病になり休職、解雇であり、不当解雇の撤回を求めて大阪地裁に提訴した件です。これは2016年現在の日本での話であり、過去の、戦前の話ではありません。

 過労にて電通の女性が自殺した件もあり、この男性は自分も過労で自殺して新聞に載るのかと言われて、車内で暴力はあり、殴られて、今年11年勤めた尼崎の会社を解雇になり、解雇理由は職場での私語であり、始末書に応じず、解雇、その後鬱になり、これも解雇理由、3年前経験のない技術職に追いやられて、それも自分は習いたかったのにさせてもらえず、明日への不安を抱えて、男性は休職し、復職後差別的な扱い、扇風機だけでパソコンを、暑いところでやらされて、さらに個人的な監視カメラもつけられる、社長からののしられるなどで、新社長の就任後、社員の半分の30名が辞めて、現役社員も匿名を条件に社長のパワハラを指摘し、そして、その社長に取材を申し込んでも、係争中として取材拒否、男性の主張を事実無根として争うつもりです。

 神戸ワーカーズユニオン(http://www11.plala.or.jp/kobeunion/ )では、このような相談に乗り、さらに上司の意識改革も必要であり、先輩のフォローしきれないこともあり、人間関係でパワハラがなくなることもあると言われます。

 この男性は、うつ病にて、外出は週に1回、結婚している妻は、子どもを連れて家を出て(=家庭崩壊)、今働くと、不当解雇を認めることになり、男性は判決の日まで貯金を切り崩して、カップラーメンで生きており、仕事、健康、家族をこの男性は失い、人の人生をムチャクチャにして、このままだと会社も傾く、今からでもいい、もっと社員の気持ちを汲んでほしいと男性は言います。

 このようなパワハラは、各地で起きており、この男性は職場で倒れて救急車搬送されるなどして、このようなパワハラに、一人ではなく、対応すべきなのです。以上、サンテレビのニュースの内容でした。

 


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: