Global Ethics


傍聴受付手続拒否 損害賠償訴訟」-高裁第一回口頭弁論の概要報告 by limitlesslife
November 18, 2016, 4:33 pm
Filed under: Uncategorized
みなさんへ
重複される方、すみません。BCCで送ります。

「傍聴受付手続拒否 損害賠償訴訟」
高松高裁 第一回口頭弁論の概要報告

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

11月17日 15:00~(約30分程度)でした。
1回で結審:判決は、来年1月25日 13:10 となりました。

愛媛から高松への一日仕事になる裁判の傍聴、
ありがとうございました。
乗り合わせた車でのなかでの約6時間、
あれこれの話しもできました。

以下、簡単な報告・感想です。

●はじめに
この裁判は、地裁判決で、私は勝訴。
この判決に今治市は不服であると控訴。

ということで、
これまでの教科書裁判(約30件ぐらい)は、その地裁判決を不服であると
私たちが、控訴してきました。
しかし、今回は、これが逆転したものでした・・・、
つまり、高裁法廷では、右側の席に座るという始めての経験でした。
すると、やはり、見える風景が異なりました。

私は、法廷にはいると自然と左側の席に座わろうとしていました。
すると、そこに、今治市代理人弁護士と5名の市職員が座っていた。
私は、そのことに気付き、右側の椅子に座りました。
私(1人)対6人という陣容での対峙です。

そして、今回、はじめて、後で述べる経験をしました。

①憲法82条(公開法廷:裁判の公正さと裁判への信頼を確保する)と
傍聴者の知る権利の保障(憲法21条1項:表現の自由)として、
提出しています4つの書面から、選んだ答弁書(26頁)を、
要約(8頁 30分で述べる)した書面を用意してきました。
このことは、事前に裁判所に書面で申し入れていました。
また、前日に、電話で、担当書記官にもその旨を伝え、
当日の法廷の予定も確認し、この裁判が最後でした。
少なくとも1時間程度は、口頭弁論のための時間があります。

②上記を前提に、答弁書の要旨・証拠を、書記官・裁判官(3名)・傍聴者用を用意
し、  開廷時間までに、配布などをしていました。

③それで、冒頭で、25分から30分、配布しているものをもとに、口頭で述べたい
と吉田裁判長に求めました。

④すると、10分で述べるように求めてきました。

⑤私は、①を理由に、それに異議を唱え、当初の時間を確保するように求めました。
しかし、強権的な訴訟指揮により、10分で述べることを命じました。

⑥30分で準備してきたものを10分で述べることは、困難だ、困ったなあと思いま
した。それで、10分を「努力目標」とすると裁判長に述べて、弁論を始めました。

ア、被告今治市の控訴した理由が、如何に事実と異なる捏造理由であることを2点、
証拠に基づく正確に伝えるために、そのところは、文言を読み、
事実と異なることを証拠を示して説明しました。

イ、今治市が提出した証拠から、
傍聴受付時間を設けている各地の教育委員会では、
傍聴席に空席があれば、傍聴を認めているという事実を示し、

ウ、今治市教委は、傍聴席が空いているのに、傍聴受付手続時間を過ぎていることを
理由に、傍聴を拒否したことは、違法であり、
国家賠償法1条1項にある、国家賠償が不可欠であると結論付けて、
口頭弁論を終えました。

⑦しかし、「努力目標10分」である私の発言中も、
裁判長は、10分という時間ばかりを気にし、
10分が近づいてきたので、まとめをと、10分で終わるように、
求めてきました。

⑧約、15分ぐらいは、口頭で述べたのではないだろうかと思います。

⑨裁判長は、私には、時間の制限を求めることしかしませんでしたが、
発言を求めもしない今治市に対して、私の説明に対して、
反論はないかと尋ねました。
しかし、被告(控訴人)の今治市は、反論はないと答えると、
「これで、弁論を終了する」と結審を宣言しました。

⑩前記の⑦の私の説明が終わると傍聴席から、自然と拍手が起こりましたが、
法廷での発言・拍手をしないようにと注意するなど、
とても、強圧的な訴訟指揮に終始しました。
私は、時々、彼らの唯一のお守りである「権威」を無化するために、
「おやじギャク」で対応しましたが、当然ながら、吉田裁判長は、
理解不可能であったのでしょう、反応はありませんせした。

さてさて、判決は、どうなるのでしょうか?!

今治市の控訴理由書への反論の答弁書
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2/32/k1.pdf

附帯控訴理由書(2)
この書面には、「国民」主権における代表制の議会・委員会への傍聴の自由
憲法21条の表現の自由との関係の傍聴の自由の権利を書きました。
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2/32/k2.pdf

判決文は、下記に掲載しています。
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2/32/h.pdf

***************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2@mopera.net

安倍政権の「教育再生」の問題点
教育委員会制度とは 画像13分43秒
https://www.youtube.com/watch?v=iByza-XunEQ
安倍自民党政権の「教育再生」は、憲法改悪の地ならし-資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2013/saisei.html
「原発安全神話と教科書記述-検定基準改悪」 画像5分49秒
http://www.youtube.com/watch?v=1l6SToOmnk4
えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm
憲法活用が、憲法「改悪」の〈ちから〉!
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub8.htm
****************


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: