Global Ethics


11.20入間・野戦病院創るな!埼玉県民集会に3000人超! by limitlesslife
知人友人の皆さんへ
     杉浦公昭
平和こそ我が命
 11.20入間・野戦病院創るな!埼玉県民集会に3000人超!
                                   杉浦公昭

作日午後、絶好の秋晴れ恵まれた紅葉の美しい埼玉県の彩の森入間公園で、安保法制発動許すな!入間基地拡張ストップ!緑の森を守ろう!埼玉県()集会」が開かれました。
 これには埼玉県中から3千人を超える人々が集まって、安保法制廃止、アフリカのスーダンへの自衛隊の「派兵」反対、入間基地拡張反対などの声を上げました。

 

 集会では、多くの団体代表や市民や四野党代表の発言やメッセージが等あり、ゲストには、7月の参議院選挙で、沖縄選挙区で現職大臣を10万票の差で落選させ見事に当選した伊波洋一参議院議員から連帯挨拶がなされ、大きな拍手と歓声が湧き起りました。
 伊波さんは「この埼玉からは、かなり以前から入間川にサケを放す会の杉浦さんが辺野古や高江の座り込みに来てくれたり、沖縄に住み着いて共に闘ってくれている人など、多くの方々が連帯して闘ってくれていて感謝しています」と親しみを込めて話し始めました。
 又、伊波さんは、「日米同盟の強化は、沖縄ばかりでなく、ここ入間市に野戦病院が作られようとする等、全国的な動きであり、米国の中国封じ込めの戦略のもとに、沖縄ばかりでなく日本全体が米国にとっての、中国膨張の巨大な盾となり、ひとたび戦争ともなれば、戦場とされるでしょう。」と警告しました。

 最後に「私たち自身が国民として九条を持つこの国の憲法を守ろうという声をもっと大きくもっと力強く、語り掛けていくことにしか、私たちの平和な未来を切り開く道はないんじゃないでしょうか?

沖縄の戦後71年間の闘いは、皆さんに支えられて参りましたが、これからは、野党統一で全国が一つになって行われる様々な闘いに、私たちも共に闘っていくことを表明して、連帯の挨拶とします。」と結びました。

 集会終了後、緑の森入間公園から入間市駅までデモがあり、病み上がりの私も友達と参加し、約1.5Kmを歩き通しました。




Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: