Global Ethics


サンテレビニュースPORT 障碍者と差別(3) 305人の声 社会、メディアと障碍者 by limitlesslife
December 2, 2016, 2:15 am
Filed under: 差別(人種、民族、宗教、。。。)

 永岡です、サンテレビのニュースPORT、3日連続の特集、障碍者と差別、3回目が放送されました。このような企画は東京のキー局でもなかなかなく、サンテレビのニュースづくりに敬意を表します。

 今回は報道、メディアと障碍者であり、障碍と差別、差別はなくせるか、共生とは、障碍者はいなくなればいい、相模原事件の容疑者の差別発言、障碍者になることは恥と言う文化を問題にして、声を上げるべきとのこともあり、この事件をきっかけに、障碍者と家族、支援者へのアンケート調査の結果で、アンケートには、将来の不安、日々の苦労がつづられて、美容院で介護者なしで断られた、障碍者マンションに建設反対、医療にかかるとき、発達障害は見えないのでしんどい、などあり、中村さんは、入院歴のみを取り上げることの問題、排外主義の問題を取り上げられて、出産時に低酸素状態のために、息子が介護を必要とする母親、障碍者を腫れ物のように扱われて、子どもは通常に接しても、大人が分けたがるとの声もあり、生まれつき体の不自由な子供を持つ母親は、国相手に裁判して、自分の子供に触れて、社会は知ってほしい、障害があるからかわいそうではなく、人の中で生きているのだという主張もあり、日ごろ、楽しみにしているのは、共通の理解のある仲間と触れ合う、音楽を聴く、仲間と分かち合う、知人友人が子供に声をかけてくれるのはうれしいとの声もあり、障碍者施設も苦悩しており、子どもの障害を認めて元気をもらったとの声もあり、障碍のある子供の成長を楽しみにしている、知的障害者のグループも活動して、作業所の仲間との交流が支えの人もあり、作業所で働き、給料をもらうのもうれしいとありました。

 障害者をとらえたメディアにも、無理解、感動やかわいそうを誇張している、知ってもらうためにメディアが取り上げることは必要で、悲観ではなく、あるべき事実を伝えてほしいとの声もあり、共生とは何か、障碍の有無にかかわらず、人間同士が理解し合うことが必要で、サンテレビにはたくさんの意見が届き、出生前診断の問題、障碍のある教員に教えられたら、子どもは分かり、障碍のある教員を増やす、国に障害者施設への予算も増やしい欲しい、また、メディアには、感動や美談にしないでほしい、あるいは、字幕を付ける、障害者を当たり前に取り上げてほしいとの声もあり、司会の小浜さんも、メディアが変わるべきと言われて、他方、アンケートには、共生と言う言葉そのものが差別との意見もあり、サンテレビはこれらの声を聞いていくと、締めくくられました。

 このような企画、大変な手間と努力が必要であり、それをサンテレビがやったのは素晴らしく、地上波のテレビにも可能性はあり、テレビがジャーナリズムを担えることを示しました。以上、サンテレビのニュースの内容でした。


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: