Global Ethics


サンテレビニュースPORT 1月17日の3・11竹灯籠取りやめの波紋 by limitlesslife
December 6, 2016, 1:34 am
Filed under: 311

 永岡です、サンテレビのニュースPORT、今回は月曜ですが震災特集、神戸の市民団体が、117の追悼竹灯籠の取りやめのことが取り上げられました。

 

 昨日のB1グランプリ、明石市のたまご焼き(明石焼き、明石ではたこ焼きを出汁で食べるのをこう呼びます)が1位、明石たまご焼き広め隊の皆さん、一昨日からお台場でのB1グランプリに、市長も一緒に活動して優勝して、地元の皆さんに、明石たまご焼きをふるまい、リーダーの古志さんは成果が出たと言い、明石の泉市長は声がかれて、明石に来てほしいというのです。これで、明石たまご焼きを広めたく、神戸新聞の特別編集委員の林芳樹さん、なかなか手の届かない優勝で、これを期に、明石にたまご焼きを食べにくる観光客を増やしてほしい、兵庫の観光客は、1位甲子園、2位姫路城、3位が明石公園で、3位の皆さんをたまご焼きに招きたいと言われました。

 明石たまご焼きは、去年のシルバーウィークに、明石に食べに行ったら、有名な魚の棚商店街のお店には全部大行列であり、空いているお店を探してもらい、食べて大満足でした。明石のたまご焼き、新長田のそばめしと並んで、皆さんで食べに来てください。

 野良猫への条例、林さん、野良猫で困っている例もあり、一歩を踏み出したものであり、これは議員提案の条例で細部はまだ決まっておらず、神戸市が細部を詰めて、来年度の予算にどう盛り込むか、協議会のことも、全会一致を受けて神戸市がどうするか、野良猫は東京で餌をやらない条例はあるものの、神戸市は繁殖を抑えるもので、全国に注目を集めて、お手本になるものをと言われました。

 

 その、来年の117のつどい、この枠でも、ネットワーク117でも取り上げられましたが、阪神・淡路22年の集い、実行委員は東日本大震災の追悼の灯篭は取りやめであり、117日には毎年、東遊園地で追悼のつどい、東日本大震災の翌年からはその灯篭もやっており、東日本大震災の被災者の方も神戸の方を暖かいと評価されて、神戸・市民交流会は、メンバーの高齢化で解散、継いだHANDS(http://117kibounoakari.jp/ )藤本真一さん、平日の117のために、参加者が減り、そのために311117の日に一緒にやるのは止めて、まず、阪神・淡路を伝える場にするとしており、他方、神戸・市民交流会の解散後も、代表だった山川泰宏さんは、神戸も簡単に東北が復興したと思い、原発で関西に避難された方は見捨てられると、継続を望まれます。

 これについて、林さん、藤本さんと山川さんの意見には頷けて、どちらを立てるか難しく、117日は全国の目が神戸に集まり、そして東日本大震災の被災者とどう連携するか難しいが、役員会で決めたとしても、まだ時間はあると言われました。

 これは震災の追悼は大事であり、117311も儀式に終わらず、続けるべきと思いました、以上、サンテレビのニュースの内容でした。


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: