Global Ethics


朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が韓国政界事情と小池新党、ノーベル賞を語る   by limitlesslife
December 12, 2016, 10:20 am
Filed under: Uncategorized

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さんのお話でした。

 今朝は新聞休刊日です。

 

 ノーベル賞の授賞式、医学生理学賞授賞式の大隅さんは、賞金1億円により今後若手の研究者を育てる基金を作ると発言して、日本の中で格差が広がり、若い研究者があきらめなくていいように基金を作ると語り、授賞式の後での晩餐会で、大隅さん、一番好きなのはお酒と笑いを誘い、思ったより大きなメダルと語り、感謝の受賞、基礎研究の大切さを語られて、これについて伊藤さん、ノーベル賞受賞はうれしいが、日本の基礎研究は薄く、博士課程まで進む人が激減して、基礎研究充実のための起爆剤になってほしいと言われました。

 文学賞のボブ・ディランさんは先約があり欠席、ハノイ・スミスさんが代役で、ディランさんは自分の歌は文学だと思わず、伊藤さん、先約とは何か(笑)、ディランさんは反戦の象徴で、今回ノーベル賞はコロンビアの大統領がゲリラとの和平で受賞し、今回は話題の多い賞が多かったと言われました。

 

 韓国・朴槿恵氏の弾劾訴追可決後、次期大統領の名前が取りざたされて、憲法裁判所で罷免(9人中6人の賛成がいる)となると、次の大統領候補、野党の党首、国連事務総長、城南市の市長、李氏は歯に衣着せぬ発言で、日本は敵性国家、そこに軍事情報を出した朴槿恵氏は売国奴、などの過激な発言で韓国のトランプ氏と呼ばれて、そう呼ばれることに、国民とともにいて、歌劇なのはトランプ氏と似ていると自分で語り、これについて伊藤さん、大統領選としてもはっきりせず、朴氏は自分が無罪と言い、9人のうち2人やめて、7人で審議して、6人賛成しないと罷免にならず、朴氏には有利であり、そして次の候補、共に民主党の文氏、国連事務総長の藩氏、そして李氏の名が取りざたされて、伊藤さん、過激発言が受けて、ヨーロッパでも極右が伸びて、世界にポピュリズムで、3人とも左派政権で日本に厳しく、東アジアの情勢は変わり、面白がって見ている時ではないと言われました。

 

 東京都の小池都知事、新党を立ち上げて、小池塾から来年の都議会議員選挙の候補を出したいと語り、自民から除名された区議はそこから出る予定で、つかず離れずの自民との対決姿勢が出て、都議会代表質問で質問内容を明かさない様子、小池塾の講師として名古屋の河村市長が呼ばれて講演して、河村氏は小池氏に早く新党を作れと言っており、橋下氏も新党結成は年内がタイムリミットとツイートして、これについて伊藤さん、新党にはならない、地域政党と国政政党があり、地域政党は他の政党の所属者が入ることもあり、緩やかな組織体で、小池氏は自民本部とは喧嘩せず、自民党都議会と対決しており、新党は不明と言われました。また、食品ロスが日本だと多く、コンビニのロスもあり、日本は食料自給率が低く、減らす取り組みは必要と言われました。以上、伊藤さんのお話でした。

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: