Global Ethics


国のために死ぬのはすばらしい?Re: 秩父のダニーです。 私の本の紹介 by limitlesslife
December 13, 2016, 11:47 am
Filed under: 国家(主義)

                           (情報提供 石垣敏夫)
みなさん
南スーダンへ行く自衛隊のみんさん
目を通してください。 
『国のために死ぬのはすばらしい?』 高文研
           著者 ダニー・ネフセタイ
 アウシュビッツを体験した私たちユダヤ人
しかし、残念なことに、戦争の正当化と差別を生む教育を
受けたイスラエルの高校生がアウシュビッツ見学に行くと、
戦争の酷さと人間の尊厳の喪失を学ぶより、「国防意識」
をさらに高めて帰国するのだ。
 「帰還不能点」に気づこう(文中より)
ダニーさんには安保法制違憲訴訟埼玉で
原告として「意見陳述書」を提出されています
以下転送です
イスラエルの元空軍兵士だった著者が、退役後、バックパッカーとなって
アジア諸国を放浪の旅に出た。以来40年近くを日本で暮らしている。
家具作家の著者は、「世の中を良くすることも物づくりをする人間の使命である」
という信条をもち、戦乱の絶えない祖国イスラエルを批判、
「3.11」後の日本で脱原発の道を進むことを願い、活動をつづけている。
本書は2部構成で、第1部は「イスラエル出身の私が日本で家具作家になった理由」として、
著者の生い立ち、イスラエルの愛国心教育、軍隊経験を中心に、日本に根を下ろすまでを描いた。
第2部は「私はなぜ脱原発と平和を訴えるのか」として、本業の家具製作のかたわら、
平和運動・脱原発の活動を通して仲間と出会い、イスラエルと日本のより良い未来のための提言をまとめた。
本の詳細は以下
こんばんは ご無沙汰しております。
先月22日私の本が出版されました。
興味があればぜひぜひ手にして読んで下さい。
   ダニー

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: