Global Ethics


ノーム・チョムスキー:ドナルド・トランプの核拡大ツイートは「私が見た最も恐怖を感じさせるものの一つだ。」 by limitlesslife

<a href=”https://limitlesslife.files.wordpress.com/2016/12/023726-chomsky-122316.jpg”><img src=”https://limitlesslife.files.wordpress.com/2016/12/023726-chomsky-122316.jpg?w=300&#8243; alt=”023726-chomsky-122316″ width=”300″ height=”136″ class=”alignnone size-medium wp-image-17838″ /></a>

Noam Chomsky. (photo: Sascha Schuermann/Getty) go to original article

ノーム・チョムスキー:ドナルド・トランプの核拡大ツイートは「私が見た最も恐怖を感じさせるものの一つだ。」

<strong>合衆国とロシアはすでに世界の核弾頭の93%を持っている</strong>

世界で最も有名な学者達の一人がドナルド・トランプの合衆国の核能力の「強化と拡大」についてのツイートは「恐怖を感じさせる」と言った。

マサチューセッツ工科大学のノーム・チョムスキー名誉教授は、ドナルド・トランプの核拡大ツイートは「最近私が見た最も恐怖を感じさせるものの一つだ」と言った。

「プーチンは十分悪い、が少なくとも防衛的な役割だ。それは(米攻撃の為の)メキシコの国境では無く、ロシアの国境の話だ」とチョムスキー氏はハッフィンポスト紙に語った。

フランス通信社によれば「我々は戦略的核軍事力、特に現存と予測されるミサイル防衛システムを突破できると信頼できるミサイル複合の軍事能力を強化する必要がある」とプーチンは語った。

「我々は世界における、特にロシア国境での、力の均衡と政治・軍事状況の如何なる変化も注意深く監視して我が国への脅威を中和する(均衡回復する)計画を迅速に適応させなければならない。」

チョムスキー氏は世界の指導者達の言明は、我々自身の技術で人類を破滅するのにどれだけ近いかを示す、国際的に認められた象徴である核科学者紀要の「世界破滅時計」は、2017年に更新されることになっているが、変えられる可能性があると言った。彼は真夜中まで三分は「更に真夜中に近くなる」かも知れないと言った。

同教授は次期大統領とそのナチ・ドイツ的選挙公約や修辞をする選挙運動を声に出して批判してきた。

しかし、本問題に関する次期大統領の疑問を持たせる言明の経緯からして、核兵器に対するトランプ氏の見解に反対する声はチョムスキー氏に止まらない。

トランプ氏は以前に、韓国と日本は自分達の核兵器を手に入れるべきだと示唆しており、自分の外交アドバイザーに、核を使わないなら何故合衆国はそれを持っているのかと尋ねたとさえ言われている。トランプ氏はその質問はしていないと否定しているが。

合衆国は約4千6百発の核弾頭を所有しており、ロシアと合わせると、世界中の核兵器の圧倒的多数を所有している。

トランプ氏のツイートは、140字にとどまるので、自分の熱発生(煽る)言辞の好み以外に国家安全専門家やアドバイザーに何らかの確認(安心)を与えるものではない。

大統領候補のジェブ・ブッシュとミット・ロムニーに助言をしていた共和党の国家安全専門家であるジョン・ヌーナンはツイッターで次のように書いている:「しかし、我々が攻撃されたかどうかも知らず、b・cの外国の指導者達がツイッターで意地悪い事を言ったのかも知れないのに、(核弾頭)発射の鍵を渡さなければならないと想像もして見なさい。」

トランプ氏は自分が気を確かに持っているとか、向かって来る核の脅威に関して即座の判断をする平静さをもっているという(安心の)確証を彼の批判者達に与えることは殆ど何もしていない。

もしロシアからミサイルが発射されたら、ホワイトハウスを爆撃するのに30分であり、大西洋からだとたったの12分である。
ーーーーーーーーーーー

(Original article)

Noam Chomsky: Donald Trump’s Nuclear Expansion Tweet Was “One of the Most Frightening Things I’ve Seen”

By Rachael Revesz, The Independent
24 December 16

The US and Russia already own more than 93 per cent of nuclear warheads in the world
One of the world’s most famous scholars said he was “frightened” by Donald Trump’s tweet on “strengthening and expanding” nuclear capabilities in the US.

Noam Chomsky, professor emeritus at the Massachusetts Institute of Technology, said Mr Trump’s tweet was “one of the most frightening things I’ve seen recently”.

“Putin’s is bad enough,” Mr Chomsky told the Huffington Post, “but at least it has a defensive cast. It’s about Russia’s borders, not Mexico’s.”

Russian president Vladimir Putin also said he wanted to build his nuclear capabilities.

“We need to strengthen the military potential of strategic nuclear forces, especially with missile complexes that can reliably penetrate any existing and prospective missile defense systems,” Mr Putin said, according to Agence France-Presse.

“We must carefully monitor any changes in the balance of power and in the political-military situation in the world, especially along Russian borders, and quickly adapt plans for neutralizing threats to our country.”

Mr Chomsky said the statements from the world leaders could bring about a change to the Bulletin of the Atomic Scientists’ Doomsday Clock, which is an internationally recognised symbol of how close we are to destroying humanity with our own technology – and is due to be updated in 2017. He said the clock might move from three minutes to midnight to “even closer to midnight”.

The professor has been a vocal critic of the president-elect, comparing his campaign pledges and rhetoric to Nazi Germany.

But Mr Chomsky was not the only opposing voice on Mr Trump’s views on nuclear weapons, given the president-elect’s history of dubious statements on the subject.

Mr Trump has previously suggested that South Korea and Japan should obtain their own nuclear weapons, and he has even reportedly asked a foreign policy adviser why the US has nuclear weapons if it does not use them. Mr Trump denied asking the question.

The US owns around 4,600 nuclear warheads and, along with Russia, owns the vast majority of nuclear weapons in the world.

Mr Trump’s tweet, limited to 140 characters, did not give national security experts and advisers much reassurance for anything other than his preference for heated rhetoric.

John Noonan, a Republican national security expert who advised presidential candidates Jeb Bush and Mitt Romney, wrote on twitter: “But imagine having to turn launch keys not knowing if we were under attack or it if was b/c foreign leaders said a mean thing on twitter.”

Mr Trump has done little to assure his critics that he has the presence of mind and the steadiness to make a quick decision regarding an imminent nuclear threat.

If a missile was launched from Russia, it would take 30 minutes to hit the White House – and just 12 minutes from the Atlantic Ocean.

_______________

(Japanese translation of the above)

ノーム・チョムスキー:ドナルド・トランプの核拡大ツイートは「私が見た最も恐怖を感じさせるものの一つだ。」

<strong>合衆国とロシアはすでに世界の核弾頭の93%を持っている</strong>

世界で最も有名な学者達の一人がドナルド・トランプの合衆国の核能力の「強化と拡大」についてのツイートは「恐怖を感じさせる」と言った。

マサチューセッツ工科大学のノーム・チョムスキー名誉教授は、ドナルド・トランプの核拡大ツイートは「最近私が見た最も恐怖を感じさせるものの一つだ」と言った。

「プーチンは十分悪い、が少なくとも防衛的な役割だ。それは(米攻撃の為の)メキシコの国境では無く、ロシアの国境の話だ」とチョムスキー氏はハッフィンポスト紙に語った。

フランス通信社によれば「我々は戦略的核軍事力、特に現存と予測されるミサイル防衛システムを突破できると信頼できるミサイル複合の軍事能力を強化する必要がある」とプーチンは語った。

「我々は世界における、特にロシア国境での、力の均衡と政治・軍事状況の如何なる変化も注意深く監視して我が国への脅威を中和する(均衡回復する)計画を迅速に適応させなければならない。」

チョムスキー氏は世界の指導者達の言明は、我々自身の技術で人類を破滅するのにどれだけ近いかを示す、国際的に認められた象徴である核科学者紀要の「世界破滅時計」は、2017年に更新されることになっているが、変えられる可能性があると言った。彼は真夜中まで三分は「更に真夜中に近くなる」かも知れないと言った。

同教授は次期大統領とそのナチ・ドイツ的選挙公約や修辞をする選挙運動を声に出して批判してきた。

しかし、本問題に関する次期大統領の疑問を持たせる言明の経緯からして、核兵器に対するトランプ氏の見解に反対する声はチョムスキー氏に止まらない。

トランプ氏は以前に、韓国と日本は自分達の核兵器を手に入れるべきだと示唆しており、自分の外交アドバイザーに、核を使わないなら何故合衆国はそれを持っているのかと尋ねたとさえ言われている。トランプ氏はその質問はしていないと否定しているが。

合衆国は約4千6百発の核弾頭を所有しており、ロシアと合わせると、世界中の核兵器の圧倒的多数を所有している。

トランプ氏のツイートは、140字にとどまるので、自分の熱発生(煽る)言辞の好み以外に国家安全専門家やアドバイザーに何らかの確認(安心)を与えるものではない。

大統領候補のジェブ・ブッシュとミット・ロムニーに助言をしていた共和党の国家安全専門家であるジョン・ヌーナンはツイッターで次のように書いている:「しかし、我々が攻撃されたかどうかも知らず、b・cの外国の指導者達がツイッターで意地悪い事を言ったのかも知れないのに、(核弾頭)発射の鍵を渡さなければならないと想像もして見なさい。」

トランプ氏は自分が気を確かに持っているとか、向かって来る核の脅威に関して即座の判断をする平静さをもっているという(安心の)確証を彼の批判者達に与えることは殆ど何もしていない。

もしロシアからミサイルが発射されたら、ホワイトハウスを爆撃するのに30分であり、大西洋からだとたったの12分である。

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: