Global Ethics


サンテレビニュースPORT 阪神・淡路大震災22年、遠因死で夫を亡くした妻の思い by limitlesslife
January 13, 2017, 8:03 am
Filed under: 阪神・淡路大震災

永岡です、サンテレビのニュースPORT、震災の復興住宅65ヶ所での孤独死は65人に上り、平均76歳、男性32人、女性33人、死亡から1か月発見されなかったものも4件、966人復興住宅で孤独死です。

阪神・淡路大震災22年特集、神戸市灘区の藤川裕子さん(79歳)、昨年12月に、夫の徹郎さんの名前を慰霊と復興のモニュメントに刻みました。徹郎さんは、会社の復旧の中で体調を崩されて亡くなった、遠因死であり、夫を奪った震災と、裕子さんがどう向き合ってきたかが語られました。

慰霊と復興のモニュメントには、関連死、遠因死もあり、昨年12月に7人追加、裕子さんは夫の名前を刻み、近くでいつでも来れると言い、徹郎さんは震災で経営していた会社が不振になり、そして翌年に急性心不全で亡くなり、震災の遠因死、震災で事務所が破壊されて、会社の再建に奔走されて、そして亡くなり、夫の生きていた証にと、名盤に刻み、徹郎さんは裕子さんよりだいぶ年上、貿易会社で、イギリスから男性用ウールを輸入して、洋服屋に卸しており、徹郎さんの使っていたはさみを、今もお持ちで、震災で会社は大変になり、外国との取引も多く、海外にも良く行き、夫婦で世界を回った写真も保存されて、亡くなる2日前に、あなたがいたから10年長生きできたと言われたのです。

徹郎さんの会社も、モニュメントのある東遊園地の近くにあり、東遊園地に、夫の名を刻み、何かの時には会いに行けると裕子さん言われて、それぞれの思いの元に、震災22年、裕子さんは、銘板に刻み、思い出してもらえると言われるのです。サンテレビは1月17日、5時46分に中継、藤川さんも出られるそうです、以上、サンテレビのニュースの内容でした。

 

 

 

 


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: