文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ 金子勝 文科省を原子力マフィアが支配した、日本に競争力のある産業はない!

永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜のレギュラーは慶応義塾大学の金子勝さんでした。大竹さんがお休みで、司会はパートナーの室井佑月さんでした。

大竹(室井?)紳士交遊録、今週の金子さんのお話、リスナーより、ネットサイトのリテラで室井さんと金子さんの対談をご覧になり、応援するもので、金子さんが叩かれた?400万/週ヒットのものと室井さん言われて、そして、金子さん、原発は不良債権化して、ずるずる、収集つかなくなり、東電は21.5兆のお金を要して、東芝はWH(ウェスティンハウス)を買収して破綻、建設会社にかけて損失7000億、WHを260億で買って、要するにババを引かされて、これで貸している銀行がヤバくなり、東芝は儲け頭の半導体すら売り、これは安倍総理の国家プロジェクト、リニアなど、甘利氏、今井氏らの原発再稼働、原発輸出路線で、政府の受注を頼りにして、重電会社は破綻。

文科省の天下り斡旋、事務次官が辞めたが、原子力マフィアは経産省と、文科省のふたつの系統があり、前川氏は子供の教育をやって詰め腹、後が戸谷氏、もんじゅの理事で、福島事故で処理せず天下りさせた人間であり、室井さん原子力マフィアと会社、銀行の責任を問うべきと言われて、東芝の危機はWHを買収したため、三菱重工もアレバの関係で、蒸気発生器の故障etcで破綻し、瀕死のアレバに投資して火に油。

室井さん、原発は儲かるのかと聞かれて、金子さん、台湾は止めたし、イギリスはアレバと中国が競い日本に入るスキなし、松野文科大臣ではなく、下村文科大臣、汚職のデパートと、守口次官がスピーディーを隠して移染でデタラメ、豊洲で、東京ガスのことを決めた慎太郎氏の責任を問わなかったのと同じ。

なぜ、文科省の天下りが問題になったか、また原発も福島の処理が出来ていないのに、なぜ処理できない核をやるのか、核の輸出で、未来にツケ、トルコだと高いので、耐震基準も緩く輸出し、室井さんは日本が何で儲かるかと問われて、金子さん、自動車のみ、それも自動運転でアメリカに遅れをとっており、ヤベェノミクスも重厚長大産業に依存し、発送電の改革をしたら、東電は破綻処理になるのに、そういうことはやらずみんなズルズル→国民は倒れる、焼け太り、文科省の天下りも、原子力マフィア関係が焼け太り、なぜ今文科省の天下りか、原子力マフィアのトップを次官にするためとも思われて、室井さん、天下りは調べたらわかる、パンツ大臣も調べたらわかったのに、やらず、金子さん特定秘密と言われて、今の次官を辞めさせて、原子力マフィアの人間をトップに乗せて、核関係は破綻しており、こうして原子力マフィアの生き延びであり、そして政官の癒着で、民主党は天下りを止めたのに、文科省に原子力マフィアの関係者がトップに来て、政治家は何をやっているのか、室井さん、前川氏は実情を暴露してほしいと言われて、金子さん、よほど苦しくならないとやらない、金子さんは政治家になりたくなく、国会で質問はできないと言われて、時間になりました、以上、今週の金子さんのお話でした。

 

Categories アベノミス

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close