2/12(日)社会主義理論学会第73回研究会(テーマ:アジア的復古)@:専修大学神田キャンパス

紅林進です。
私も関わっています社会主義理論学会の第73回研究会
のご案内をさせていただきます。
今回のテーマは「アジア的復古」です。
この学会の会員でない方も、研究者でない方も自由に参加
できますので、ご関心のあります方はぜひご参加ください。
(以下、転送・転載歓迎)
社会主義理論学会第73回研究会
テーマ:アジア的復古
報告者・報告題目:
瀬戸宏(摂南大学教授)
「アジア的復古」を考える-重慶モデルの評価から始めて
石井知章(明治大学教授)
いまなぜアジア的生産様式・アジア的復古論なのか?
日時:2017年2月12日(日)午後2時~5時
会場:専修大学神田7号館784教室
(最寄り駅:地下鉄神保町駅、九段下駅、JR水道橋駅)
資料代:500円(会員無料)
主催:社会主義理論学会
http://sost.que.jp/
参考文献:
●石井知章『中国革命論のパラダイム転換 K.A.ウィットフォーゲル
の「アジア的復古」をめぐり』(社会評論社、2012)、
●瀬戸宏「薄煕来の『重慶モデル』とその失脚をどう評価するか」
(大西広編『中成長を模索する中国』、慶応大学出版会、2016収録)
※社会主義理論学会の会員でない方も、研究者でない方も自由に参加
できますので、ご関心のあります方はぜひご参加ください。
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close