関西テレビ みんなのニュースワンダー(2017/1/25) 朝鮮学校への大阪府の補助金停止問題

永岡です、関西テレビの、みんなのニュースワンダーで、明日判決の出る大阪の朝鮮学校への補助金停止を巡る裁判のことが取り上げられました。

大阪朝鮮高級学校、日本の高校に当たるもので、多くの在日の方が学び、授業は日本語、英語を除いて朝鮮語で行われて、朝鮮、韓国、北朝鮮のアイデンティティをはっきりさせるためであり、校長のユンさんも、朝鮮の誇りのためにと言われて、大阪で事業をされるチョンさんは、日本人の奥さんとの間に生まれた4人の子供たちを全て朝鮮学校に通わせて、それへの誇りを親二人とも感じています。

朝鮮学校は、日本の植民地支配から日本の敗戦で解放された1945年に建てられて、ところが1948年、GHQが当時の文部省にこれを中止させて、しかし在日の皆さんが朝鮮のアイデンティティを確立させるために、60年代以降各地に朝鮮学校を作り、簿記や裁縫の学校同様に、自治体から補助金も出ます。ところが、2010年、当時の橋下大阪府知事が、朝鮮学校と朝鮮総連の関係と、金日成、金正日氏の肖像画を置いてあることで、要するに日本の敵国扱いになり、補助金を2010年以降停止しているのです。

他方、朝鮮初級、中級の学校は、金親子の肖像画を撤去したものの、北朝鮮の行事に参加したとして、補助金を打ち切られて、これについて朝鮮学校は差別として、補助金の交付を求めて裁判を起こして、代理人の丹羽弁護士も、差別による学校の取り扱いに異を唱えてのもので、これに対して、大阪府は差別していないとコメントするのみです。

朝鮮学校の生徒さん、親御さんも、北朝鮮の核開発や、ロケット発射に困惑しており、そして差別への反発もあり、判決は明日で、シャンプーハットのてつじさんは、ラグビーで朝鮮学校を取材して、特に生徒さんには問題ないと言われて、また菊池弁護士も、これは差別に当たるとの見解がありました。

これは、橋下知事での、朝鮮学校叩きによる、要するに橋下氏の、敵を作って叩くやり方であり、北朝鮮の核開発やロケットなどに在日の皆さんは直接関係なく、このようなバッシングでのし上がるルーツが橋下氏、大阪であり、大阪は橋下氏や維新の台頭後、教員も来なくなるなどであり、そして大阪から本社を移す、あるいは三洋電機、シャープの消失も、メディアは言いませんが橋下氏や松井氏に責任があり、このような失政を、在日の方を叩くことで乗り切ろうとしている、このような動きを許してはなりません。

 

また、毎日放送のVOICEにて、一昨日取り上げられた、松井氏と自民府議のツイッターでのバトル、松井氏はやり過ぎかとも会見しているものの、スタジオで司会の西靖さんが、権力者による一方的な発信に批判されており、関西の中枢の大阪がこれでは、関西もしんどく、大阪の衰退をカジノ、賭場をでっちあげて隠そうとするのは、安倍政権がオリンピックを口実に共謀罪をごり押しするのと同じです、以上、ワンダーとVOICEの内容でした。

 

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close