毎日放送VOICE(2017/1/27) 中国と神戸、大阪

 

永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」にて、神戸、大阪と中国との結びつきに関するニュースがありました。

まず、神戸にて、中国残留孤児の皆さんが、お墓がないと言われるのです。残留孤児の皆さんが、帰国者が高齢になり、日本で亡くなってもお墓を用意できず、神戸市長に、共同墓地でいいから用意してほしいと要請して、久元神戸市長はこれを快諾し、これは残留孤児の皆さん、お金もなく、生活も大変で、高齢の親が認知症になるなど大変であり、これは行政が前向きであったのですが、毎日新聞の与良正男さんは、この原因は満州開拓団の棄民政策にあり、国が国民を捨てたので、国としても責任があると言われました。帰国事業は81年に開始されて、しかし日本に帰国されても、大変なのです。

 

そして、辻憲太郎さんの報告で、明日は中国の旧正月、春節祭で、これを日本で楽しみたい中国の観光客の方もあり、大阪の八尾南高校では、春節祭のための踊りをするクラブもあり、部長さんは中国からの方で、この高校では毎年中国からの留学生を10人ほど受け入れて、部長さんは母と妹と日本に来て、日本で母親が水餃子を作るのだそうです。

そして、大阪の天王寺(環状線の南端、あべのハルカスのある場所)で春節祭のイベントがあり、中国から来られた皆さんは、母国とは違うお正月を楽しみたく、大阪でも様々な中国の料理が楽しめて、また中国の文化もあり、中国から来られた皆さんも、さすがに爆竹での大騒ぎは禁止ですが、日本を楽しんでおられて、神戸、大阪と中国は、神戸だと南京町という中華街もあり、中国の方も経営されて、そもそも日本の企業で、大企業は言うに及ばず、中小企業でも中国に生産拠点のないところはほとんどなく、いくらヘイト勢力が跋扈しようと、民間で中国も、韓国とも仲良くなるべきと思いました、以上、VOICEの内容でした。

 

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close