毎日放送 映像‘17(2017/1/30) 沖縄 さまよう木霊 ~基地反対運動の素顔~

 

永岡です、毎日放送テレビの、映像’17が昨夜深夜放映されて、沖縄がテーマで、お知らせいたします。

沖縄で、北部のやんばるの森、夜明けから収穫される男性、やんばるの森を守るために、行かなくてはならないところがあり、高江での北部訓練場の反対のためで、ネット右翼は反対する人たちを誹謗中傷しており、しかしこれは沖縄の皆さんの生死を関係するものです。

米軍の訓練場で、機動隊と向き合うのは、ネットで過激派と言われている男性、正当な反対なのに、ネットでは、基地反対派が救急車を襲撃したなどのデマが、山間に座り込む皆さんを傷つけて、木霊のように、繰り返されています。

沖縄、高江、那覇から車で3時間、140人の集落、やんばるの森、多種多様な動植物の宝庫、ここに米軍最大の訓練場があり、ベトナム戦争の際に、米軍は沖縄の皆さんをベトナム人に見立てて訓練し、96年に、北部訓練場の返還の美名で、高江にヘリパッドという欺瞞、政府は工事を再開して、政府は工事を急ぎ、全国から1000人の機動隊員を動員して、高江の現場は緊迫し、工事期間を短縮させるため、自衛隊のヘリも動員しており、東村のとなりで農業をされる男性、農薬なしでやられる方、儀保さん夫妻、このまともに上をオスプレイが飛び、高江のヘリパッドが出来たらもっと悲惨になり、工事の始まった10年前から、農作業の間に座り込む、儀保さん夫妻は身寄りのない子供たちも養子として育てており、しかし抗議活動で逮捕されないか、奥様は心配されて、しかし反対活動に行けない人もあり、反対運動の最前線に立つ儀保さんに政治的との批判もあったものの、それが何だと、儀保さんは戦う、ものを言わないと、政治的ではないと言われます。

ヘリパッド建設を止める前に、朝ゲート前に座り込みされて、儀保さんは警察車両の前に真っ先に座り、ここでは他府県の機動隊員の来るのは当たり前になり、住民の皆さんは他府県から来た機動隊に批判の声を上げて、ゲート前のテントで、手製のおにぎりを儀保さん仲間に配られて、新たなヘリパッド建設に必要な砂利を運ぶダンプが毎日来て、住民はダンプを、体を張って止められて、ダンプが近づくと、500人近い機動隊員が座り込む住民を力づくで排除、ヘリパッドの建設現場への、唯一の道をふさぐため懸命な沖縄の皆さん、砂ぼこりを上げるダンプが、反対する住民の前に、この日は60台/3時間も来て、儀保さんは仲間からの連絡で、向かってくるダンプに車で立ち向かわれて、警察に先導されたダンプが何台も来て、牛歩戦術、止まったらあかんので、遅らせる闘いをされて、警察は止めろと威圧的に来て、ダンプを誘導して、ゲートに入ったダンプが入る道は閉鎖されて、抵抗する住民に、機動隊員が去年土人とヘイト発言であり、小説家の目取真俊さんが土人発言を浴びせられて、すぐには理解できず、土人は使われない言葉であり、後から考えたら、珍しいことではなく、沖縄への差別の中で自然に出たと言われて、隊員は処分を受けても、基地反対派の運動が土人発言を引き出したと、松井大阪府知事が罵詈雑言を沖縄の皆さんに浴びせており、目取真俊さん、自分の抗議はトラックに対するもので、差別ヘイト発言を引き出して、挑発したのではない、当事者ではないから松井氏はあんな暴言を吐くのだと批判されます。

反対派住民が悪いと、沖縄で反対派を誹謗中傷するデモが100人大阪であり、福岡の市議、小坪氏が、反対派に沖縄の人はいない、本土の人間がやっていると嘯くものであり、人数としての多数より、組織としての結果などに小坪氏は、本土から来た過激派がやっているというのです。反対派は本土の過激派と、ネットでは挙げられており、その中のおひとり、機動隊員への抵抗をされている方、多数いる機動隊員は仕事としてやっており、それに感情として手を出しても、住民としての意味を説かれます。

普天間飛行場、この付近の病院にこの方泰さんは勤務されて、認知症の方もケアして、沖縄戦のことも高齢者から聞き、当初反対には加わらなかったものの、2012年にオスプレイの配備問題で、警官に守られてのものを見て、にらみ合い、これで抗議に参加して、怖かったが、自分より年上の人が抵抗しており、放っておけないとして、この方は高江、辺野古に頻繁に向かって抵抗して、しかし仕事の病院に、脅迫の手紙などが来て、成田闘争に加わった過激派だと言われて、しかし、静かな沖縄の上を、オスプレイを飛ばすなというのです。

ネット空間で、沖縄で反対する人たちを誹謗中傷、お金目当て、座り込みに2万出るとかのデマがあり、基地反対派=過激と、土人発言をきっかけにネットで沸いて、大阪のテレビ番組で沖縄出身の弁護士が、反対の人間は沖縄の人ではないとテレビで発言して、これにMBSが取材したら、映像の使用を拒否、高江には行っていないとムチャクチャを言い、同席した神戸学院大学の中野雅至さんがこれを批判したら、ネットで叩かれて、選挙では基地反対の世論が高いと発言したらネットで叩かれたというもので、これを機に、中野さん、沖縄の現状と、ネット空間について授業で取り上げるようになり、学生さんも、その人が実際に見たものなのかと批判されて、座り込み、署名などの人間的なもので何とかならず、デモになり、大きいものに立ち向かうものが、攻撃的なものに見えるとの指摘もあり、中野さんはデモとは国家権力に対抗するもので、若者は豊かな世代で、デモに関する意見が異なるともいうのです。

デマ動画には、反対派が救急車を襲撃したもの、広く拡散されて、暴力集団と認識されて、MBSはこれを発信した男性のところにも取材です。

高江の、中峯区長、防衛省への陳情、反対住民の支援、炊き出しなどして、取材中もヘリの爆音が響き、高江での暴虐に賛成する住民は一人もいないというのです。

住民が反対して、警察の検問が厳しくなり、それで、県道を使う村にも影響で、SNS発信で、医療従事者から、救急車が反対派に止められたとものもあり、この発信の3日後、音声をかぶせた誹謗中傷の動画がネットで発信されて、ところが、この救急車は広島の尾道のもので、デマですが、しかし視覚効果は絶大で、高江の救急隊員から、こんな行為はなかったと聞き取りもあり、SNS発信の人物は伝聞だとして、謝罪したものの、なぜ発信したのか、その人物にMBSは電話取材、そんなことを許せないとしても、事実かと確認することなく発信した、誰から聞いたかは、相手のことがあり言えないものの、今は反省しているといい、しかし一旦流布された情報は、ネットで拡散されて、反対派を傷つけて、しかし東村の方は、逆に自分の車が止められたと反対派による救急車の妨害行為とは、デマで、沖縄では、トップのものも嘘をつくと言い、地元の消防本部も、救急車が反対派に邪魔されたことはないと、MBSの取材に証言しています。

ところが、この救急車襲撃の動画は、例のMXテレビのニュース女子で紹介されて、レポーターは高江にも行っていないのに、誹謗中傷、放映後、市民が批判の行為で、MBSはMXテレビに質問状を送っても、事実上回答なしの、無責任なことです。

中峯さんは、このニュース女子のデマについて、唖然であり、何が事実で何がデマか、わからないくらい、沖縄で生活する皆さんを茶化しているのは心外と言われます。

温度差はあっても、高江の皆さんはヘリパッドに反対、中峯さん、生活が懸かっており、全国には高江の事実を知ってほしいと言われて、そして沖縄にオスプレイの爆音が響き、2016/12/13、オスプレイが墜落、大破して、米軍は不時着と発表、沖縄全体が反対したオスプレイの大惨事に住民は不安、泰さんは、ついに来たかと言われて、米軍の重大事故では、警察も近づけず、翁長知事も遠巻きに見るしかなく、高江の6つのヘリパッドは完成して、ここを拠点に、オスプレイの訓練が苛烈になるのです。

北部訓練場の返還式典が、オスプレイの事故から数日に、盛大に行われて、沖縄で反対する住民をネットで誹謗中傷し、テロリストとする人たち、先の小坪氏は、左翼にはテロでの規制が入り、あんな他国の基地の反対をする国家は日本だけだと言い、これは弾圧しないといけない流れに日本がなると言い、国会ではテロ対策の美辞麗句で共謀罪が強行されて、共謀罪は過去3回廃案、しかし今回は、この矛先を、誰に向けるのか、なのです。

北部訓練場の返還式典の日に、オスプレイの抗議式典に、翁長知事が出席、儀保さんが演壇に立って、返還式典に翁長知事が出なくて良かった、高江は沖縄のものだと強調されて、これを許す気はない、米軍により、砂利が運び込まれた高江の森は、元に戻らず、政府に殺された、儀保さんは基地のある限り、直接行動で、基地を阻止すると言われて、拍手を受けました。

工事が終わっても、泰さんはゲート前に立ち、沖縄の歌を歌われて、そこをオスプレイが蹂躙して、泰さんは、オスプレイをにらみ続けられます。挑発とも見えて、高江は建設終了、政府は辺野古に全力を注ぎ、政府の暴政と、抵抗する沖縄の闘いは、72年前の沖縄戦から続き、ヤマトンチュは、沖縄の闘いに寄り添うべきなのです。

この番組のディレクターは斉加尚代さん、一昨年も、百田尚樹氏らの暴言に対して、沖縄タイムス、琉球新報の取材、特集番組の制作をされた方で、斉加さんは2012年に当時の橋下市長に30分間ブチ切れされながらも闘い続けられた方です。

報道するラジオの案内の、平野幸夫さんは、でんでん総理の経済失政をブログで批判されています。

http://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12242527880.html?frm_src=favoritemail

 

この番組、市民の評価は高く、皆さんもぜひ、全国放映してほしいと、JNN系列に働きかけてください。また、ネット右翼のMBSへのいやがらせも予想されて、たね蒔きジャーナル以来、3・11以降の市民のために活動するMBSを応援しましょう!以上、映像’17の内容でした。

 

 

 

 

Categories 沖縄

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close